Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 大瀧 詠一 「ペパーミント・ブルー」 ◇ 2011年 07月 07日
ここのところ、仕事が若干忙しいのと早くも夏バテ気味とで更新が滞ってしまいました。
コメントにもなかなか返信出来ず、本当に申し訳ありません。
無理をしない程度にボチボチ更新していきますので、今後ともよろしくお願い致します。

最近の天気はまさに夏そのものといった感がありますが、湿気の多い暑さというのは本当に辛いですね。
例年であれば蒸し暑さもエアコンで解消し、会社の事務所内でも比較的快適に過ごせたのですが、節電の為今年は快適とは程遠い環境での仕事を余儀なくされております。きっとこれも早い夏バテの要因のひとつなのでしょう。
ただ、今日は湿度が低かったのか、暑かったのですが風が何とも心地良い1日でした。
陽射しが強くても湿気が無ければ、自然の風の気持ち良さを感じることが出来るんですね。今日のような気候ならまだ楽で良いのですが・・・(笑)

今日ふと自然の風が心地良く感じた時、ふと思い出した曲を紹介します。
その曲は、大瀧 詠一が1984年にリリースしたアルバム『EACH TIME』に収録されていた「ペパーミント・ブルー」です。
今日私の感じた心地良い風にピッタリな感じな曲だと思います。
これから夏本番ですが、皆さんに少しでも涼しい風が届けばという想いを込めてお届けします。

「ペパーミント・ブルー」 / 作詞:松本 隆、作曲:大瀧 詠一、ストリングス編曲:井上 鑑
(参加ミュージシャン多数の為、割愛)


[PR]
by kaz-shin | 2011-07-07 02:20 | YouTube | Trackback | Comments(7) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/15075077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotaro at 2011-07-09 08:24 x
EACH TIME、懐かしいです。私は最も売れなかった12インチシングル盤5枚組で、求めました。

ロンバケほど、聴いていないけど、大瀧詠一の事実上最後のアルバムですね。

新作を作る気になって欲しいのですが。
Commented by simasima at 2011-07-10 09:06 x
初めまして。私は学生なので紹介なさってる曲はリアルタイムでは勿論知りませんが、youtubeで聴いてCDを集めたりしています。
EACH TIMEはペパーミント・ブルーなどなんとなく涼しげな風が吹いてるイメージでゆったりと聴けますね。
ロングバケーションの方はどっちかというと真夏のイメージです。
Commented by DNA at 2011-07-10 23:51 x
お邪魔します。
大滝詠一、これは名盤ですよね!
もうアルバム出す気は無いんでしょうか・・・。

(何か、禁止ワードとか字数制限で書き込めない事が多くて・・・。)
松本典子や志賀真理子もプレミア付いてますし、ある程度の覚悟は必要かと思われます。
昔よりも、ブックオフやオークション、ネット通販に出回ってたものが、段々出回らなくなってきている傾向にあります。
今後は以前より集めたり聴くのがキツくなっていきそうですし、
今まで買ってて良かった~ってのが沢山あります、私の場合。
モノにもよりますが、「またそのうち出たら」よりも
「限定なら要予約」「あったら値段よりも即買い」「出たら値段構わず絶対落札!」
をモットーにしております。
以前よりも高値になってきてるものも多いですし。
先程も、オークションで某CDを落札したのですが、5000円までいくとは思いませんでした。(落札しましたが。)

(続きます)
Commented by DNA at 2011-07-11 00:12 x
とは言うものの、「こんなの出てたんだ」みたいな感じで後々廃盤になってから知る物もたまにあるんですよね。(苦)
考え方はそれぞれだと思いますが、御健闘お祈りします。

和久井映見とかもお聴きのようですが、
kaz-shinさんに是非オススメなのが、かとうれいこのアルバム「ケリード」と「覚悟を決めた日」です。

彼女は細川ふみえや杉本彩などと共に90年代前半を代表するセクシー系、グラビアアイドルですが、
アルバム10枚!も出しています。(グラドルでこんなに出してるのは他にいない。)

当時、「音楽活動にも意欲的」と雑誌で紹介されてましたが、
「どうせ巨乳アイドルの歌なんぞ底が知れとるわ」と思ってました。

人知れず引退された後、アルバムを買って聴いてみて、
思わず「申し訳ございませんでした」というのが率直な感想。
特に上記の2枚はニューミュージック系の名盤!です。
評価もあまりされてないであろう、&女性にも聴いて欲しいアルバムです。
(グラドルの曲なんて男性しか聴いていないと思うので。)
入手しやすいと思うので是非!オススメします!
Commented by kaz-shin at 2011-07-17 01:15
kotaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
またもレスが大変遅くなってしまい、本当にすみませんでした。

私自身結構好きなアルバムなんですが、『A LONG VACATION』に比べると語られることの少ないアルバムですよね。
既にこのアルバムのリリースから27年が過ぎているんですね~。
今大瀧さんがアルバム作ったら、どんな感じなんでしょうね。
聴いてみたいです。
Commented by kaz-shin at 2011-07-17 01:29
simasimaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
初めて頂戴したコメントにも関わらず、レスが遅くなってしまいました。本当にごめんなさい。
学生さんとのことですが、私のブログで紹介している音楽は70年代、80年代のものがほとんどなんですが楽しんで頂けてますか?
少しでもsimasimaさんの音楽ライフにお役に立てているのなら嬉しいです。
当時私を含め、同年代の人達が夢中になった音楽が多いので、今の若い世代の人達が聴いても良いと思ってもらえるだろうとは思っていましたが、
実際にコメントを頂戴すると、やはり嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by kaz-shin at 2011-07-17 01:39
DNAさん、コメントありがとうございます。
>「限定なら要予約」「あったら値段よりも即買い」「出たら値段構わず絶対落札!」をモットーにしております。
これは結構重要ですよね。
私の場合も"どうしても欲しい"と思ったモノに対しては同じ感覚なんですが、
"ちょっと聴いてみたい"程度のモノに対しては、なかなかそこまで思い切れません(笑)
かとうれいこさんは1度も聴いたことがありません。
中古店で見つけることが出来たら買ってみます。
情報ありがとうございました。
<< 今夜の1曲 / 楠瀬 誠志郎 ... ページトップ 今夜の1曲 / 杉 真理 「夢... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon