Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
台風15号が日本列島に接近、上陸しそうですが、皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?
今年は、例年以上に様々な自然災害によって多くの被害がもたらされている気がします。台風が今後どのような進路を辿るにせよ、被害が出ないことをただ祈るばかりです。

残暑が厳しかった今年の夏でしたが、この台風が過ぎるときっと一気に秋めいてくるのかも知れませんね。
今夜お届けする曲は、秋の夜長を楽しむ大人に贈るurban soulなナンバーです。
1981年に"WITH"というバンドでメジャー・デビューし、バンド解散後は作曲家、編曲家として活躍し、沢山のヒット曲を作ってきた私の大好きなメロディ・メーカーの一人である中崎 英也が、1994年にリリースした4枚目のアルバム『shadow play』に収録されている「TIME」という曲を紹介します。

初めて聴いた人は、Martin (鈴木 雅之)が歌っていると思われるかも知れませんね(笑)
確かに歌声はMartinに似ていますし、歌もかなり上手いです。バンド時代はヴォーカルとギターを担当していらしく、ギターの腕前も相当なものです。
キャッチーなメロディーがいかにも中崎 英也らしいということで、今回この曲を選んでみました。
『shadow play』には、渋い曲も含め良い曲が揃っていますので今後も紹介していきたいなと思っています。
楽しんで頂けたら嬉しいです。

「TIME」 / 作詞:KAORU、作・編曲:中崎 英也
Drums : 沼澤 尚
Bass : 美久月 千晴
Guitar : 中崎 英也
Acousitic Piano : 福田 裕彦
Hammond Organ : 佐々木 久美
Percussion : 菅原 裕紀
Chorus : 中崎 英也


[PR]
千葉県に長年住んでいる私にとって"東京"は、仕事の拠点であり、遊び場という意識が強く、その人の多さや喧騒から住んでみたいと思える場所ではありません。
勿論、東京も広いですから環境の良い所も沢山あって、快適に暮らしている方も大勢います。
それでも"東京"と言うと23区内の繁華街をイメージしてしまうところがあって、年齢を重ねる毎に静かで落ち着いた場所に魅力を感じてしまいます。

そんな私でも"東京"が凄く魅力的な街であることを感じる瞬間があります。
私は仕事で九州や沖縄へ出張することがあるのですが、仕事を終えての帰路は大抵夜の飛行機ということになります。東京へ近づき、高度を下げてきて着陸間際になると、房総半島の上を左旋廻しながら羽田空港へ向う事が多いんです。
そして着陸寸前に機窓から見える"東京"の夜景は、本当に綺麗で美しく、いつもその景色を見ると"東京"が愛おしく感じる瞬間でもあります。

3月11日の大震災以降の節電対策により、最近は以前ほどの煌びやかさは現象した印象がありますが、それでも世界に誇れる夜景ではないかと思います。
"東京"の夜景を俯瞰出来る場所は、高層ビルの多い東京には結構あるとは思いますが、飛行機から見る夜景はまた格別ですね。

そこで今夜は"東京の夜"をテーマにした曲を紹介しようと思います。
いかにもCity Popというタイトル、歌詞、メロディー、アレンジに彩られた楽曲で、私の大好きな1曲です。
その曲は、清野 由美が1981年にリリースした2ndアルバム『Natural Woman』に収録されていた「TOKYO City Nights」です。
どうですか?タイトルだけ見ても、いかにも80'sのCity Popな感じがしませんか?
この曲でギターを弾いている今 剛のプレイが、これまた思い切り80年代っぽくて良いんですよね(笑)

ブログ復活第一弾の曲なので、楽しんで頂けたら嬉しいです。

「TOKYO City Nights」 / 作詞:竜 真知子、作曲:山崎 修、編曲:井上 鑑
Drums : 林 立夫
Bass : Mike Dunn
Guitar : 今 剛
Keyboards : 井上 鑑
Percussion : 斉藤ノブ


[PR]
近況報告・・・ ◇ 2011年 09月 11日
まる1ヵ月以上ブログを放置状態にしてしまいました。
その間、いろいろとご心配下さった方もいらっしゃったようで本当に申し訳ございません。
何とか生きてます(笑)

8月中旬の夏休みに台湾旅行へ出かけた後も仕事が尋常では無い忙しさでして、心身ともに疲労困憊状態が続いておりました。
先週も1週間に九州地方、上信越地方、沖縄に出張でした。夏バテ気味なところにハードな仕事が続いていて、とにかく肉体的疲労とストレスが半端ではありませんでした。
加えて、アナログ音源をデジタル化したwavファイルの保管やPCのバックアップ用に使っていた外付けHDDがクラッシュ・・・。
何とかデータを復活させようと専門業者に見積もってもらったところ、15万円以上の費用がかかるということで断念。

様々な要因が重なり、モチベーションは下がりっぱなしと言うか、ヤル気"0"になってしまいました。家に帰ってPCの電源を入れてもメールチェックだけで何もせず、電源を落として寝るような日々が続きました。

こんな放置状態にも関わらず、毎日沢山の方が覗いてくれていたようですし、コメントも沢山頂戴しました。
kotaroさん、ちょっとオタクさん、TDRさん、240_8さん、みなみさん、早苗さん、江口せいらさん、サボテン5さん、WINDYさん、yoshiさん、K'z50さん、yaichiさん、 KAYAさん、Kenny Uさん、コメントを頂戴しておきながらレスもせず失礼しました。
この場を借りてお礼とお詫び申し上げます。
初めてコメントを頂戴した方も沢山いらっしゃいましたのに、このような形で個々にレスもせずに済ませてしまう管理人の無礼をお許し下さい。

まだもう少し忙しい日が続きそうなのですが、9月23日はブログ開設記念日であり、私の誕生日なのでこの頃には復活したいなと思っております。
こんなブログですが、思い出した時にでも覗いて頂ければ嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

ここ1ヵ月程、殆ど音楽を聴いていませんでした。折角買った達郎さんの新譜もまだ聴いてません。
余裕が出来たらゆっくり楽しみたいと思います。音楽は私にとって大切なモノなので、本当に楽しめない時には聴きたくないんですよね。
早く音楽を心から楽しめるような時期が来るのを心待ちにしている状態です。

最近のストレス発散は、出張先への移動中の飛行機や列車の中でゲーム(PSP)で遊ぶことです(笑)
[PR]
本当に久しぶりの更新になってしまいました。
放置状態にも関わらず、沢山のコメントを頂戴しました。ありがとうございます。と同時にレスもしない日が続き、本当に申し訳ありませんでした。
とにかく仕事の方が忙しく、出張が続いたりしておりまして、家に帰ってPCの電源を入れてもせいぜいメール・チェックするだけで他には何も出来ない日ばかりでした。
加えて10日から1週間夏休みなんですが、休み前に片付けておきたいこともあったりで、なかなかブログに時間を割くことが出来ない状態が続きました。
夏休みは久しぶりに海外旅行を予定しており、更新頻度は低い状態が続きそうですが、夏休みでリフレッシュしてこようと思っております。
実は2泊以上の旅行は本当に久しぶりです。飼っていた猫が元気だった頃は、ほとんどが1泊の旅行ばかりでした。2泊の旅行も何度か出かけましたが、2泊目になると家に残した猫のことが気がかりでゆっくり出来ないんですよね。愛猫の四十九日も過ぎたので、ゆったりと旅行を楽しんでこようと思っています。旅行については、またブログで紹介出来れば良いなと思っております。

さて久しぶりに紹介する音源ですが、最近ネタ切れ気味ということもありまして色々悩んだ挙句、ここ2~3日聴いている懐かしいアルバムから涼しげな曲をチョイスしてみました。
その音源は、河合 奈保子が1984年にリリースした初の海外録音アルバム『DAYDREAM COAST』に収録されている「SECOND NATURE - もうひとりの私に -」です。
『DAYDREAM COAST』は、L.A.録音であり、David FosterやPeter Cetera等が参加したということで、特に河合 奈保子に興味が無かったのですが、AOR好きにとっては捨ててはおけないアルバムでした(笑)
当時は猫も杓子も海外録音みたいな感じでしたが、AOR全盛期だったこともあり、AOR的な洒落たサウンドを積極的にJ-POPシーンにおいても取り入れようとしていました。
紹介する「SECOND NATURE」のアレンジは、あのDavid Fosterなんですが、日本のアレンジャーとは一味違うFosterらしいアレンジの曲で、アルバムの中でも特にお気に入りの1曲になってます。

暑さがまたぶり返してきてますので、涼しげな感じで聴いていて心地良い1曲だと思います。
それにしても80年代アイドルは、アイドルとは言え歌がしっかり歌える人が多かったというのを改めて感じました。
今はオーストラリアで暮らしているようですが、元気なんでしょうか・・・?

「SECOND NATURE - もうひとりの私に -」 / 作詞・作曲:Erich Bulling & Tony Haynes、訳詞:竜 真知子、編曲:David Foster


[PR]
暑い夏にカレーやラーメンを食べて汗をかくのが好きという人がいますよね。私も決して嫌いではありません。
暑い時に熱い食べ物を食べて涼を求めるというのも一興かも知れません。
ならば音楽についても同じことが言えるのではないかと思い、今夜選んだ曲は暑苦しい歌が定評の松崎しげるのナンバーです。

1979年にリリースされたシングル曲「Sailing Love」です。
決してヒットした曲という訳ではありませんが、1979年当時というのは歌謡曲のフィールドで活躍されていたシンガーがこういう曲を歌っていた時代でして、音楽を聴く事が本当に楽しかったですね。
この曲はベスト盤などに収録されておりCD化されていますが、私は松崎しげるのCDは所有しておりませんのでアナログ音源でのUPです。
またCD化された音源は「Overture~Sailing Love」となっており、シングル・バージョンよりも収録時間が長いもののようです。なのである意味純粋なシングル・バージョンは貴重かも知れません。
しかし、アナログ音源なので音は保障しませんが・・・(笑)

暑い時期に暑苦しい歌声を楽しんで頂ければ嬉しいです。

「Sailing Love」 / 作詞:荒木とよひさ、作曲:馬飼野 康二、編曲:前田 憲男・斉藤ノブ・植田 芳暁・小笠原 寛
Drums : 村上 秀一
Bass : 後藤 次利
Guitar : 安川ひろし
Keyboards : 松岡 直也、佐山 雅弘
Percussion : 斎藤ノブ、中島 御
Marimba : 金山 功
Trumpet : 羽鳥 幸次グループ
Trombone : 中沢 忠孝グループ
Chorus : The Surf Riders
Stirngs : Joe Strings


[PR]
7月に入り、例年ならば然程忙しい時期ではないのに今年は何故か忙しいのと猛烈な暑さもあって疲れているにも関わらず、先週末も芝居を観に行ったり、録り溜めておいたTV番組やドラマを編集してブルーレイ・ディスクに焼いたりして、なかなか記事をUPする時間が取れませんでした。
またもや沢山コメントを頂戴しておきながら、レスが遅くなってしまいました。本当にごめんなさい。

50歳を過ぎてるんですから、もっと趣味を絞って落ち着いた感じになれれば良いのですが、あれこれとやりたいことが多くて困っています(笑)
ただ、ブログに関しては少しでも長く続けたいと考えていますので、マイペースな更新になると思いますが温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

さて、今夜紹介する曲はどんな曲をUPしようかなと考えていた時、突然頭に浮かんできた曲です。何故この曲が浮かんだのかは不明ですが・・・(笑)
その曲は、私の大好きなシンガーである須藤 薫が1981年にリリースした2ndアルバム『PARADISE TOUR』に収録されていた「素敵なステディ」です。
須藤 薫は、日本で数少ないPOPS数多く提供しているのが杉 真理。
杉 真理の楽曲を歌わせたら本人以外で1番似合うのが須藤 薫でしょうね。今回紹介する曲ももちろん杉 真理の作曲によるナンバーです。
曲は勿論ですが、町支 寛二のコーラスも素晴らしいのでぜひ聴いてみて下さい。

「素敵なステディ」 / 作詞:有川 正沙子、作曲:杉 真理、編曲:松任谷 正隆、コーラス・アレンジ:杉 真理
Drums : 林 立夫
Bass : 高水 健司
E.Guitar : 松原 正樹
A.Guitar : 笛吹 利明
Keyboards : 松任谷 正隆
Percussion : 斉藤ノブ
Alto,Tenor & Baritone Sax : Jake H. Concepcion
Harp : 山川 恵子
Background Vocals : 町支 寛二、杉 真理


[PR]
よだきぼさんから想い出の詰まった曲ということでリクエストを頂戴しましたので、今夜はリクエストにお応えしようと思います。
リクエストを頂いたのは、角松 敏生が1984年にリリースしたアルバム『AFTER 5 CLASH』に収録されていたナンバーで「Will You Wait For Me」という曲です。
この曲は私も大好きな曲なんですが、とにかくこの頃の角松の書いたメロディーというのは本当に良いんですよね~。今のようにまわりくどく無いと言うのか、1回聴いただけでもメロディーが耳に沁みこんでくると言うのか・・・、誰が何と言おうがこの頃の角松の曲は良かったですね。

今回リクエストにただお応えするだけでは"Music Avenue"らしくないので、オリジナルとカヴァーの2曲をお届けしようと思います。
まずはカヴァーの方から。今井 優子の実妹である彩 裕季が1993年にリリースしたアルバム『Heartstrings』に収録されています。
オリジナルと比べるとテンポを落として、ゆったりと涼しげなバラードに仕上がっています。歌詞も女性言葉になっています。そして角松本人がコーラス・アレンジを手掛け、コーラスで参加しています。聴いていてなかなか心地良いですよ。

彩 裕季:「Will You Wait For Me」 / 作詞・作曲・コーラス・アレンジ:角松 敏生、編曲:小林 信吾
Drums : 青山 純
Bass : 富倉 安生
E.Guitar : 今 剛
A.Guitar : 吉川 忠英
Keyboards : 小林 信吾
Computer Manipulating : 浦田 恵司
Backing Vocals : 角松 敏生、彩 裕季



続きまして角松 敏生のオリジナルです。
くどいと思われるかも知れませんが、当時の角松のメロディー、アレンジは本当に素晴らしく、アルバムがリリースされる度にレコードを繰り返し、繰り返し聴いてました。終いには本当に擦り切れるのではなかいと心配したほどでした(笑)
今聴いても全く色褪せていないと思うのはきっと私だけではないはず・・・。ヴォーカルはまだまだといった感じもありますが、それを補って余りあるほどのメロディー・センスとアレンジ・センスだと思っております。

角松 敏生:「Will You Wait For Me」 / 作詞・作曲・編曲:角松 敏生、ブラス・アレンジ:磯 広行
Drums : 江口 信夫
Bass : 青木 智仁
Guitar : 角松 敏生
Keyboards : 村松 健
Synthesizer : 佐藤 準
Percussion : 磯 広行
Guitar Solo : 青山 徹
Chorus : 白石 嘉彦



よだきぼさん、あの頃を懐かしみながら聴いてもらえたら嬉しいです。
[PR]
なでしこジャパンがW杯で優勝しました。
凄い!!本当に凄いことです。暑さを吹っ飛ばしてくれる良い試合でした。
彼女達の戦いぶりを観ていて感じたのは、まさに"不屈の精神力"がもたらした優勝だろうということですね。
延長戦後半同点に追いつきPK戦となった時、日本の円陣の中心にいた佐々木監督の笑顔が素敵で、その笑顔を見て「もしかしたら日本が勝つな」という気がしたんですが、見事勝ってくれました。
優勝おめでとう!そして元気をもらいました。ありがとう!

さて、今日紹介する曲は、菊池 桃子が1984年にリリースした1stアルバム『OCEAN SIDE』のアルバム・タイトル曲でもある「Ocean Side」です。
作詞:青木 久美子、作・編曲:林 哲司による楽曲で、何とも80年代のCITY POPそのものといった感じで聴いていてワクワクしてくる曲です。
CITY POPはそもそも都会に暮らす人達が、WEEK DAYは仕事を含めて都会での暮らしをエンジョイし、週末には海や山へ出かけリゾート気分を満喫するといった生活スタイルを音楽にしたようなところがありますが、「Ocean Side」は歌詞を含めてまさにCITY POPなんですよね。
林 哲司の書いたメロディーとアレンジは、初期の角松 敏生の楽曲のようで、最初にこの曲を聴いた時には、林 哲司が角松の曲を意識したんではないかとさえ思いました(笑)
デビュー当時から菊池 桃子の歌に対しては酷評が多かったように思いますが、今聴くと1stアルバムにも関わらず頑張って歌っているなと思います。
「Ocean Side」もなかなか良い仕上がりになっていると思っています。

早くも夏バテ気味ですが、こういう曲を聴くと元気が出ますし、夏を楽しもうという気分になれます。
どうして80年代の曲ってワクワクさせてくれるんでしょうねぇ。やはり時代が持つパワーというものが確かに存在するように思います。
これから夏本番を迎えます。皆さんも熱中症や夏バテには注意して頂きつつ、夏をエンジョイして下さい。

「Ocean Side」 / 作詞:青木 久美子、作・編曲:林 哲司、ブラス・アレンジ:兼崎 順一
Drums : 林 立夫、青山 純、宮崎 全弘、村上 秀一
Bass : 富倉 安生、高水 健司
E.Guitar : 松原 正樹、今 剛、青山 徹
A.Guitar : 吉川 忠英
Keyboards : 富樫 春生、西本 明、倉田 信雄、難波 正司
Percussion : 斉藤 ノブ
Chorus : OMEGA TRIBE、林 哲司、木戸 やすひろ、比山 貴詠史、山川 恵津子
Strings :JOE KATO GROUP
Trumpet :兼崎 順一、林 健一郎
Trombone : 平内 保夫、岡田 澄雄
Sax : Jake H.Concepcion、中村 哲
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
本当に久しぶりの更新になってしまいました。
沢山のコメントを頂戴しながら放置状態になってしまい、本当に失礼しました。すみません。

最近仕事が忙しく、外回りの私はこの暑さに既にグロッキー状態となってしまっています。
仕事から帰るとグッタリしてしまい、何もする気が起きませんでした。せめて休日にブログを更新しようと思っていたのですが、土曜日、日曜日も野暮用続きで外出する機会が多くて、やっとこの3連休でゆっくりPCの前に座ることが出来ました。
夏は好きなんですが、年々体力が衰えているせいか暑さに身体が悲鳴をあげている毎日です。否が応でも年齢を感じますね。
そんな訳で夏場は少し更新ペースが落ちるかも知れませんが、無理をしない程度に頑張りますので今後ともよろしくお願いします。

さて、今日お届けする曲は、楠瀬 誠志郎が1988年にリリースしたアルバム『aisA』に収録されていた曲で、4枚目のシングルでもあった「Crying In The Sun」です。曲名でピンとこなくてもメロディーを聴けば憶えている方もきっと多いでしょう。当時、伊藤園のお茶のCMで使われていた曲です。
楠瀬 誠志郎の歌声はとても涼しげで、毎年夏になると彼の音楽と言うより歌声が聴きたくなります。清涼感溢れる歌声に癒されております。
寝苦しい熱帯夜にピッタリかも知れません。少しでも涼しい気持ちになって頂けたら嬉しいです。

「Crying In The Sun」 / 作詞:安則 まみ、作曲:楠瀬 誠志郎、編曲:井上 鑑
Drums : 山木 秀夫
Bass : 美久月 千晴
Guitar : 土方 隆行
keyboards : 井上 鑑
Sax : Jake H. Concepcion
Chorus : 藤本 房子、国分 友里恵、楠瀬 誠志郎
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
ここのところ、仕事が若干忙しいのと早くも夏バテ気味とで更新が滞ってしまいました。
コメントにもなかなか返信出来ず、本当に申し訳ありません。
無理をしない程度にボチボチ更新していきますので、今後ともよろしくお願い致します。

最近の天気はまさに夏そのものといった感がありますが、湿気の多い暑さというのは本当に辛いですね。
例年であれば蒸し暑さもエアコンで解消し、会社の事務所内でも比較的快適に過ごせたのですが、節電の為今年は快適とは程遠い環境での仕事を余儀なくされております。きっとこれも早い夏バテの要因のひとつなのでしょう。
ただ、今日は湿度が低かったのか、暑かったのですが風が何とも心地良い1日でした。
陽射しが強くても湿気が無ければ、自然の風の気持ち良さを感じることが出来るんですね。今日のような気候ならまだ楽で良いのですが・・・(笑)

今日ふと自然の風が心地良く感じた時、ふと思い出した曲を紹介します。
その曲は、大瀧 詠一が1984年にリリースしたアルバム『EACH TIME』に収録されていた「ペパーミント・ブルー」です。
今日私の感じた心地良い風にピッタリな感じな曲だと思います。
これから夏本番ですが、皆さんに少しでも涼しい風が届けばという想いを込めてお届けします。

「ペパーミント・ブルー」 / 作詞:松本 隆、作曲:大瀧 詠一、ストリングス編曲:井上 鑑
(参加ミュージシャン多数の為、割愛)


[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon