Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
岩沢 二弓_二弓 ◇ 2009年 09月 26日
e0081370_043697.jpg 

まだ日中は汗ばむような陽気ですが、朝晩は涼しく日毎に秋らしくなっていきますね。そうなると私の聴く音楽も秋らしくシックな渋いアルバムが自然と多くなります。今回紹介するのも渋いアルバムです。ブレッド&バターの岩沢 二弓が1997年にリリースした初ソロ・アルバム『二弓』です。
ブレッド&バターとして1969年にデビューしてから、実に28年の時を経てのソロ・アルバムというのが凄いですね。逆にもっと早い時期にソロ・アルバムが制作されても良かったのでは?とも思えますが・・・。
いずれにせよ岩沢 二弓らしい洒落たメロディーと多彩な音楽性を楽しめるアルバムがこの『二弓』なんです。

ブレッド&バターは1969年のデビューですが、私がブレッド&バターの音楽を聴くようになったのは、以前紹介したアルバム『LATE LATE SUMMER』(1979年)からでした。このアルバムがリリースされる前から、ラジオでユーミン作の「あの頃のまま」やTVの朝の情報バラエティ番組で"Le Mistral"名義でリリースされた「 青い地平線 - Blue Horizon -」を聴いてシングル・レコードを買ったりしてましたが、アルバムは『LATE LATE SUMMER』が出会いの作品となります。

兄・岩沢 幸矢はどちらかと言うと、わかりやすくキャッチーなメロディーを書く人で繊細なイメージが強いですね。比べて弟・二弓は洋楽の影響を色濃く感じますし、ジャンルも幅広く洒落たメロディーを書くという印象があって、ソロ・アルバムを聴いてみたいと思ったのは二弓の方でしたね。
『二弓』はまさしく彼の個性がそのままアルバムになったような感じで、色んなタイプの曲が収録されています。AORチックなナンバーあり、FUNKY系やサーフロック系、フォーク系もあってバラエティに富んでいて楽しいアルバムに仕上がっています。大人が楽しめるアルバムとしてお薦めです。

『岩沢 二弓 / 二弓』
01. LIFE GOES ON & ON
02. 君の気配
03. 空の扉
04. ISSAI-GASSAI
05. 音無し橋
06. DANCING FLAME
07. CONSCIOUSNESS
08. CHILDISH HEART
09. それぞれの道
10. SAY GOOD-BYE ⅡU

ピックアップ曲:
「LIFE GOES ON & ON」
メロウなミディアム・ナンバーで、メロディーも魅力的なんですが土屋 潔のギターと六川 正彦のベースのプレイが実に心地良いんです。土屋&六川は第二期の美乃家セントラル・ステイションのメンバーでしたね。当時から好きなミュージシャンでしたが、ここでも渋いプレーを聴かせてくれます。

「君の気配」
サーフロック系のナンバーで、ある意味ブレッド&バターらしい曲と言えるかも知れません。徳武 弘文のギターがまさにサーフロックといった感じでたまりません(笑)

「DANCING FLAME」
アルバム中最もAOR色の強いナンバーです。洒落たメロディーはいかにも岩沢 二弓らしいですね。ただ以前紹介したコンピレーション・アルバム『KAIGAN GROWN』(1996年)に収録されているのとは別ヴァージョンになっています。正直なところ『KAIGAN GROWN』のバージョンの方が全然良いです(汗)。ただ向後 隆のESRAJI(インドの楽器)の音色は魅力的ですね。
[PR]
by kaz-shin | 2009-09-26 01:40 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/11219471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by momayucue at 2009-09-26 12:45
たにぴ@ログイン中です。
> 向後 隆のESRAJI(インドの楽器)
に反応!
http://momayucue.exblog.jp/6547090/
中東の楽器を多彩に使って、某さんみたいにやたらギョーカイ乗りになることもなく(某さんって、誰でしょ?)、
ライトで良心的で素敵な音楽を作ってる人です。
親しくさせてもらっている、日本屈指のシタール奏者、ラバーブ奏者の鈴木ひろしさんに紹介して頂いたことがありまして。
http://manten.fc2web.com/m_log_2003.htm
秋の夜長、向後さんのロマンティックなインストに浸ってみて下さい。
某ご近所のBook ●ffに何故かありましたよ(^^;;;
Commented by kaz-shin at 2009-09-26 23:30
たにぴさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
エスラジの音色って好きなんですが、奏者である向後さんに関しては全く存じ上げませんでした。
調べてみると私と同年代ですし、シンセの設計エンジニアもされていたとか・・・。
機会があったらぜひじっくり聴いてみたいです。
インド音楽については詳しく知りませんが、何故かシタールやエスラジ、タブラなんかの音色が好きなんですよね。
Commented by aki. at 2009-09-27 03:05 x
Kaz-shinさん、はじめまして。岩沢二弓さんのファンのaki.といいます。
二弓さんのアルバムを的確な表現で評価して下さる方、あまりいないので大変嬉しく思います。
「KAIGAN GROWN」は湘南を拠点に活躍するミュージシャンが湘南の海風を届けたいというコンセプトアルバムなのですが、二弓さんだけは古くからの友人で、亡くなられたLITTLE GEORGEを偲ぶ追悼曲となっています。
翌年1997年に発売されたこの1STアルバム「fuyumi」も追悼盤なのですが、
ソロアルバムから12年経過した今年、二弓さんが久々にソロでのライブ活動を再開致します。
10月に2箇所、11月にジョイント(テミヤンさんや鈴木雄大さん)でやります。是非一度お時間ありましたら、ライブの方にいらしてみて下さい。
ブレバタ曲、70年代洋楽カバーを二弓さんがたっぷりとお聞かせします。
それに併せ、二弓さんの公認ファンクラブ「fuyumi mania」も10月より始動致します。
是非一度HPの方も ご覧頂けると嬉しいです。
Commented by kaz-shin at 2009-09-27 19:57
aki.さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
昔からブレバタは好きで、何故ソロが出ないのだろうと不思議に思ってました。
個人的には幸矢さんのソロ・アルバムも聴いてみたいですね。

二弓さんのソロでのライブも良さそうですね。
私の好きな雄大さんとのジョイントもあるんですね~。
時間が許せば出かけてみたいと思います。
HPの方も楽しみにしております。

情報ありがとうございました。
Commented by aki. at 2009-09-27 20:52 x
kaz-shinさん こんばんは、雄大さんも、お好きなんですね。
雄大さんとは7月に一度ジョイントがあり 好評で、今回11月7日に
com.cafe音倉(下北沢)であります。まだライブ詳細が出ていないので
HPには未掲載ですが、決定していますので御時間があれば是非いらしてください。
Commented by kaz-shin at 2009-09-28 22:54
aki.さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
雄大さんは最近になって聴くようになりました。
色々CDを集めているところです。

下北沢ですと、ちょっと遠いですが、検討してみますね。
色々ありがとうございました。
<< 小春日和とコスモス ページトップ Toshiki Kadomat... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon