Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 須藤 薫 「FOOLISH (渚のポストマン)」 ◇ 2010年 07月 28日
今夜お届けするのは、その歌声でいつも元気を貰っている須藤 薫の1980年のデビュー・アルバム『Chef's Special』冒頭を飾った「FOOLISH (渚のポストマン)」です。この曲は彼女の3枚目のシングル曲であり、私と須藤 薫との出会いの曲でもあります。
この『Chef's Special』がリリースされた頃は、まだ須藤 薫の事は何も知らなかったのですが、レコード屋でアメリカン・ポップスの香りがプンプン漂うアルバム・ジャケットに惹かれて思わずジャケ買いをしました。ですから、アルバム1曲目の「FOOLISH」が私と須藤 薫の出会いの曲となった訳です(笑)

1960年代のアメリカン・ポップスのテイストが詰まった『Chef's Special』の立役者は、杉 真理と松任谷 正隆の二人でしょう。
溌剌とした須藤 薫のヴォーカルの良さを引き出すメロディーを杉 真理が書き、松任谷 正隆がオーソドックスながら実に緻密なアレンジを施すという絶妙なバランスが魅力で、今聴いても古臭さを感じさせません。
ちょっと夏バテ気味なので、朝の通勤時に須藤 薫を聴いて気分をシャキッとさせています。

「FOOLISH (渚のポストマン)」 / 作詞:伊達 歩、作曲:杉 真理、編曲:松任谷 正隆・杉 真理
Drums : 青山 純
Bass : 後藤 次利
Electric Guitar : 松原 正樹
Acoustic Guitar : 吉川 忠英
Keyboards : 松任谷 正隆
Percussions : 斉藤 ノブ
Background Vocals : 杉 真理、須藤 薫


[PR]
by kaz-shin | 2010-07-28 21:59 | YouTube | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/13014802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotaro at 2010-07-29 00:30 x
私は当時、松任谷さんの「サウンドストリート」を聴いていて、ゲストに彼女が
登場。アッパーカットで魅了され、翌日生協にレコードを、すぐに買いに
行きました。
名前は最初憶えていなかったけど、曲名とジャケットですぐ、判りました。

1980年は、まだ景気は回復していなかったけど、松田聖子らの登場や
前年からのYMOや山下達郎、渡辺香津美らの活躍で、本当に音楽
シーンは、音楽マスコミや、オーディオ、楽器メーカーまで元気いっぱい
でした。

ところで、須藤薫はけっこうシングルを持っています。もちろんこれや
The Black Holeも。ちょっと自慢です。
Commented by kaz-shin at 2010-07-31 23:33
kotaroさん、コメントありがとうございます。
2007年に紙ジャケで再発された時には、アルバム未収録のシングル曲が結構ボーナス・トラックとして収録されましたね。
須藤さんは好きな曲も沢山あるので、少しずつUPしていこうかと思っています。

それにしても80年代前半の音楽って、本当に聴いていてワクワクさせてくれるアーティストやアルバムが沢山ありました。
時代のパワーと業界のパワーの相乗効果っていう感じもしますね。
<< 今夜の1曲 / 東北新幹線 (... ページトップ 今夜の1曲 / BREAD &... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon