Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
TOM SCOTT_BLOW IT OUT ◇ 2005年 11月 06日
e0081370_1324690.jpg 

1977年のアルバム。1970年代の半ば頃まで、西海岸を活動の中心にしていたトム・スコット。L.A.Expressを組んでアルバムも2枚リリースしていた。そのトム・スコットが『ニューヨーク・コネクション』というアルバムで、東海岸へ乗り込んだ(笑)
またもニューヨークのミュージシャンと作り上げたのが、この『BLOW IT OUT』である。CD化されたはずだが、店頭でこのCDを見た事がない(笑) 再販してくれないかなぁ。

参加しているミュージシャンは、

Drums : STEVE GADD / RICK MAROTTA / CHRIS PARKER
Bass : CHUCK RAINEY / WILL LEE / GARY KING
Guitar : ERIC GALE / JOHN TROPEA / RAY PARKER Jr / HUGH McCRACKEN
Keyboards : RICHARD TEE
Percussion : RALPH MACDNALD

冒頭を飾る「GOTCHA」は、私も好きでよく観ていたTVドラマ『スタスキー & ハッチ』のテーマ曲。唯一リリコーンを吹いている曲だ。「SHADOWS」は、このアルバムの中で1番好きな曲。このバラード曲は、まさしく泣きのSAX。泣きはデヴィッド・サンボーンの十八番だが、トム・スコットもなかなかである。
アルバム全体の印象は、TOM SCOTT meets STUFFといった感じ。スタッフのサウンドがリチャード・ティーとスティーヴ・ガッドによって支えられていたというのが、このアルバムを聴くとよく理解できる。
特にリチャード・ティーの存在感は凄いものがある。彼がピアノやローズを弾いただけで、そこのスタッフのサウンド、ニューヨークの音が生まれるのだ。
まさしくワン・アンド・オンリー、こういうミュージシャンは稀だと思う。

トム・スコットのファンには、翌1978年に発表された『INTIMATE STRANGERS』が人気が高いようだが、このアルバムも地味ではあるが良い作品だと思う。
[PR]
by kaz-shin | 2005-11-06 01:25 | FUSION系 | Trackback | Comments(0) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/1747220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Light Mellow Ci... ページトップ Light Mellow Ci... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon