Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
KAZUMI & THE GENTLE THOUGHTS_MERMAID BOULEVARD ◇ 2006年 02月 06日
e0081370_2133991.jpg 

私がFUSIONに興味を持ったのは、1977年にリリースされたリー・リトナーの『Gentle Thoughts』を聴いたのがきっかけでした。歌の無い音楽でも、こんなに楽しい音楽があるんだと驚いた事を思い出します。
そして、『オリーブス・ステップ』で注目を集めていた渡辺 香津美がそのリトナーと競演という事で喜んで飛びついたアルバムが、1978年にリリースされたこの『MERMAID BOULEVARD』でした。
リトナーは、L.A.ではそこそこの知名度だったらしいですが、アメリカ全体から見れば無名に近い状態でした。むしろその評価は、日本の方が高かったはずです。この頃は毎年のように来日して、ライブや日本のアーティストとの競演のアルバムを出していました。ほとんど出稼ぎという感じでしょうか(笑)
以前紹介した『アランフェス協奏曲』もそんなアルバムの1枚ですね。

メンバーは、
渡辺 香津美(g)
LEE RITENOUR(g)
PATRICE RUSHEN(key)
ERNIE WATTS(ts,fl)
STEVE FORMAN(per)
ANTHONY JACKSON(b)
HARVEY MAISON(ds)
深町 純(key)
吉田 美奈子(vo)

ジェントル・ソウツのキーボードと言うとデイヴ・グルーシンを想像しますが、オリジナル・メンバーであるパトリース・ラッシェンが参加しているのが嬉しいですね。本当によく聴いたアルバムです。

01. MERMAID BOULVARD
02. NEPTUNE
03. WALTZ FOR SWEET
04. "Q"
05. SUGAR LOAF EXPRESS
06. POPPY'S WALK
07. GENTLE AFTERNOON

イントロのアルペジオが印象的な01は、当時ギターに熱中していた頃に必死にコピーしていた曲です。
しかし、アル・ディ・メオラとパコ・デ・ルシアを知ってからは、ギターへの熱が冷めました。
無理です、あれを弾くのは(笑)
02は、1977年にリリースされた『GUITAR WORKSHOP Vol.1』に収録されていた曲のリトナー・アレンジ・バージョンです。オリジナルとは異なり、ラテン風になっています。
美しいアコースティック・ギター2本による03は、ウイスキーのCMやコーヒーのCMに使ったら似合いそうなナンバーだと思います。
リトナー節全開のカッティングで始まる04は、ブラザーズ・ジョンソンの名曲です。吉田 美奈子さんの声が美しいナンバー。
リトナーのオリジナル曲として有名な05。リトナーよりもJAZZYな渡辺 香津美のプレイが光る曲ですね。アーニー・ワッツとのユニゾンもばっちり決まっています。
何となくユーモラスな雰囲気の06。
またも『GUITAR WORKSHOP Vol.1』に収録されていた名曲07。イントロや終盤でのリフが印象的です。アレンジによって表情が本当に変わるので面白いですね。パトリース・ラッシェンのソロも堪能できる曲です。

FUSIONという音楽の面白さを教えてくれた大事な1枚になっています。1977~80年頃にリリースされたアルバムには、今でも聴きつづけていて自分にとって重要なアルバムが不思議と多いです。良い時代にリアル・タイムで体感できて良かったと思います。
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-06 22:46 | FUSION系 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2686116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by FUSION at 2006-02-07 21:19 x
お邪魔します。
この作品は残念ながらカセットテープでしか持っていないのですが、今でもたまに聴きます。「オリーブス・ステップ」の印象が強かったのかチョッとポップ?に感じますね。でも、この作品から香津美さんの ”外人レスラーとの格闘技(笑)” が幕を開けた感じです。

…<FUSIONという音楽の面白さを教えてくれた大事な1枚になっています。>…想い出の作品はいつまでも色褪せませんよね。大切な事ですね。
Commented by kaz-shin at 2006-02-07 22:56
FUSIONさん、暖かいコメントありがとうございます。
この頃、FUSIONに出会った事で音楽の聴き方が一変したんです。
主人公ばかりでなく、バイ・プレイヤーにも目を向けるようになったと
言うか・・・。むしろ、バイ・プレイヤー次第で主人公が輝くものなんだ
と教えてもらいました。
このアルバムを聴いて、楽器も歌うんだなって知りました。
良い時代に音楽を聴いてこれたとつくづく思いますね。
Commented by まるいチーズ at 2011-09-22 08:12 x
おはようございます
すっかりごぶさたしております。最近仕事が忙しくてなかなかお邪魔できませんでした。
それはさておき、このアルバムですが、ソニーのオーダーメイドクラブで復刻されそうです!香津美さんの作品の中では何故か再発されない1枚、ここを逃すとまずいかも(笑)ぜひ1票を!
リー・リトナーのダイレクト・ディスクも再発されますね(なんと1枚目のテイク2を含む!)即効で予約してしまいました(汗)
Commented by kaz-shin at 2011-09-23 22:10
まるいチーズさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お久しぶりでした。相変わらず忙しそうですね。ご自愛下さい。

早速1票入れてきました、と言うより注文ですよね?(笑)
このCDもずっと探していた1枚なので、復刻してくれると嬉しいです。
<< DRIVING MUSIC -... ページトップ 山中 のりまさ_Merry-G... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon