Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
今夜の1曲 / 今井 優子 「Mistress」 ◇ 2011年 10月 25日
今夜お届けする1曲は、今井 優子が1990年にリリースしたアルバム『DO AWAY』に収録されていたメロウなバラード・ナンバー「Mistress」です。
プロデューサーが角松 敏生だった為、当時今井 優子のことを知らなかったにも関わらず購入したアルバムでした。その頃は角松サウンドに傾倒していたので、このアルバムもかなり聴き込みました。

今回音源を紹介するに当たって久しぶりにアルバムを通して聴きましたが、昔とは少し曲の好みが変わっていることに気付きました。
昔はテンポがあり、ノリの良い感じの「さよならを言わせて」や「Snow train」のようなタイプの曲を好んで聴いていた気がするのですが、今は「Mistress」のようなしっとりとして落ち着いた感じの曲が良いと思えるし、聴きたいと思える曲になっています。これは年齢が影響しているのかも知れませんね(笑)

「Mistress」 / 作詞・作曲・編曲:角松 敏生
Bass : 青木 智仁
Gut Guitar : 古川 昌義
Fluger Horn : 数原 晋
All Other Instruments : 角松 敏生
Synthesizer Operator : 久保 幹一郎
Background Vocals : 角松 敏生


[PR]
by kaz-shin | 2011-10-25 00:02 | YouTube | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/16157886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tom.C at 2011-10-26 00:55 x
この曲は、秋には必ず聴きたくなる曲で、今井優子さんの曲では一番好きです。
私もこの曲との出会いは、角松敏生プロデュース&曲提供だったからです。
この曲で、今井優子さんが大好きになりました。
コーラスも程よく素敵に感じます。
青木さんのベースが何故ソロ部分だけなのかは、不思議です。
アルバムは春をイメージしているのですが、どうしても秋にぴったりですね。
Commented by kaz-shin at 2011-11-03 02:14
Tom.Cさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

昔は派手目の曲の方が好きだったのですが、最近はこの曲が1番のお気に入りになっています。
年齢と共に好みも若干変わってきているようです(笑)
Commented by まこっつぁん at 2011-11-04 03:03 x
今井優子フリークの僕ですが、
何故かこのアルバムは出会っていないのです。

角松フリークに先取りされてるのかな?

少し自由な時間が増えてきて、
秋とともに音楽を聴く時間が
増えてきてます。
また、新曲を求めて彷徨ってみます。

この曲の紹介ありがとうございました。
Commented by kaz-shin at 2011-11-05 09:19
まこっつぁんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

以前はBOOK OFFで結構見かけたアルバムでしたが、確かに最近は見かけなくなりましたね。
でも根気強く探せばきっと見つかると思います。
角松フリークではないまこっつぁんさんが、このアルバムを聴いてどんな感想を持たれるか興味津々です。
ぜひとも聴いた時にはまた感想聞かせて下さい。
よろしくお願いします。
<< 今夜の1曲 / 伊藤 征子 「... ページトップ 今夜の1曲 / 阿川 泰子 「... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon