Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 角松 敏生 「SNOW LADY FANTSY」(Single Version) ◇ 2010年 12月 13日
今夜はX'masソングではなく、久しぶりに角松 敏生の未CD化音源を紹介しましょう。
1985年にリリースされたシングル・レコード「初恋」のカップリング曲だった「SNOW LADY FANTASY」です。「初恋」に比べるとインパクトに欠ける感は否めませんが、意外とこの曲が好きだという人は多いようです。
角松の場合、12インチ・レコード・ヴァージョンはCD化されているけれど、オリジナル・テイクであるシングル・ヴァージョンがCD化されていなかったり、12インチに限らずシングルとしてリリースされたテイクがCD化されていないケースが凄く多いんですよね。
80年代半ば頃の角松は、シングルとアルバムとでは同じ曲でもテイクの違うものを作るという拘りがあったようなんですが、その折角の拘りがCD化されていないというのがどうも解せない訳で・・・(笑)

いつの日か80年代前半のアルバムに未CD化のシングル・テイクをボーナス・トラックとして収録したリマスター盤のリリースを切に願うばかりです。
結構売れると思うのだけれど・・・。

従って今回もアナログ音源です。聴き苦しい部分もあるかと思いますがご容赦下さい。

「SNOW LADY FANTASY」(Single Version) / 作詞・作曲・編曲:角松 敏生、コーラス編曲:吉田 美奈子
Drums : Yogi Horton
Bass : Marcus Miller
Guitar : Toshiki kadomatsu
Keyboards : Richard Tee
Percussion : Bashiri Johnson
T.Sax : Bob Mintzer
B.Sax : Ronald Cuber
Chorus : Minako Yoshida


[PR]
by kaz-shin | 2010-12-13 23:59 | YouTube | Trackback | Comments(5) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/13810657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by october at 2010-12-14 15:38 x
kaz-shinさん、こんにちは。
先日のCINDYの曲に続き、懐かしい角松サンの曲をありがとうございます。
私は25年来の角松Fanでして、このレコードもまだ実家にあります。当時は17才の高校生でして、(年齢がバレますね~)初めて行った角松サンのコンサートできれいなお姉サマがたくさんいるのに驚かされたものです。(当時は美人が多いって有名でしたよね)

kaz-shinさんの角松サンについてコメント、大変興味深く読ませていただきました。
私も正直言って一人多重コーラスはちょっと…と思っていた一人です(笑)
もう角松のライヴには行くつもりはないとのお言葉は、Fanとして少なからずショックでした。
それでも角松サンに対するコメントには、彼の音楽への愛情が感じられ…
kaz-shinさんのような方もいて、今の角松サンがあるのだなと
勝手に一人で納得しました(笑)

これからも角松サンに対するコメント楽しみにしています。
あ!角松サン以外にも、昨日のRajieさんとかもスゴク懐かしくて嬉しかったです!!

つたない文章で失礼いたしましたm(__)m




角松サン来年はアルバムリリースが出来ないそうで、


Commented by october at 2010-12-14 15:49 x
あらら…字数の制限に引っ掛かって削った文章の一部が、最後に残ってしまいました(^_^;)スミマセン。
 
ついでだから書いちゃいますね。
来年は横アリの30周年だけなのは残念!
その代わりなのか、年末からFCのイベントが各所で行われます。
私も地元で参加の予定です。
青木さん・ブッチャーさんの既存の音源と
友成さんのキーボード、角松サンのギターという編成らしいです。
久々に4人(?)の共演、楽しみです。

重ねて失礼いたしましたm(__)m
Commented by kaz-shin at 2010-12-15 00:07
octoberさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
角松さんのファン歴25年ですか~。もう完全な角松フリークですね(笑)

私が角松さんのライブへ行くつもりが無いと書いたのには理由が二つあります。
25周年記念ライブが私にとっては非常に後味の悪いライブになっていて、ある種のトラウマになっていること。
それとライブで生で聴いてみたいと思う曲が、最近の角松さんの曲には無いという2点なんです。
ですからまた生で聴きたいと思える曲に出会えたら、ライブへ足を運ぶかも知れません。

来年の30周年記念ライブはきっと盛り上がるんでしょうねぇ。
私は多分行かないと思いますが、角松ファンの皆さんのライブ・レポを楽しみにしたいと思います。

それと来年アルバム・リリースやツアーが無いのなら、角松さんには自分を取り巻く環境が厳しくなったことについて
真摯にそしてじっくりと向き合って欲しいなと思いますね
Commented by airplay0105 at 2011-01-25 23:35
いやはや、やはりアナログは音が太いですね。
ピラミッド型のドッシリとしたサウンドはこの手の音を
聞いて育ったせいか、安心して聞いていられます(笑)
Commented by kaz-shin at 2011-01-27 01:24
airplay0105さん、コメントありがとうございます。
アナログ音源をデジタル化し始めた頃の音源で、PCのスペックも低くて
音的には満足出来ていないのですが、
アナログ盤の雰囲気は出ているかなと思っています。
最近は忙しくてなかなかデジタル化が出来てませんが、暇が出来たらまた色々デジタル化してみようかと考えてます。
<< 今夜のX'mas So... ページトップ 今夜のX'mas So... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon