Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
林田 健司_WORKS ◇ 2010年 01月 31日
e0081370_1885581.jpg 

今回紹介するのは、私の大好きなアーティストである林田 健司が、2009年7月に作家デビュー20周年を記念してリリースされた、提供曲によるセルフ・カヴァー・アルバム『WORKS』です。
林田 健司は、1990年代にデビューしたアーティストの中で私が最も注目していたアーティストです。メジャー・レーベル(BMG)時代のアルバムは全て持っており、今尚その動向が気になるという私にとっては数少ない貴重なアーティストでもあります。

そんな林田 健司のアーティスト・デビューは1991年。今回紹介する『WORKS』が作家デビュー20周年の記念アルバムですから、作家デビューの方が早かったということになります。それだけメロディー・メーカーとして業界には注目されていたということなんでしょうね。
林田 健司はSMAPへ「$10」、「KANSHAして」、「青いイナズマ」、「君色思い」のヒット曲を提供しており、知名度としては作家としての方が高いかも知れませんが、ソング・ライターとしてだけでなく素晴らしいヴォーカリストでもあります。特にFUNK系の歌を歌わせたら本当に上手いです。

アルバム『WORKS』は、1996年~2009年の間に関ジャニ∞、郷 ひろみ、SMAP、中森 明菜、ブラック・ビスケッツ、KinKi Kids、中山 美穂、AAA、藤井 隆に提供した楽曲10曲をセルフ・カヴァーしています。
恥ずかしい話なんですが、この10曲の中でオリジナルを知っていたのは3曲だけでした(笑)。
しかし、提供曲ということもあって、林田 健司のヴォーカルでありながらも提供したアーティストが歌ったら似合いそうだという感じが伝わってきました。それだけ林田 健司がアーティストのイメージでメロディーを書いているということなんでしょうね。

私は基本的に打ち込みがメインというのは好みではないのですが、林田 健司だけは別ですね。彼の作る楽曲は打ち込みがよく似合いますし、歌声も迫力はあって演奏に負けていないので打ち込みが苦にならない感じです。
勿論、OVERHEAD CHAMPION、佐久間 誠、清水 信之、CHOKKAKU等が良いアレンジを施しているというのも大きいと思います。
オリジナルを知らなくても十分に楽しめるアルバムに仕上がっていると思います。
久しく林田 健司の音楽に接していない方にはお薦めの1枚ですよ。

『林田 健司 / WORKS』
()内は提供アーティスト名
01. イッツ マイ ソウル (関ジャニ∞)
02. 強引Love (郷 ひろみ)
03. 青いイナズマ (SMAP)
04. 落花流水 (中森 明菜)
05. スタミナ (ブラック・ビスケッツ)
06. ビロードの闇 (KinKi Kids)
07. 泣かない指輪 (中山 美穂)
08. Get or Loose (AAA)
09. Sa ら Sa (藤井 隆)
10. 夏模様 (KinKi Kids)

ピックアップ曲:
「イッツ マイ ソウル」 / 作詞:上中 丈弥、作曲:林田 健司、編曲:OVERHEAD CHAMPION
関ジャニ∞が2007年にリリースしたシングル曲。当然私はオリジナルは知りませんし、最近のジャニーズ系のアイドルには全く無知ですが、関ジャニ∞の名前くらいは知ってます(笑)。踊りながら歌うジャニーズ系アイドルの歌にはピッタリのPOPでキャッチーなナンバーです。この曲は林田 健司自身が歌っても全然可笑しくない林田 健司らしい曲と言えますね。

「強引Love」 / 作詞:白井 祐紀、新 美香、作曲:林田 健司、編曲:佐久間 誠
2009年にリリースされたシングル「男願(Dan Gan) Groove!」のカップリングとして収録された曲です。この曲に関しては明らかに郷 ひろみが歌うことをイメージしてメロディーを書いたと思われます。嫁さんが一言「確かに郷 ひろみが歌いそうだね・・・」(笑)。梶原 順のギターがフィーチャーされています。

「青いイナズマ (WORKS version)」 / 作詞:森 浩美、作曲:林田 健司、編曲:清水 信之
SMAPの1996年の大ヒット曲です。今更レビューする必要が無いような有名な曲ですが、特に今回注目したいのが清水 信之のアレンジです。イントロを聴いただけでは「青いイナズマ」だと気付かないでしょう。今までと違って少し大人っぽい落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

「落花流水」 / 作詞:松本 隆、作曲:林田 健司、編曲:CHOKKAKU
2005年の中森 明菜のシングル曲。オリジナルを知らないので比較出来ませんが、林田ヴァージョンはCHOKKAKUのエキゾチックなアレンジが印象的です。自身のアーティスト活動の中では聴けないタイプの曲かも知れませんが、なかなか良い曲ですね。機会があれば中森 明菜のオリジナルも聴いてみたいと思いました。

「ビロードの闇」 / 作詞:Satomi、作曲:林田 健司、編曲:清水 信之
KinKi Kidsの2005年のシングル曲。KinKiの曲なんで当然売れましたね。実は林田 健司がKinKiに曲を提供したとしって注目していた曲でもありました。1970年代終盤の久保田 早紀の世界観を彷彿させるような清水 信之のアレンジが絶妙です。ジャニーズ系でも独特な音楽の世界を持つKinKi Kidsにピッタリの曲という気がします。良い曲ですね。

「泣かない指輪」 / 作詞:松井 五郎、作・編曲:林田 健司
中山 美穂の1990年のアルバム『Jeweluna』に収録されていたバラード曲。林田 健司というとテンポのある曲を連想しますが、バラードを書かせたら本当に良い曲を書きます。この曲も例外ではなく、本当に良い曲だと思います。何より驚いたのは、林田 健司がアレンジャーとしてかなり成長していることでした。

「夏模様」 / 作詞:Satomi、作曲:林田 健司、編曲:佐久間 誠
KinKi Kidsの2006年のシングル曲。梶原 順のアコースティック・ギターをメインにした素朴なアレンジとそれにピッタリと嵌るメロディーが心地良いナンバーです。今までの林田 健司には無かったタイプの曲と言えるでしょうね。それにしてもKinKi Kidsというのは曲に恵まれてますね~(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2010-01-31 22:22 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/12066667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jyubon at 2010-02-04 23:03
このアルバムの存在自体知りませんでした。これは買いですかね?
Kinkiの2曲はもちろん、関ジャニ∞の「イッツ マイ ソウル」は振り付けまで完璧です(笑)
↑の曲でオリジナルを聴いたことがないのは、2.6.8.9ですかね?

話がそれますが、Kinkiは曲に恵まれております。
林田さんの曲を歌えるのもそうですが、satomiさんと言う作詞家さんの曲も多く、売れてます。
最近satomiさんの作詞の曲がやたら多いです。(Kinki以外も)
林田楽曲同様、そちらもチェックしていた矢先、↑のアルバムを知った訳ですよ。
素敵なアルバムを紹介していただいて感謝感激でございます。ありがとうございます!
Commented by kaz-shin at 2010-02-05 02:47
jyubonさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
これは買いだと思います(笑)
jyubonさんは林田さんのアルバムを聴いたことがありますか?
もしないのなら尚更お薦めしておきます。
歌も上手いですし、曲も当然良いですし、入門編としても最適かも知れません。
林田さんの歌う「イッツ マイ ソウル」も良いですよ!
Commented by jyubon at 2010-02-06 00:21
コメントありがとうございます。
林田さんのアルバムは「紅組」「白組」「東洋一」を持っておりますが、
ここで紹介される林田作品はまだ触れておりません。
↑買う方向で行きます!kaz-shinさんのお墨付きに間違いはありませんから。
色々教えていただいて本当にありがとうございます!
Commented by kaz-shin at 2010-02-07 00:05
jyubonさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このアルバムは結構気に入ってまして、毎日のように聴いてます。
本当に良いですよ。
ぜひ聴いてみて下さい。
<< 松下 誠_FIRST LIGH... ページトップ MICHAEL JACKSON... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon