Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 今井 美樹 「カナリア諸島にて」 ◇ 2011年 06月 02日
国内外を含め、有名なアーティストのトリビュート・アルバムって沢山リリースされています。
多くの場合、複数のアーティストによって対象となるアーティストの曲をカヴァーするという形が最もポピュラーだろうと思います。
私は正直なところ、トリビュート・アルバムというのはほとんど聴かないですね。と言うより興味があまり無いと言った方が正しいかも知れません。
そんな私が興味をそそられ、購入してしまったのが2009年にリリースされた『A LONG VACATION From Ladies』というアルバムです。

タイトルでお判りだろうと思いますが、大瀧 詠一のトリビュート・アルバムです。しかも大瀧 詠一の80年代を代表する傑作であり、80年代の象徴とも言えるアルバム『A LONG VACATION』を10人の女性アーティストが、アルバムまるごと(曲順に至るまで)カヴァーしているトリビュート・アルバムなんです。
対象となるアーティストの様々な曲を取り上げているトリビュート・アルバムは珍しくありませんが、特定のアルバムをまるごとカヴァーしているトリビュート・アルバムは珍しいと思います。しかもジャケット・イラストは当然のように永井 博です(笑)
それだけ大瀧 詠一の『A LONG VACATION』が多くの人達、アーティスト達に愛されたいたということなんでしょうね。

また近い内にレビュー記事でも書こうとは思っているのですが、参加アーティストと歌った曲について簡単に書いておきます。

『A LONG VACATION From Ladies』
01. 君は天然色 / 大貫 妙子
02. Velvet Motel / 金子マリ
03. カナリア諸島にて / 今井 美樹
04. Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語 / 行川さをり (from ジュライム)
05. 我が心のピンボール / イシイモモコ (from ハミングキッチン)
06. 雨のウェンズデイ / 尾崎 亜美
07. スピーチ・バルーン / 原田 郁子 (from クラムボン)
08. 恋するカレン / つじあやの
09. FUN×4 / 太田 裕美
10. さらばシベリア鉄道 / 鈴木 祥子
11. Blue Niagara (Epilogue Instrumental) / Akira Inoue

私の場合、大貫 妙子、金子マリ、今井 美樹、尾崎 亜美、太田 裕美以外はほとんど聴いたことのなかったアーティスト達ばかりなんですが、皆個性的な声、感性を持っており、聴いていてなかなか面白かったです。
アルバムについての感想はまたレビュー記事を書いた時にでも・・・。
今気付いたのですが、本家の『A LONG VACATION』のレビュー記事も書いてませんでした。こちらも機会があれば書いてみようとも思うのですが、今更という気もしますし難しいところですね(汗)

さて今夜は、このアルバムの中から1曲お届けします。今井 美樹の歌う「カナリア諸島にて」です。

「カナリア諸島にて」 / 作詞:松本 隆、作曲:大瀧 詠一、編曲:井上 鑑
Drums : 上原"ユカリ"裕
Bass : クマ原田
Guitar : 松原 正樹
Keyboards : 井上 鑑


[PR]
by kaz-shin | 2011-06-02 01:59 | YouTube | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/14881891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotaro at 2011-06-03 05:36 x
これはまた印象の違ったカナリア諸島ですね。
今井美樹さんという絵の具で書いたら、こうなるのでしょうか。
ただ、鑑さんのアレンジが、違い過ぎて、八十年代の
スゴいだろう、シンコペーション多用、ギンギンサウンドが懐かしいです。

ちなみに「カナリア諸島にて」はアイドル歌手(無名)の
百瀬まなみも歌っていました。(一応持っています)
Commented by ツッチー at 2011-06-04 22:54 x
kaz-shinさん
お久しぶりです。こんばんわ。

なかなか粋なアルバムですね!
この曲を気怠い夏の午後に聴いて、ますます気怠くなっていく気分を味わうのが大好きです。
そんな季節を待ちわびて。

個人的な話ですが、転勤で今年の4月から兵庫・西宮で暮らしています。パンが美味しい素敵な街です。
Commented by kaz-shin at 2011-06-05 21:08
kotaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
実はこのカヴァー・アルバムは爽やかさはありません(笑)
どちらかと言うと、暑さの厳しい夏の午後、動くのも億劫というような怠惰な時間に聴きたい、そんなアルバムです(笑)

でもそれはそれで結構昼寝のBGMには結構良いんですよ。
機会があったら聴いてみて下さい。
Commented by kaz-shin at 2011-06-05 21:13
ツッチーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
転勤先にはもう慣れましたか?
実は私の会社の本社が西宮にあります。あまり行くことは無いのですが・・・。
神戸や西宮って住んでみたい街ではあります。

このアルバムは、ツッチーさんの仰るように
"気怠い夏の午後に聴いて、ますます気怠くなっていく気分を味わう"
というアルバムなんですよ。ぜひ聴いてみて下さい。

<< 今夜の1曲 / 宮里 久美 「... ページトップ 前略おふくろ様 Ⅱ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon