Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
THE BAD BOYS_MEET THE BAD BOYS! ◇ 2006年 01月 21日
e0081370_1511407.jpg 

今日は、私の住んでいる千葉県も朝から大雪です。外へ出かける気にもなれず、暇なので記事を1つUPする事にしました(笑)
カバー・アルバムの究極と言いましょうか、コピー・アルバムと言って良いでしょう。日本の音楽史上最強のビートルズのコピー・バンド、バッドボーイズの1stアルバムです。1973年にリリースされました。
メンバーは、廣田 龍人(ジョン)・清水 仁(ポール)・川端 孝博(ジョージ)・城間 正博(リンゴ)の4人です。あのオフ・コースの清水 仁が在籍していたバンドなのです。このバンドのコピーの具合といったら半端ではありません。このアルバムは、「MEET THE BEATLES」(日本盤)のジャケット、曲目、曲順に至るまで全く一緒です。ジャケ写真は、おそらく版権の問題で、清水 仁が指を口に当てているのでしょう。曲のコピーの仕方も凄いです。Please Please Meは歌詞もリードギターのフレーズも、本家・ビートルズと同じ個所をあえて間違えて演奏しているのです。こうなると笑ってしまいます(笑) ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーチンさえもが興味を持ったという話も残っているくらいのバンドなのです。

01. I Want To Hold Your Hand
02. She Loves You
03. From Me To You
04. Twist And Shout
05. Love Me Do
06. Baby It's You
07. Don't Bother Me
08. Please Please Me
09. I Saw Her Standing There
10. P.S. I Love You
11. Little Child
12. All My Loving
13. Hold Me Tight
14. Please Mister Postman

ビートルズに狂っていた中学生時代、1度彼等のライブを観た事があります。そのライブも凄かったです。ライブ開演前に、入場者にリクエスト用紙を配って演奏して欲しい曲を書いてもらい、本番中に籤のように箱からリクエスト用紙を引いてその曲を演奏してました。また、曲紹介も普通ではないんです。「次は、アビー・ロードのB面演ります!」みたいな感じなのです。もちろん、曲順まで全く本家と同じに演奏されます。ワクワクしながらライブを観ていたのを思い出しますね(笑)

このアルバムはオリジナル曲をプラスされてCD化されましたが、現在では入手困難だと思います。しかし、音楽配信サイトで配信されているようです。興味のある方、ビートルズ好きな方は聴いてみて下さい。笑えますよ。
[PR]
by kaz-shin | 2006-01-21 15:51 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(0) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2538127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< GEORGE DUKE_DRE... ページトップ GO! GO! SOUL TR... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon