Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
DRIVING MUSIC - 黄昏ゆく瞬間 - ◇ 2006年 02月 07日
e0081370_2355727.jpg 

BOOK OFFの250円のコーナーでは、本当に面白いものが発掘できますね。その面白さだけに惹かれて購入する場合も多いです。そんな中でも、ARCという会社が出しているコンピを何枚か持っているのですが、アルバム・タイトルと選曲に脈絡があるような、無いようなという微妙なものがあります。
今回は、そんな250円アルバムを紹介します。
多分、駅構内でワゴンで売ってる類のCDだとは思うのですが、定価は一応2,400円になっています(笑)
コンパイラーの意図するものが何か、おわかりになりますか?私ならこのアルバム・タイトルでこういう選曲はしませんね(笑)

01. 涙の口づけ / マンハッタンズ
02. キャサリン / アール・クルー
03. ジャヴァ・ジャイヴ / マンハッタン・トランスファー
04. ブリージン / ジョージ・ベンソン
05. ナイト・クラウラー / クルセイダース
06. 孤独の夜明け / ボブ・ジェームス
07. 可愛いアイシャ / リー・リトナー
08. タキシード・ジャンクション / マンハッタン・トランスファー
09. ハート / マンハッタンズ
10. サン・ソング / リー・リトナー
11. オペレイター / マンハッタン・トランスファー
12. 宝島 / ボブ・ジェームス
13. ダンス・ウィズ・ミー / アール・クルー
14. エル・ベラノ / ボブ・ジェームス
15. ラヴ・ソングはお好き? / マンハッタンズ
16. 愛するレディ / ジョージ・ベンソン

収録されている曲自体は良いんです。ただ、FUSION系のコンピかなと思うとマンハッタンズが登場したり・・・、曲順がまた微妙なんですね。アルバム・タイトルの『DRIVING MUSIC - 黄昏ゆく瞬間 -』というイメージが聴いていてもわいてこない不思議なコンピ・アルバムです。
もちろん曲によってはイメージ通りのものがあるのですが、アルバムを通してだとそのイメージが希薄なんですね。非常に面白いアルバムです。
自分で作るコンピ・アルバム用の音源として使えるし、250円なので満足していますけど(笑)

実は、このARCという会社のコンピをもう1枚持っていまして、こちらの方が今回紹介したものより難解なアルバムです。タイトルは『SUMMER LOVE SOUND - 夏、恋、海 -』。これは、かなり強烈でした(笑)
別の機会に紹介するのでお楽しみに!
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-07 23:34 | 250 - BOOK OFF | Trackback(2) | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2695987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2006-02-26 00:17
タイトル : Earl Klugh 「Finger Paintings..
インスト・ギタリスト、アール・クルーの1977年の大ヒットアルバム 私のなかではラリー・カールトン以上に大好きなギタリスト、アール・クルー。アール・クルーのどこがいいのか。それは彼のメロディアスなギター、楽曲にあります。 デビュー以来、彼は徹底してアコースティック・ギターに拘ってます。フュージョンという音楽は心の清涼剤ともいえますが、彼の音楽はその典型例です。 フュージョン音楽史において、アコースティック・ギターでここまでやってくれた人は彼が始めてでしょう。 本作は1977年に発表され...... more
Tracked from FUSION (フュージ.. at 2007-03-03 20:06
タイトル : 不可思議なCD
CDをレヴューする時、当然ですが下調べとして情報収集します。個人(私)の知識だけ... more
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-02-08 23:29
またまたこんばんは!
これジャケットいいですねー(笑)
どうも僕は¥250コーナーにはいいCDと出会いが少ないですね。
このジャケ見たら一発で買っちゃうのに(笑)
「夏、恋、海」のご紹介、楽しみにお待ちしております。
確かにオフの安棚コーナーは面白い!
Commented by kaz-shin at 2006-02-09 00:04
こんばんは。コメントありがとうございます。
ジャケットと中身のイメージの合わないところもまた良しという感じです(笑)
安棚コーナーでは、つい怪しいCDに手が伸びてしまいますね。
あと、その他コーナーも見逃せませんね。たまに何でこれがその他コーナーに?というのがありますので・・・。
以前、安部 恭弘さんの『BEST COLLECTION』が750円で、その他
コーナーに混じってました。その頃は、このCDはネット・オークションでも
5,000円位してました。
BOOK OFFの場合、時間の許す限り隅から隅まで見ないといけませんね。
Commented by FUSION at 2007-03-03 20:04 x
お邪魔します。
先程はTB&情報有難う御座いました。

こちらも実にバラエティーに富んだ面白いコンピ盤ですね。ミュージシャンの面々が実に興味深いですね。この一枚でこの方々の音楽を聴けるのですから・・・恐るべしARCですネ。
『SUMMER LOVE SOUND - 夏、恋、海 -』こちらも期待しています(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-03-03 21:46
FUSIONさん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
ARCという会社のコンピは、今でもBOOK OFFで見かけますね。
大抵250円程度で売られているので、ドライブ用に結構重宝しています(笑)
ただ、アルバム・タイトルと選曲とのギャップが凄かったりしますよ。
今度問題の『SUMMER LOVE SOUND - 夏、恋、海 -』を紹介しますね。
Commented at 2012-04-17 11:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-17 11:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 岩崎 元是 & WINDY_f... ページトップ KAZUMI & THE GE... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon