Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
高中 正義 with SADISTICS_READY TO FLY / THE BEST ◇ 2006年 02月 25日
e0081370_20479.jpg 

私の家の近所にあるBOOK OFFは、いわゆる小型店舗です。安いCDが陳列してある棚には、通常250円~750円の幅がある事が多いのですが、そのお店は250円で均一なんです。私が購入する250円のCDは、その7~8割がそのお店で購入したものです(笑)
ただ、いつもお宝が見つかる訳はありません。こまめに店に通って見つけたものが多いですね。今回紹介するアルバムは、1986年にリリースされた高中 正義のベスト盤です。サディスティックスの在籍中の音源、ビクター・インヴィテーションからリリースされた音源を集めたものです。

01. 香港戀歌
02. 今頃君は・・・
03. CLOSE YOUR EYES
04. RAINBOW
05. あこがれのセイシェル
06. MAMBO JAMBO
07. SAMBA PATI
08. BLUE CURCAO
09. THE TOKYO TASTE
10. READY TO FLY

01、02は、サディスティックスの1stアルバム『SADISTICS』からのボーカル曲です。01ではラジとデュエットしています。チャンキーな雰囲気の曲。02は、Driving Musicとして最適な軽快なPOPチューンです。2曲とも作詞は高橋 幸宏。
03は、名盤『WE ARE JUST TAKING OFF』からのナンバー。夏の夕暮れの浜辺をイメージさせる心地良いナンバーです。後藤 次利のベースが地味なんですが印象的です。
04は、1978年にリリースされた教則CD的な企画アルバム『ON GUITAR』より。高中のオリジナル曲で、軽快なFUSIONという感じですね。
05は、サディスティックスの唯一のライブ盤『Live Show』の中からの曲。高中の1stソロ・アルバムに「憧れのセーシェル諸島」として収録されていました。ツイン・ドラムの贅沢なリズムに乗って、高中のギター、後藤のベース、今井のローズが気持ち良さそうに歌っています。
06、07は、再び『ON GUITAR』からのナンバーです。06は、お得意のマンボ・スタイルです。 ここで聴けるギターは、いかにも高中らしいスタイルですね。07は、サンタナのカバー曲です。
名曲08は、『ON GUITAR』にも収録されていますが、イントロ部で「ノるぞ!」という掛け声の入る『WE ARE JUST TAKING OFF』バージョンが収録されています。
CITY POPの名曲09は、何故この曲を高中のベスト盤に収録したのか疑問が残りますが・・・。
『SADISTICS』からのナンバーですが、この曲はやはりラジの『HEART TO HEART』に収録されているバージョンを聴いてみて下さい。しかし、お洒落な曲というのがぴったりなナンバーです。
最後は、『Live Show』からの選曲です。この曲も2ndソロに収録された名曲であり、代表曲の一つと言えるナンバーですね。ライブならではの迫力があります。

1986年にリリースされたと言うことは、高中人気に便乗してビクターが出したのではないかという気がしますが・・・どうなんでしょうか(笑)
でも、キティ時代以降のベスト盤は数多いですが、ビクター音源で選曲も良いですし、そして何より250円で入手できたのですから不満なぞある訳がありません。
探せば安く良いアルバムが入手できるのですから、音楽好きにはありがたい事です。
BOOK OFFに感謝せねば!
[PR]
by kaz-shin | 2006-02-25 03:15 | 250 - BOOK OFF | Trackback(1) | Comments(10) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2843595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ギタリスト.net at 2006-04-16 18:40
タイトル : 高中 正義
フュージョン界きってのテクニシャン。独特の存在感があるフレーズは、彼の異名となる虹色(レインボー)の響きを持っている。... more
Commented by smiletiny at 2006-02-25 05:22
こんにちは
じつはわたし高中狂でもあるんです
このCDは持ってないけど
そろってますよぉ LP&CD
黒船。涙モノっす
CMでタイムマシンにお願いが聴けるらしいし
復活?とか言われてますね、ミカバンド。
250円コーナーに高中があったら、買い占めてしまいます
なんで250円なんだよぉかわいそ・・・だから!
Commented by WESING at 2006-02-25 11:41 x
高中さんのベスト盤はかなり多いですよね。
未発表曲や別バージョンなどが含まれない限り買うことはないです。
うわぉー!
と、思ったら、このCD買ってるじゃない。3200円もしたのに。(苦笑)
CD化が盛んになった頃で、レコードは持ってるし、
とりあえずベスト盤をと思って買ったのかな。
高中さんの多くのCDは1500円で出た時に一挙に揃えました。

> 05は、サディスティックスの唯一のライブ盤『Live Show』の中からの曲。後に高中の1stソロ・アルバムに「憧れのセーシェル諸島」とタイトルを変更して収録されました。

高中さんのファーストはサディスティックスより前ですよ。
Commented by kaz-shin at 2006-02-25 22:58
smiletinyさん、こんばんは。
早朝からご覧下さってありがとうございます。
好きなアーティストの作品が250円というのは、確かに悲しいですよね。
でも、新しい音楽との出会いが250円であるというのも魅力だと思うんですね。
色んな人に、色んな音楽に接して欲しいと思っているので、沢山の人に
活用して欲しいなぁとは思います。
1番活用してるのは、自分なんですけどね(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-02-25 23:04
WESINGさん、こんばんは。
またもご指摘ありがとうございました。
記事を一部訂正しておきました。
私の感覚がおかしいかもしれませんが、欲しいと思ったり、聴きたいと
思うと迷わず購入するタイプなので、後に安く売られていてもあまり後悔
しないんですよ(笑)
こういう良いモノを見つけてるのも偶然ですからね。なかなか狙って、見つかる
ものではないですね。
Commented by ひと at 2006-02-25 23:53 x
もう記憶が定かではないのですがサディスティックスのライブで思い出す
ことを書いてみます。4人プラス斎藤ノブと浜口茂外也のパーカッション、
桑名晴子がコーラス、ステージには椰子の木というのが基本形で、毎回
ポンタ、森園勝敏などちょっと彼らのサウンドには??なゲストが出てい
ました。今はない横浜野外音楽堂のときは『勝手にシンドバッド』のアレン
を斉藤ノブがやった縁なのかデビュー間もないサザンオールスターズが
前座で出演しました。音楽より松田優作の物まねなどおちゃらけが印象
に残っています。そしてステージの引き際に桑田が叫びました。『鈴木
茂万歳!』、『ティンパンアレイ万歳!』。彼は信者だったのです。
Commented by WESING at 2006-02-25 23:57 x
欲しいと思ったり、聴きたいと思ったときに買うのがベストだと思います。僕も廃盤になったら困るからと思って買っていたので、買ったことに後悔はしてないですよ。
これからは僕も安いのを探そうと思ったり。(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-02-26 00:07
ひとさん、こんばんは。
非常に興味深いエピソードをありがとうございます。
当時音楽を聴くことばかりで、ライブへ足へ運ぶという機会がほとんど
無かったので羨ましい限りです。
鈴木 茂って私の中では、職人なんです(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-02-26 00:10
WESINGさん、ぜひ安くて良いモノ見つけて下さい(笑)
期待はしてなくても、安いからと思って購入して、聴いてみたら凄く良かったと
いう事が結構ありますから・・・。
Commented by ひと at 2006-03-01 15:08 x
キリンビールのCM見ましたか?
ミカバンドとパラシュート(ドラマー違い)ですよお。
Commented by kaz-shin at 2006-03-01 20:40
ひとさん、こんばんは。
ミカバンド編は何回か見たんですが、寺尾聡編はまだ見てないですね。
演奏がTVから流れてくると、何をしていてもTVを見てしまいます(笑)
あの頃の音楽が、体に染み込んでるのでしょうね。
パラシュート編も早く見てみたい。
<< つのだ☆ひろ_ゴールデン☆ベスト ページトップ ACOUSTIC GUITAR... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon