Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 上田 知華+KARYOBIN 「Lady's Blue」 ◇ 2010年 10月 03日
今夜お届けするのは、上田 知華+KARYOBINが1979年にリリースした3rdアルバム『上田 知華+KARYOBIN (3)』から、私の大好きな曲で名曲と信じて疑わない「Lady's Blue」です。
切ない歌詞と美しいメロディー、シンプルながら心に響く弦楽四重奏と上田 知華の歌声が見事にマッチした楽曲です。

1970年代終盤のJ-POPの音楽は、既に電子楽器無くして考えられなくなっていました。そんな時代において、生ピアノに弦楽四重奏という実にシンプルな組み合わせは、電子楽器の音に慣れてしまっていた自分にとって、アコースティック楽器の持つ温もりや優しさに溢れたサウンドがとても新鮮でした。
上田 知華のソングライターとしての才能や魅力的な歌声に注目しがちですが、KARYOBINには現在でも一線で活躍している金子 飛鳥(Violin)や溝口 肇(Cello)が参加していたことでも知られています。

たまにはこんな優しいアコースティック・サウンドを聴きながら気分をリラックスさせて、明日からの仕事に備えるというのも悪くはないと思うのですが・・・、如何でしょう?(笑)

「Lady's Blue」 / 作詞・作曲・編曲:上田 知華
上田 知華+KARYOBIN (歴代メンバー全て)
上田 知華 : Piano & Vocal
池上 卓子 : Violin
深井 治子 : Violin
金子 飛鳥 : Violin
Mari Kawai :Violin (漢字不明)
岩間 俊之 : Viola
小林 公明 : Cello
溝口 肇   : Cello
Akira Shigematsu : Cello (漢字不明)


[PR]
by kaz-shin | 2010-10-03 22:04 | YouTube | Trackback | Comments(11) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/13342158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ギムリン at 2010-10-07 22:28 x
上田知華さんの声も伸びがあって聞きやすいですね。
岩崎宏美さんや河合奈保子さんがライブで共演することがありまして、
宏美さんのライブ盤が単品で再発されて入手が容易になりました。
'78年の秋のコンサートのトラック10,11で美しいハーモニーを聞くことが出来ます。
試聴は、リンク先URL参照下さい。
Commented by kotaro at 2010-10-09 11:32 x
上田知華さん、現在の活動は? と尋ねたくなりますが、
私はこの人が他の人に提供した曲を集めたアルバムが、欲しいです。

とりあえず2曲出しておきます。

菊池桃子「I will ...」おなじみのファーストLPのオーシャンサイドの
最後を飾る、深遠な宇宙感広がる名曲ですね。

石野真子「シルバームーン」  アルバム「Mako2」「Mako3」
(数字はアラビア数字)のおしまいの曲であったと記憶します。
これも実は先に、この夜の月をテーマにした女性心理の曲があり、
後にアンサーで、「アイウィル」が生まれたのではないかと、
インタビューしたい思いが長年あります。
こんなことを書けるのも、このブログだけですね。(感謝)
Commented by 蒼き流星 at 2010-10-09 15:01 x
突然のご無礼お許しください。kotaroさんがか書かれておられる菊池桃子さんの「I Will」は作曲・編曲林哲司さんで林さん渾身の一曲であり、石野さんの「シルバームーン」は作詞・作曲丸山圭子さんですね。でも書かれておられるように上田知華さんは今井美樹さんで著名ですが多くの提供曲を持ち、アルバム、B面曲という目立たない所でも大変良い仕事を残しておられる方で私も提供曲のコンピがあったら買いたいですね。またこのKARYOBIN時代の作品も90年代にCD化されて以来長らく絶版で、オーダーメイドファクトリーで一度カタログに入ったにも関わらず何故か投票期限を待たずにカタログから消えてしまいその後何にも復刻の動きにならないのは残念です。
Commented by kotaro at 2010-10-09 21:20 x
いやこれはご指摘感謝です。大分もうろくが出てきたのか、お恥ずかしい。
手元に資料を置いて記述しないと、大間違いを2つしてしまいました。

蒼き流星さん、ありがとうございます。

墓穴を掘らないように、ちょっと調べてから、落ち着いて書き込みいたします!
Commented by kaz-shin at 2010-10-10 23:16
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いつも情報ありがとうございます。
懐かしいアルバムですね。このライブ盤のレコードを持ってました。
多分実家の押入れの中にしまってあると思います。
今度実家へ行ったら探してみます。
Commented by kaz-shin at 2010-10-10 23:18
kotaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
>私はこの人が他の人に提供した曲を集めたアルバムが、欲しいです。
同感です。
ただ、ユーミンや尾崎 亜美に比べると知名度的に実現するのはちょっと難しい気がしますが・・・。
今井美樹さんへの提供曲を集めたコンピの方が実現しやすいかも知れませんね。
Commented by kaz-shin at 2010-10-10 23:25
蒼き流星さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
ご指摘ありがとうございました。
私もかなり適当な事を書いてしまうことがあるので、そんな時は遠慮なく指摘して下さい。

KARYOBIN時代のアルバムの再発は、私も以前から願っているのですが、なかなか実現しません。
今でも十分通用する音楽だと思うのですが・・・。
Commented by ケラ at 2010-12-26 17:05 x
上田知華を初めて知ったのは
倉田まり子に楽曲提供した『さよならレイニー・ステーション』
それから数十年経ってから今井美樹の歌で聴くようになりました
『半袖』や『After All』など良い曲を沢山作ってましたね
上田知華+KARYOBINでセルフ・カバーアルバムなんて
実現しないかななどと思っています。
Commented by kaz-shin at 2010-12-27 02:25
ケラさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ソング・ライターとしての才能は勿論ですが、私は上田さんの歌声も好きなんです。
ケラさんの仰るセルフ・カヴァー・アルバムというのは大賛成です。
本当に良い曲が多いですからね。
Commented by misato at 2012-02-24 13:38 x
昨日、東京にいる彼氏に逢うことができました。1か月に1度、逢えるかどうかの間柄で、時々、こんな扱いおかしくない?と自問しますが、でもやっぱり「すき」という気持ちには変わりなく、逢えば一目惚れを繰り返しています。
そんな彼を新幹線の改札でバイバイした翌日の朝、今日のことですが、「夜より朝の寂しさを知ったのは・・・」と、口ずさんでしまうのです。
女性として蕾の頃に知った彼女の曲には、ピークを過ぎた今の私に、染み入るような情感をもたらします。名曲、同感。
今もレコードが部屋にあります。プレーヤーもあるので、いつでも聴けます。
京都在住 
Commented by kaz-shin at 2012-03-18 02:21
misatoさん、コメントありがとうございました。
レスを付けるのが遅くなってしまい、本当に失礼しました。お許し下さい。
UPしていた音源は全て削除されてしまいましたが、このようなコメントを頂戴したこと、本当にうれしく思います。
ありがとうございます。
曲というのは、リリースされた時点で作った側だけのものだけではなくなるような気がします。
聴く側それぞれの思いがそこに反映され、名曲に変化していくのだという気がします。
だからどれほど時間が経過したとしても聴く者にとっては輝き続けるのでしょうね。
<< 今夜の1曲 / 小田 裕一郎 ... ページトップ 今夜の1曲 / 木戸 やすひろ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon