Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 八神 純子 「想い出のスクリーン」 ◇ 2010年 07月 17日
皆さんにも初めて聴いた時に衝撃を受けた曲というのが、少なからずあるのではないでしょうか?
私にも勿論沢山あります。その後の音楽の聴き方を大きく変えてしまったような曲もありますし、大袈裟では無く鳥肌が立った曲もありました。
今夜お届けする曲は、私が初めて聴いた時に本当に鳥肌が立った曲です(笑)
その曲は、八神 純子が1979年にリリースしたシングル曲「想い出のスクリーン」です。この曲はシングル・リリースだけでオリジナル・アルバムには未収録の名曲です。(ベスト盤には勿論収録されています)

八神 純子の書いたメロディーや透き通った歌声も勿論鳥肌が立ちそうな位に素晴らしいのですが、実際に鳥肌が立ったのは後藤 次利のベース・プレイなんです。
実はこの曲にはミュージシャン・クレジットが記載されていません。しかし、1979年当時に歌モノのバックのプレイで、こんなに高度なテクニックと小粋で洒落たセンスのフレーズのベース・プレイは、後藤 次利以外には考えられませんから・・・。
ぜひともベース・プレイに注目(注耳?)して聴いてみて下さい。特に1分15秒~29秒のワンコーラス目と2コーラス目の間のプレイは凄いですよ。これが1979年のプレイなんですから!

「想い出のスクリーン」 / 作詞:三浦 徳子、作曲:八神 純子、編曲:大村 雅朗


[PR]
by kaz-shin | 2010-07-17 00:56 | YouTube | Trackback | Comments(17) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/12960441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seigi4 at 2010-07-17 20:13 x
記事に書かれたように、間奏が素晴らしいですね!イントロでも一発でベースにやられてしまうのですが、フェードアウトでのベースとギターとの絡みも大好きで、「フェードアウトしないでもっと聴かせて~」といつも思っています(笑。
私はポールマッカートニーの「歌う」ベースが大好きなので、自然とベースに耳が行きますが、この曲のベースプレイは文句のつけようがないですね。
個人的には、大ヒットした「パープルタウン」「水色の雨」ではなく、この「想い出のスクリーン」こそが八神純子さんを表す曲だと思っています。
Commented by じょん at 2010-07-17 21:47 x
テレビやAMラジオで聞くことが多かったこの曲。ここまでバスを効かせて聞く事がなかったのが悔やまれます。唄うベースは最近聞きませんね。ヒット曲の種類が打ち込み系に多くなった気もするから、個性光るプレーをチャートで楽しめることも減りましたね。
Commented by kaz-shin at 2010-07-18 03:14
seigi4さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
大村雅朗さんは素晴らしいアレンジャーですが、おそらくここまで細かいベースのフレーズを譜面に書いていたとは思えません。
おそらく後藤次利さんの感性に任せていた部分が大きかったのではないかと思っています。
記事には間奏部のベース・プレイを中心に書きましたが、seigi4さんの仰るように全編で素晴らしいプレイが堪能できますよね。
終盤のギターはおそらく松原正樹さんだと思うのですが、この頃は後藤さんと松原さんはよく一緒にプレイしてましたし、この二人が関わった曲には好きな曲が多いです。
Commented by kaz-shin at 2010-07-18 03:17
じょんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
じょんさんのコメントでふと納得したことがあります。
私が打ち込み系のサウンドが決して嫌いな訳ではないのに、今ひとつのめり込めないのは、個性的で光る楽器のプレーが無いところなのかも知れません。
やはり素晴らしいミュージシャンの演奏というのは、時代に左右されませんよね。
Commented by 横浜のvafan at 2010-07-18 05:36 x
おはようございます。私もこの曲は八神純子の中では好きな方です。ヴォーカルの色気が何とも言えませんが、演奏も凄かったんですね。オーディオファンからすると、引き出しの多い曲とも言えます。ありがとうございます。
Commented by kaz-shin at 2010-07-19 09:29
横浜のvafanさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
70年代終盤から80年代中盤にかけては、良い曲は勿論の事、良い演奏の曲というのが沢山存在しました。
昔聴いてた曲を今改めて聴くと、結構驚きがあったりしますね。
Commented by gunts at 2010-07-19 16:57 x
いつもお世話になっております。
いやいや、これまた懐かしい曲でござます。
このシングルは中学生の私がなんど
あのせまく汚い部屋で聴いたことか!
ナイスな音質できかせていただきありがとうございます。
Commented by kaz-shin at 2010-07-20 01:11
guntsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
喜んでいただけたようで嬉しいです。
思い出が甦る曲っていうのは、時代を超えて名曲として心に残る曲ということなんでしょうね。
Commented by moto at 2010-07-23 19:16 x
久しぶりに書かせていただきます。ベースもさることながら最後のギターソロは素晴らしいですね。松原氏の中でももっとも好きなプレイのひとつです。作曲でも記憶に残る曲を残してくれた大村さんが亡くなってしまったのは本当に残念でした。そして松原氏と今氏の起用の仕方。「ニートな午後3時」などは、これまた今氏のベストプレイのひとつではと思わせます。
Commented by kaz-shin at 2010-07-24 01:53
motoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
仰るように松原さんのギター・ソロも最高ですね。
J-POPにおいて、松原さん、今さん、後藤さんの功績って絶対に大きいですよね。
何度もブログに書いてますが、松原さんのギターに出会ってなければ、こんなにもCITY POPやJ-POPにのめり込まなかったと思います。
今 剛さんは、バラード系の曲で良いソロが多いと思います。
先日UPしたイルカさんの「もう海には帰れない」の終盤のソロは今 剛さんだと思うのですが、これが結構良いソロなんです。
Commented by ギムリン at 2010-10-14 22:52 x
昨夜のSONGS、八神純子さんのボーカル力も炸裂でしたが、バックで響いている山川恵津子さんのハイトーンに、いまさらながら感服しました。
今回は、後藤さんのかわりに今さんがギターでさりげなく美味しいフレーズを入れてましたね。
純子さんライブ、復活ぜひお願いしたいところです。
Commented by kaz-shin at 2010-10-16 00:36
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
迂闊でした。見逃しました!
NHKのサイト見ましたが、ちゃんとメンバーまで紹介されてました。
それを見て悔しさが倍増しました(笑)
Commented by ギムリン at 2010-10-17 11:36 x
八神さんの再放送は、NHKサイトチェックされたので大丈夫とは思いますが、今のところBS2が18日(月)17:30-18:00, 総合は22日(金)深夜25:45-26:15。国会や野球の中継でずれるかもしれません。

純子さんが参加した岩崎宏美さんの「真夜中のドア」のカバーですが、まもなく発売いうことで、先行試聴可能です。いやいや、カッコイイ感じです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3895907
Commented by kaz-shin at 2010-10-18 01:18
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
再放送を確認して既に録画予約済みです。
わざわざ情報ありがとうございました。

「真夜中のドア」を試聴しましたが、これは格好良いです!
この曲聴きたさに購入しても損が無さそうなアルバムですね。
購入を検討します(笑)
Commented by shu0610 at 2010-10-21 01:48 x
SONGSへの出演、今後の音楽活動への復帰を予感させてワクワクしました。想い出のスクリーンは高水さんの渋いウッドベースでしたね。山川さんのアレンジが秀逸で、オリジナルとはまた違った良さを堪能しました。
Commented by kaz-shin at 2010-10-22 01:34
shu0610さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
明日深夜の再放送を楽しみにしております。
結構評判が良かったみたいですね。
今度はしっかり録画予約していますので、見逃すことはないと思います(笑)
活動を再開して新しいアルバムをリリースしてくれると良いのですが・・・。
古い曲を新しいアレンジで聴かせてくれるアルバムも期待したいですね。
Commented by 猫公爵 at 2018-09-24 00:07 x
後藤さんご自身のサイトで以前クレジットを見ました。
後藤、松原コンビで間違いないです。
<< 林 哲司_珠玉のバラード その1 ページトップ デジカメ今昔物語 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon