Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
JUNK FUJIYAMA_A COLOR ◇ 2009年 12月 05日
e0081370_124453.jpg 

久しぶりの更新となってしまいました。仕事の方が忙しかったのと、PCの周辺機器にトラブルがあってその対処に時間がかかってしまい、なかなか更新出来ませんでした。
その間にも沢山のコメントを頂戴していながら、レスも出来ずに本当にすみませんでした。

さて今回紹介するのは、音楽ライター・金澤 寿和氏のブログの11月26日の記事で紹介されていたアーティストで、紹介記事を読んでから俄然興味が湧き、Amazonに即注文。ここ数日間はまさにヘビー・ローテーションになっているのがJUNK FUJIYAMAの1stミニ・アルバム『A COLOR』(2009年)です。

このJUNK FUJIYAMAなんですが、まず歌声にぶっ飛びました(笑)。
金澤氏のブログにも書かれていますが、とにかくその声質、発声、歌いまわしが山下 達郎にそっくりなんです。それも笑っちゃう位に・・・。
しかし、聴いている限り意識的に似せているというあざとさは感じませんから、きっと自分のスタイルとして染み付いているのでしょうね。
サウンド的には、ソロ・デビューした頃の達郎、あるいはシュガーベイブ時代の達郎を彷彿させるところがありますね。今時の音楽とは言い難いですが、CITY POP好きにはどこかホッとする音楽です。

JUNK FUJIYAMAという名前からはグループを連想させますが、藤木 直史のソロ・ユニットのようです。今回紹介する『A COLOR』は7曲されている収録のミニ・アルバムですが、早くフル・アルバムも聴いてみたい気がします。ソングライターとしてもなかなか良いメロディーを書くと思いますが、多少インパクトに欠ける気もします。これからソングライティングの才能も開花していくような予感もしますので、これからの作品に期待したいと思います。
いずれにせよ、これからが楽しみなアーティストです。『A COLOR』も心地良く聴ける曲が多いので、興味のある方はぜひ聴いてみて下さい。特に達郎好きの方はぜひ!本当にぶっ飛びますよ(笑)

『JUNK FUJIYAMA / A COLOR』
01. 秘密
02. サムタイム
03. 産業道路
04. もう一度
05. 122
06. モノクロ
07. パズル

ピックアップ曲:
「秘密」 / 作詞・作曲:藤木 直史、編曲:ジャンクファミリー
"ご挨拶かわりに思い切り達郎風にやってみました"風な曲です(笑)。この曲の歌いはじめのワンフレーズを聴いただけで、おそらく大半の人は「山下 達郎じゃん!」と思うでしょう。歌はもちろん、アレンジも初期の達郎のサウンド(『IT'S A POPPIN' TIME』辺りに収録されていそうな感じでしょうか)を彷彿させます。達郎ファンにはたまらない曲ではないでしょうか。とにかく聴いてもらいたい1曲です。

「サムタイム」 / 作詞・作曲:藤木 直史、編曲:COROGI
軽やかでPOPなナンバーです。1曲目の「秘密」に比べると達郎っぽさは全然影を潜めていて、単に達郎に似ているだけではないということの分かる曲です。非常に聴き易いメロディーですし、歌も当然上手いので心地良く聴ける1曲です。

「もう一度」 / 作詞・作曲:藤木 直史、編曲:COROGI
シュガーベイブ時代のサウンドを彷彿とさせるような曲ですね。ポップでキャッチーなメロディーとコーラス・ワークが耳に残る1曲です。個人的に大のお気に入りです。現在ではあまり聴かなくなったタイプの曲ですが、私のような年代には馴染み易いと言える曲かも知れません。

「122」 / 作詞・作曲:藤木 直史、編曲:ジャンクファミリー
金澤氏の言葉を借りると、"達郎氏と松たか子がデュエットしたみたいな"という曲なんですが、本当に上手く表現していますね。戸田 和雅子という女性シンガーとのデュエット曲です。確かに声は松 たか子に似てますね。短い曲ですが、明るい雰囲気と疾走感が心地良いナンバーです。晴天の日、ドライブしながら聴きたい、そんな感じです。

「モノクロ」 / 作詞:藤木 直史、作曲:神谷 洵平、編曲:ジャンクファミリー
「秘密」に続いて達郎っぽさが全開のナンバーです。バンドのドラマーが作曲したナンバーなんですが、これが結構良い曲で、JUNK FUJIYAMAの達郎に似た声質を活かす為のメロディーという印象を受けました。次の作品ではもっとFUNKYな曲も聴いてみたいですね。
[PR]
by kaz-shin | 2009-12-05 02:40 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(21) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/11715722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じょん at 2009-12-05 09:03 x
わ!購入できましたか!!!!在庫切れの返信をあらゆるところから頂きました・・・在庫切れというか製造在庫がもう無いみたいですね。聞きたい!!試聴してよだれが出てきました。
Commented by じょん at 2009-12-05 15:26 x
確保できました!H※※さんから確保のメール!さすが~
Commented by denta at 2009-12-05 20:23 x
何故か、タワレコ渋谷店の5Fで見つけましたよ。
AOR系のフュージョンの類に並んで。
試聴してみるとあまりのヤマタツ似っぷりに笑ってしまいましたが、
質の高さを感じましたね。
J-POPなんて買わなくなって久しいのに久々買ってしまいました。
そう、なんとなく5Fに並んでいたワケが分かった気がしたりで。
Commented by kaz-shin at 2009-12-06 01:27
じょんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
何とか入手出来たみたいですね。
最初は達郎に似ているという点で興味を惹かれましたが、今は純粋に
JUNK FUJIYAMAの音楽として楽しめています。
それだけ単に物真似という下世話な話ではなく、芯のあるアーティストだというのが判ります。
これからの作品、活動に期待したいと思っています。
じょんさんの感想をぜひ聞かせて下さい。待ってます。
Commented by kaz-shin at 2009-12-06 01:48
dentaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に珍しいですね~、dentaさんがJ-POPのアルバムを買うなんて(笑)
聴けば聴くほどに単に達郎そっくりで終わっていない音楽性や歌の素晴らしさを感じさせてくれるアーティストですよね。
来年辺りに1stフルアルバムをリリースして欲しいと思いますし、これだけ話題になれば実現するでしょうね。
Commented by HappyWind at 2009-12-07 07:31 x
昔、FM東京のサンデーソングブックで、「loveland island」そっくりだけれど別のアーティストの別の曲をかけたことがあるのを思い出しました。
多分、このアーティストだったのでしょうね。
似ていることに気をとられて冷静に聞いていませんでしたが、似ているだけあって、歌のうまさや曲の質の高さも備わっているわけですね。
ちょっと気になりますね。
kaz-shinさんのアンテナの広さにいつも感服します。
「こんな音楽があったんだぁ」といつも新しい発見が楽しみです。
Commented by kaz-shin at 2009-12-10 19:59
HappyWindさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私と同様、最初は達郎に"そっくり"というところに興味を惹かれて
聴いてみたという人が大半なのではないでしょうか?
本人もそのことは承知しているでしょうし・・・。
それでもこういう形で作品がリリース出来ているということは、
レコード会社にもアーティストにも単なる物真似ではないという
自信があったからでしょう。
これからが楽しみなアーティストなので、HappyWindさんも機会が
あったら聴いてみて下さい。
Commented by laydown111 at 2009-12-13 14:26 x
kaz-shinさん、こんにちは。
最近、週末の鎌倉は波がなく、休みの日はちょっと暇しております。
そんなわけで、私も昨日からbook offめぐりを始めました。
記念すべき?購入第1号は U2 「All That You Can't Leave Behind」 250円也。とても満足しています。
ただ不思議なのは、500円コーナーにもほぼ同じコンディションのCDが置かれていました。
500円と250円の違いは何なのでしょう?
お判りでしたら教えてください。

で、このJUNK FUJIYAMAさん、
CDは中々手に入りそうもないので、
目黒の「ブルース・アレイ」で来年の1月21日に行われるライブに行ってみようかと思っています。
メンバーは下記のとおり。

Vo.,G. JUNK FUJIYAMA/Drs. 村上“ポンタ”秀一/G. 天野清継/Ba. 岡沢章/Key. 宮崎祐介/Sax.,Key. 本間将人

かなり期待しています。
Commented by kaz-shin at 2009-12-13 16:41
laydown111さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
Book Off巡りは店の規模によっても違いますが、棚の端から端までをじっくり探すとなると意外と時間がかかります。
でも掘り出しモノを見つけると疲れも飛んでしまうので、止められません(笑)
たまに同じアルバムで500円コーナーと250円コーナーに置かれているケースが確かにありますね。
二つを買って見比べれば良いのでしょうが、大抵安い方を買ってしまいます(笑)。
あくまでも私個人の感想ですが、安い方はジャケットの状態が悪いかなという気がします。
あとは盤自体の状態の良し悪しかも知れませんね。

さてJUNK FUJIYAMAですが、入手困難なんですか!
私はAmazonで購入したんですが、"通常1~2か月以内に発送"と書いてありましたが2~3日で届きましたよ。
Amazonで購入を検討されたら如何でしょう?
ライブは面白そうですよね。達郎さんのカヴァーは聴いてみたいですね。
Commented by ジャンクフジヤマ at 2009-12-17 22:00 x
本人です。
在庫は再発注中です。タワーレコードさんが在庫の大半お持ちなので現段階では渋谷、新宿のタワーレコードをお尋ね下さい。


このようにブログ等でのご意見参考になります。これからもよろしくお願いします。
Commented by kaz-shin at 2009-12-18 00:05
ジャンクフジヤマ様、コメントありがとうございます。
まさかご本人からコメントを頂戴するとは思っていませんでした。
好き勝手なことを書いているので、申し訳無い気持ちで一杯です。
でも早くフル・アルバムを聴いてみたい気持ちに嘘偽りはございません。
これからも私達を楽しませて下さい。
ご活躍お祈りしております。
Commented by じょん at 2009-12-27 10:45 x
徐々に気持ちよさが伝わってきます。ここちいいバンドアンサンブルが洗いざらしのタートルネックのように温かいです。比べられる達郎さんよりもバンドの緊張感と安堵感がありグッと身近に音楽が鳴っています。
でも、堪能し始めるとアルバム終わってしまうから次回のフルアルバムが今か今かと楽しみでなりませんね
Commented by kaz-shin at 2009-12-27 18:06
じょんさん、コメントありがとうございます。
じょんさんも聴かれましたか!

>洗いざらしのタートルネックのように温かいです。
見事な表現ですね~。全く同感です。
今では達郎さんに似ている云々抜きで、楽しんで聴いています。
早くフル・アルバムを聴きたいですよね。
Commented by SaToshi at 2010-01-20 18:26 x
2日前に知り合いから、「聴いてみて」と言われて聴いたのがこれでした。
聴き始めてすぐ「達郎さんみたい」と思って、ハッと気が付きました。
kaz-shinさんがブログで書いてたやつかな、と。
たしかに、女の人も松たか子さんに似てますね。

CDを買うお金の問題があるので、正直言って、聴きたいと思うけど、
買いたいとは思わない、という感じでしょうか。
最近は好きなフュージョン系のCDが買えてません。(苦笑)

ライブに関しても、ポンタさんとのライブなら行ってみたいと思うけど、
ポンタさんとのライブなら、今は松岡直也さんとのPLAY 4 YOUツアーが予定されているので、どちらか行くならこっちを選びます。
と言って、どちらも行けませんが。(苦笑)
Commented by kaz-shin at 2010-01-21 20:08
SaToshiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
最近、ちょっとFUSION系の音楽から遠ざかってしまってます。
私の場合、突然FUSIONを聴きたくなりまして、聴きだすと暫くFUSION漬けということが結構多いんです。
最近のFUSION系のアルバムで面白いのがあったら、また教えて下さい。

さてJUNK FUJIYAMAですが、このミニ・アルバムは達郎さんに似ているという点でも話題になったと思うので、
本当に楽しみなのは、フル・アルバムが出た時かなと思ってます。
またフル・アルバムがリリースされたらレビューしますんで、参考にして下さい。
Commented by じょん at 2010-01-22 13:31 x
セカンドが出るようですね。しかもライブ。ドラムはポンタさんですね
Commented by kaz-shin at 2010-01-23 01:30
じょんさん、情報ありがとうございます。
Junk Fujiyamaのブログにご本人が書かれてましたね。
しかも昨日(21日)のライブだとか・・・。
本来あまりライブ盤を買わないのですが、今回はぜひ聴いてみたいなと思ってます。
Commented by じょん at 2010-04-03 20:42 x
いよいよ発売日が決まったみたいですね、金澤さんのブログに書いてありました。
Commented by kaz-shin at 2010-04-04 02:07
じょんさん、コメントありがとうございます。
4月29日発売なんですね。
Amazonで買えるようになったら購入予定です。
出来ればスタジオ録音の新作フル・アルバムも聴いてみたいですね。
Commented by Kenny U at 2011-10-02 10:20 x
今夜ですけど・・・
この人のライブのオンエアーが有りますね!

JUNK FUJIYAMA
http://www.bsfuji.tv/top/pub/music1.html

JUNK FUJIYAMA[ジャンク フジヤマ]
http://junkfujiyama.com/

何と、
村上“ポンタ”秀一プレゼンツ ジャンク フジヤマ
となっていますよー!

私も録画予約してみようかな??
Commented by kaz-shin at 2011-10-03 00:01
Kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。
実は私もこのプログラムのことは知ってまして、既に予約済みです。
Blu-reyに焼いて保存盤にしようと思っています(笑)
<< 「カールじいさんの空飛ぶ家」 ページトップ TULIP_ぼくがつくった愛のうた >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon