Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
IRUKA_Heart Land ◇ 2005年 09月 28日
e0081370_2259185.jpg 

私が大好きな作曲家・林哲司のプロデュース作品。
イルカと言えば、『なごり雪』や『雨の物語』というヒット曲で有名なフォーク系シンガー・ソング・ライターである。男性でも女性でもない中性的なイメージがあり、やさしいお母さんと言った雰囲気を持ったシンガーだと思う。歌う曲もイルカ=フォークというイメージが強い。そんな彼女も林哲司の手にかかると、大人の女性POPシンガーに変身してしまうのである。

1985年に発表されたこのアルバムは、名盤と呼ぶにふさわしい上質なPOPアルバムである。
イルカという名前をIRUKAとし、シンガー・IRUKAの魅力を最大限に引き出している。全10曲中7曲を林哲司が、残り3曲をイルカが作曲している。全ての曲のアレンジを林哲司が手掛けている。とにかく素晴らしいボーカルを聞かせてくれる。こんなに上手い人だったのかと驚いたくらいである。詞もそれまでのイルカのイメージとは違って、女性らしさが全面に押し出されていて面白い。
昔からのファンの人には、とまどいがあったかも知れない(笑)

シングル・カットされた『もう海には帰れない』は、いかにも林哲司という名バラード曲でこのアルバムを代表する曲のひとつ。詞も切なくて、本当に良い曲である。
作詞はあの秋元康。うちの嫁さんは、あの風体でこんな詞を書く事が腹立たしいと言う(笑)
憎たらしいが、才能豊かなのは確かである。
他にも素晴らしい作品が多く、「IRUKA MEETS CITY POP」といった感じのアルバムの仕上がりになっている。
[PR]
by kaz-shin | 2005-09-28 23:49 | PRODUCER | Trackback(2) | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/1169235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日刊ドリンク ~Dail.. at 2005-10-30 17:56
タイトル : ぼくの部屋のドアに書かれていたはずさ…「 雨の物語 」
フォークシンガーのイルカさんの本名は、 「 神部(かんべ) としえ 」さんといいます。 1950年12月3日生まれ。東京都中野区出身。 女子美術大学卒ですので、ジャケットのイラストは 当時から、彼女の手によるものでした。 デビュー当時から、現在までずっと変わらない印象。 オカッパ頭とオーバーオールがトレード・マークです。 でもこの『 ベストセレクション 』の服装は普通ですね。 1970年、のちの夫となる神部和夫さんとの フォークソンググループ「 シュリークス 」でデビュー。 ...... more
Tracked from 無駄遣いな日々 at 2005-11-01 23:51
タイトル : 無駄遣いOUTTAKES IRUKA / FOLLOW..
購入日  2005年7月頃 購入場所 六角橋の中古ショップ 価  格 ¥1,300 備  考 1985年オリジナル・リリース 帯無し アレンジ:鈴木茂、小田和正忙しくてCDなかなか買えやしない。ネタ切れにはOUTTAKESを、っと言うことで今回はイルカの1985年発表のアルバム「FOLLOW ME」を紹介。 イルカと言えば超定番曲「なごり雪」があるが、イルカはそれだけではない。このようなライトメロウなエイティーズ・シティ・ポップ・アルバムを発表しているのだ。 作詞作曲全てイルカ本人、アレンジ...... more
Commented by xenical2000 at 2005-10-30 10:17
kaz-shinさん、おはようございます!昨日、イルカさんの『 雨の物語 』に
ついて書きました。『もう海には帰れない』もいい歌で好きですよ。
私は、平日には【日刊ドリンク】というブログで飲み物だけを
書いています。土日には「趣味の音楽や映画など」について
好き勝手に書いていますので、時間がありましたら、
ぜひ覘きにきてください。覗くといっても怪しいサイトでは
ありません。雑誌にも紹介されていますので大丈夫です(笑)
Commented by kaz-shin at 2005-10-30 11:34
xenical2000さん、ようこそ。はじめまして。
さっそくお伺いしてきました。清涼飲料関係は、大好きです。
最近では、ガラナとか・・・(笑) あとは缶コーヒーも色んな種類を飲みますね。私のBlogは和モノ中心で古い作品中心ですが、よければまた覗きにきて下さい。これからもよろしくお願いします。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-11-01 23:54
こんばんは!TB&コメントありがとうございます。こちらも遅れながらTBさせて頂きました。
林哲司プロデュース作品を出していたとは知りませんでした。是非聴いてみたいアルバムですね。イルカはどんなスタイルにも対応出来る器用なミュージシャンだと思いました。
Commented by kaz-shin at 2005-11-02 00:02
こんばんは。コメントありがとうございます。
イルカをIRUKAに変えて出しているというのは、CITY POP路線を狙っていたと思うんですよ。ボーカリスト・IRUKAを堪能出来る1枚です。
ぜひ、聴いてみて下さい。良いアルバムですよ。
Commented by てつ at 2006-11-16 21:22 x
こちらにも書かせていただきます。林さんのプロデュース作品ということで、1曲目のイントロからいきなり「オメガな感じ」ですよね(笑)。私は「雨のディスタンス」と「コンクリの都会で」が特に好きです。雨の~は、イントロの分かりやすいフレーズと追っかけの心地よいコーラスが(もちろん全体のメロディも)、コンクリの~は、「ガラスのPalm Tree」に少し似た感じのサビのメロディがよいですね。
Commented by kaz-shin at 2006-11-17 02:08
てつさん、沢山のコメントありがとうございます。
このアルバムは、林 哲司さんのプロデュース作品の中でも大好きな
1枚です。1番好きなのは伊東 ゆかりさんの『MISTY HOUR』なんですけど。
シンガーとしてのイルカさんの魅力を上手く引き出した楽曲、アレンジ、
プロデュースの手腕はさすがだと思います。
いずれこのアルバムもPART2で詳しく書きたいなと思ってる1枚です。
「雨のディスタンス」は私も大好きです。
あと「もう海に帰れない」を最初に聴いた時は、凄い曲を書くなと感心したのを今でも覚えています。
<< MICHAEL JACKSON... ページトップ NEW YORK >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon