Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
MICHAEL FRANKS_SLEEPING GYPSY ◇ 2005年 10月 23日
e0081370_017512.jpg 

名匠トミー・リピューマがプロデュース、アル・シュミットがエンジニアという最強コンビにより製作されたAORの名盤中の名盤。1977年のリリースのマイケル・フランクスの2ndアルバム。トミー・リピューマはJAZZ・FUSIONをはじめとして様々なジャンルでプロデュースをこなす才人である。このアルバムの完成度の高さも前作の『The Art Of Tea』 同様、トミー・リピューマとアル・シュミットのコンビの功績が大きいだろう。

レコードの解説にも書かれていたが、マイケル・フランクスは歌がお世辞にも上手いとは言えない。味があると言えば言えなくもないが・・・(笑) その自分の歌の技量をマイケル自身がよく知っていて、その辺りをカバーするような曲作りをしているところが凄い。それに加えて、クラウス・オガーマンのアレンジの良さとジョー・サンプル、ウィルトン・フェルダー、ラリー・カールトン、デヴィッド・サンボーン、マイケル・ブレッカーというクルセイダースを中心とした豪華メンバーの演奏があり、それをトミー・リピューマが纏めるという完璧なフローが完成する(笑) これで悪い作品になる訳がないのだ。

マイケル・フランクスの音楽のベースになっているとも言えるブラジル音楽・JAZZのエッセンスがちりばめられ、どの曲も素晴らしい作品である。中でも名曲「Antonio's Song-The Rainbow-」は、その後数え切れない位カバーされている。曲のエンディングのサンボーンのソロは、鳥肌ものである。違いのわかる大人の人にお薦めの1枚。
カバーされた「Antonio's Song」の1番のお気に入りは、1980年に石川セリがリリースした洋楽カバー・アルバム『NEVER LETTING GO』に収録されているもの。オリジナルに負けない位に完成度が高い。
[PR]
by kaz-shin | 2005-10-23 00:50 | PRODUCER | Trackback(2) | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/1559745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽なしは、人生なし! at 2006-02-09 13:47
タイトル : 陋セ
まだ、動物ジャケをひきずってますが昆虫を。 Michael Franks『Sleeping Gypsy』1977 Warner Bros.... more
Tracked from 音楽の杜 at 2006-05-28 09:00
タイトル : Michael Franks 「Sleeping Gyp..
ソフト・ボッサの決定盤、マイケル・フランクスの代表作! 学生時代、よく今井美樹を聴いてました(デビュー当時の今井美樹はAOR色が強くてなかなか侮れませんね)。そのなかの一枚に洋楽をカバーした「Fiesta」(1988年発表)という名盤があります。 ここには「Close to you」、「Reunited」、「Feel like makin' love」、「Lovin' you」、「Superstar」といった名曲がカバーされてますが、そのなかでもひときわ上品な曲が収録されてました。それがマ...... more
Commented by 240_8 at 2006-05-28 09:02
おはようございます。kaz-shinさんもマイケル・フランクス書かれてましたね。TBしておきました。
石川セリを持ってくるあたり、流石Kaz-shinさんですね。私はベタな今井美樹を持ってきてしまいました(笑)。
Commented by kaz-shin at 2006-05-28 09:20
240_8さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
今井美樹さんのカバー・アルバムは知りませんでした。
これはぜひ聴いてみたいと思ってます。
良い情報ありがとうございました。オフで探してみます(笑)
Commented by ohiro at 2007-07-15 23:06 x
こんばんは!私もやっとこの傑作アルバム、アップしましたので是非ご覧下さい!
それにしても、夏に聴くにはピッタリのアルバムですね~
Commented by kaz-shin at 2007-07-15 23:54
ohiroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ブログを始めた頃の記事なんで、乏しい内容の記事で恥ずかしいです。
これは本当に名盤だと思います。
いずれ記事をPart2という形でレビューを書きたいと思ってます。

ohiroさんのブログへ後ほどお邪魔してゆっくり読ませて頂きますね。
<< Toshiki Kadomat... ページトップ Toshiki Kadomat... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon