Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
山中 のりまさ_Merry-Go-Round ◇ 2006年 02月 05日
e0081370_201112.jpg 

今回は、かなりマニアックです。ご存知な方は本当に少ないと思います(笑)
現在は、アレンジャーとして活躍しているらしい山中 のりまさ(紀昌)の1981年のデビュー・アルバムです。
プロデューサーは、あの村上"ポンタ"秀一。
このアルバムには、私にとっては記念すべき1枚です。実は、友人がアシスタント・エンジニアとしてアルバム・クレジットに記載された唯一のアルバムなのです。現在は、転職してしまいましたが・・・。友人としてこの事実が嬉しかったので、ご祝儀代わりに買ったものでした。
爽やかな声で、ポップな曲の書けるアーティストで好感が持てますが、このアルバムの目玉は村上 秀一の人脈の元に集まったミュージシャン達の豪華さでしょう。
ギタリストだけでも、大村 憲司、和田 アキラ、今 剛、鈴木 茂、鳥山 雄司、矢島 賢、安藤 まさひろという顔ぶれです。あとは、清水 信之、後藤 次利、富倉 安生等が参加しています。ギター・サウンドが中心になっているのは、容易に想像できるでしょう。

01. 夏の終わりに
02. 60's メロウ
03. クライ
04. バット・ラヴ
05. サンライズ・サンセット
06. ラヴ・ソング
07. サニー・ガール
08. 君のない夏
09. アゲイン
10. とき・・・

荘厳なオーケストラ演奏で始まる01は、アルバムのTOPにしては珍しいバラード曲です。
02は、どことなくビートルズっぽいメロディーの曲です。大村 雅朗のアレンジが、より一層ビートルズ色を強くしているようです。
03は、なんとギタリスト4人競演のロック色の強いナンバー。TOTOのサウンドを意識したような感じの仕上がりです。それにしても1曲に和田 アキラ、今 剛、安藤 まさひろ、鳥山 雄司の4人のギタリストを惜しげも無く起用しているなんて贅沢な話です。この曲のポンタのドラミングも凄いの一言。
70年代のニューミュージックの香り漂う04。
シングル・カットされた05は、いかにもCITY POP路線な曲です。清涼飲料水のCMに似合いそうなキャッチーなナンバーですね。
後藤 次利のアレンジの06も、CITY POPらしいミディアム・ナンバーです。
08は、清水 信之らしいPOPなアレンジの曲です。メロディーが何とも言えず心に残る、そんな感じの曲です。鳥山 雄司のJAZZYなソロが、夏の夕暮れを連想させます。
09は、バラード調からロック調へと何回か展開の変わる面白い構成のナンバーです。
最後は、ゆったりとしたバラード曲。

曲も粒揃いですし、歌も悪くないです。しかし、個性が無いという感じもします。売れるタイプのアーティストではないでしょうね。悪くないアルバムなんでお奨めしたいのですが、CD化されていません。当然と言えば当然かもしれませんが・・・(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-05 22:47 | PRODUCER | Trackback | Comments(12) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2676668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-02-06 15:40 x
うわ~、凄く豪華なミュージシャン達。
「山中のりまさに覚えがあるぞ!
もしかしてテープで持ってるかも知れない。」
と、思ってコレクションを調べたらありました。
レンタルで借りたときに聞いただけでした。(^_^ゞ

ミュージシャンのクレジットは書いているんですけど、
プロデューサーの名前は書いてないです。(苦笑)
一度聞いてみます。
Commented by kaz-shin at 2006-02-06 20:06
WESINGさん、こんばんは。
もしかしたらWESINGさんならご存知かも・・・と思っておりましたが、
やはりご存知でしたか!驚きです。
このアルバムは、買った当時は正直良いと思わなかったんですよ。
最近20数年ぶりで聴いてみたら、悪くないんですね。
好みが変わったのでしょうか。こういうアルバムが結構あります。
Producerが村上 秀一さん、Co-Producerが清水 信之さんで
メンバーも書いた通りのまさしく豪華絢爛な1枚ですね。
聴いたらまた感想聞かせて下さいね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-02-06 23:22
こんばんは!
この山中のりまさのアナログ、持っております。どうやって入手したんだ?このようなジャパニーズ・レア・AORシリーズとしてCD化されるとうれしいのですが、まず無理かな?
当時はこう言った今風に言うとレアAORシンガーってかなり男女問わず存在していると思いますので是非、CD化してほしいけど。無理だろうなー。
Commented by kaz-shin at 2006-02-06 23:47
daisukeさん、こんばんは。
おお!アルバム持ってましたか~。結構人気あったのかな?
私は全然知らずに友人が関係していたんで購入しただけなんですよ(恥)
CD化して欲しいアーティストって大勢いますよね。でも、売上が見込めな
いとまず無理でしょうね。寂しい話ですけどね。
Commented by WESING at 2006-02-07 23:40 x
早速聞いてみました。
いきなりのバラードでしたね。(笑)
これで、ボーカリスト・タイプの人かと思ったら、
一般的なシンガー・ソング・ライターでしたね。
全体的に僕にはギター演奏が心地良かったです。
Commented by kaz-shin at 2006-02-07 23:59
WESINGさん、こんばんは。
>一般的なシンガー・ソング・ライターでしたね。
そうなんですよ。曲自体もそれほど悪くないと思うんですけどね。
ボーカルに個性を感じないというのが弱みかなと思います。
ギター演奏はかなり良いですね。参加している全員のソロが聴けますし、
1曲で必ず2~3名のギタリストが演奏してますから。
少し、アレンジに懲りすぎたのかもしれませんね。
Commented by WESING at 2006-02-09 17:29 x
> 山中 のりまさ(紀昌)

当時のFM雑誌の付録のディスコグラフィーを見ると、
8月21日のリリースとなってました。
それと、「のりまさ」は漢字表記だと「宣正」となってましたよ。
雑誌が間違っている可能性もあるし、
最近では「紀昌」という表記なのかもしれませんが。
Commented by kaz-shin at 2006-02-10 09:10
WESINGさん、いつもありがとうございます。
漢字は「宣正」が正しいかもしれませんね。調べていただいて恐縮です。
以前、ガイド本だったかに「紀昌」の表記があったように記憶していたの
で・・・。今度からよく調べてから書く事にしますね。
ありがとうございました。
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2009-05-02 06:20 x
私は音楽に詳しくないんですが実はこの人の存在は子供の頃から知ってました…というより正確にはKazさんのこの記事でようやくどういう人なのか子供の頃からの長年の謎が解けました(笑)といいますのもこの人は「夢戦士ウィングマン」と言うアニメのED曲を歌っていてさらにその曲の作者は林さんなんです。(リンクしておきました。もしよろしければご覧下さい。ED曲は1分25秒過ぎです。ちなみにOP・ED曲とも詞・曲・編は竜真知子・林哲司・奥慶一です。山中さんの声ですか?)私はアニメにまったく詳しくありませんが(ここ重要!)特にED曲はアニメファンには隠れた名曲として評価が高い曲なんですよ。華やかな歌声と林さんの曲で子供の頃からお気に入りなんですが、山中さんはその後一般の音楽シーンでもアニソン界でもこれきりでまったく名前をみないものですからどういう人なんだろう?って疑問だった所、Kazさんのご友人さんも関わっていたこういうアルバムを発表してる人だったんですねぇ。マイナーすぎてCD化は夢のまた夢でしょうけど(苦笑歌声が好きな人なものなので是非)聴いてみたいものですね。
Commented by kotaro at 2009-05-02 08:33 x
いま頃書くのもなんですが
ラジオCMの「♪サンライズ サンセット〜やまなかのりまさ
〜やった!」というコピーだけおぼえていますよ。

つまらない話題ですいません。
多分オールナイトニッポン(タモリかビートたけしか)の番組中でしょ。
Commented by kaz-shin at 2009-05-03 11:40
哲学者になりたい猫さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
リンク先のYou Tube観ました。歌声は確かに山中さんですね。
ポンタさんの人脈で集まった豪華なミュージシャン。
これだけでもかなり力を入れて制作されたのが分かりますが、残念ながらヒットには至らなかったように記憶してます。
CD化は難しいでしょうね(笑)

それにしてもアニメのED曲、結構良い曲ですね~。
アニメに似合っていたかどうかは不明ですが・・・(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-05-03 11:52
kotaroさん、コメントありがとうございます。
>「♪サンライズ サンセット〜やまなかのりまさ~やった!」
確かに流れてました!懐かしい!
記憶が蘇りました。ありがとうございました。
<< KAZUMI & THE GE... ページトップ Hi-Fi SET_Pasad... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon