Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
香坂 みゆき_FAIRWAY ◇ 2006年 02月 10日
e0081370_9304183.jpg 

アイドル歌手の中において、ボーカリストとしての実力が高い歌手も沢山います。そんな歌手の中でも私が1番すきなのが香坂 みゆきです。実力も作品も素晴らしいものが多い割に、あまり人気もセールスも今ひとつだったのは残念に思います。
このアルバムは、1985年にリリースされました。私が香坂 みゆきに出会った最初のアルバムです。
彼女の表現豊かで、声量のあるボーカルに驚かされたのを憶えています。

このアルバムは、アナログ盤A面の5曲の作曲を村田 和人、アレンジをセンチメンタル・シティ・ロマンス(一部を西本 明)が担当しています。実に素晴らしいメロディー、演奏が聴けます。
アナログ盤B面5曲は、広谷 順子、佐藤 健、濱田 金吾、小林 明子といった作家陣の作曲による作品が収められています。
A面とB面とで雰囲気が変わります。例えて言うなら、A面は、ウェスト・コースト・ロック色の強いアーティスト・サイド、B面は、バラエティ豊かなアイドル・サイドといった感じでしょうか・・・。
特にA面5曲の出来が素晴らしいアルバムです。

01. HORIZON
02. WOW WO TRAIN
03. SEASON OFF
04. 上昇気流からI LOVE YOU
05. 渚から
06. SUMMER DAYS
07. 晴れてよ!BOY
08. 街翳ロンリネス
09. TRAVELLER
10. 夢のかがり角

西本 明によるシンセ・オーケストレーションが、広大な平野に朝日が昇る雰囲気を醸し出し、続いてハードな音色のギターで始まる01は、シングルにもなった名曲です。村田節全開な曲で、村田 和人も1986年リリースの自身のアルバム『Showdown』の中で、歌詞を変えて「オーリアンズ~想い出のオーリアンズ」という曲でセルフ・カバーしています。
香坂 みゆきによる多重コーラスではじまる02は、軽快なポップ・ロックです。これも村田 和人らしいメロディーのナンバーです。
センチメンタル・シティ・ロマンスの奏でるアコースティック・サウンドが、ウェスト・コーストの風を感じさせるような爽やかなナンバー03。サビのメロディーがキャッチーです。
コーラス・ワークが見事な04は、センチメンタル・シティ・ロマンスらしさ全開のアレンジになっています。
05は、まさに名曲と信じて疑わないバラード曲です。メロディーが美しい曲ですが、特筆すべきは香坂 みゆきのしっとりとしたボーカルでしょう。実に上手いです。夕暮れ時、海辺で聴いたら鳥肌立ちますよ、きっと(笑)
以上アナログ盤A面5曲の完成度が実に高いですね。
一転してシンセのリズムで始まる06は、テクノ路線の曲です。ロバート・ブリルのタイトなドラミングは、打ち込みのように聞えます。
ビーチ・ボーイズ風な07は、明るいナンバーです。コーラスにセンチの面々に村田 和人、広谷 順子、木戸 やすひろ等総勢9人のコーラスが圧巻です。
濱田 金吾の作曲による08は、まさにシティ・ポップなメロウ・ナンバーです。濱田 金吾は良い曲を書きます。
ウェスト・コースト風な作品09。良い曲ですが、打ち込み主体のリズムが残念な気がします。
小林 明子作曲のバラード曲10。この手のバラード曲を歌わすと香坂 みゆきは抜群ですね。広谷 順子、ラジ、小林 明子の3人によるコーラスというのも贅沢ですね。北島 健二のギターが地味ながらいい味出しています。

アイドルのアルバムで片付けてしまうには、あまりに失礼な気がします。楽曲、演奏、ボーカルのどれを取っても質の高い1枚です。
CD化されているはずですが、入手は難しいかもしれません。もし、中古店で見かけたらぜひ買って下さい。前半5曲だけでも聴く価値はありますよ。
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-10 10:35 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback(1) | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2716589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アイドル芸能Shop at 2006-04-17 12:04
タイトル : 香坂みゆき
香坂みゆき... more
Commented by WESING at 2006-02-10 17:16 x
香坂みゆきさんのデビュー時からずっとシングル、LP盤ともに買ってました。もちろんこのアルバムはCDで買いましたが、う~ん、あまり聞いてません。(^_^;
この頃から、単にボーカル物をあまり聞かなくなったということなんですけど、これより後に出た「カントス」のシリーズが良いですよね。
何年頃だったか、無料の野外ライブに行ったことがあります。
カメラ小僧がステージ前を陣取ってました。(笑)
オープンな場所なので、ライブ終了後の引き上げていく姿を見ましたが、
にこりともせず、つんとした感じで見た目の印象は悪かったです。(苦笑)
Commented by kaz-shin at 2006-02-10 17:51
WESINGさん、こんばんは。
WESINGさんは、アイドル系も強いんですね。驚きです。
香坂さんのデビューからというと、1977年頃からですか?
凄いですね。このアルバムは、アナログ盤しか持ってません。
A面ばかりを繰り返し聴いてましたね。
「カントス」シリーズは、以前ここでも取り上げましたが、選曲・アレンジ・
歌唱全てにおいて良いカバー・アルバムですね。
<< Toshiki Kadomat... ページトップ 岩崎 元是 & WINDY_f... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon