Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
小田 裕一郎_ODA ◇ 2006年 03月 01日
e0081370_23113461.jpg 

現在も作曲家、アーティストとして活躍している小田 裕一郎の1stアルバムです。1984年のリリース。小田 裕一郎の名前を知ったのは、やはり作曲家としてでした。70年代終わり頃のサーカスの「アメリカン・フィーリング」が最初だったと記憶しています。そして80年代に入り、松田 聖子の「裸足の季節」や「青い珊瑚礁」や田原 俊彦の「恋=DO!」、杏里の「Cat's Eye」等のヒット曲を量産しており、注目していた作曲家の一人でした。そんな彼がアーティスト・デビューするという事で興味津々でアルバムを購入しました。
ポップでキャッチーなメロディーを書くという点では、作曲家としての彼の一面がよくでています。しかし、自分の為に書いた曲はあきらかにヒットを狙ったものではありません。これだけのヒット・メーカーならば、それなりの曲を書けるはずでが、このアルバムの中の曲はそういう狙いは感じられません。自分の歌いたい曲を書いたという感じがします。

いかにも80年代らしい豪華メンバーで、レコード会社の意気込みすら感じます。
Guitar : Larry Carlton、Paul Jackson Jr.、今 剛、松原 正樹、鳥山 雄司
Bass : Louis Johnson、渡辺 直樹
Drums : Stephen Ferrone、青山 純、岡本 敦男
Keyboard : George Duke、大谷 和夫、富樫 春生
Sax : Jerry Peterson、Ernie Watts
収録曲の中の2曲をジョージ・デュークがプロデュースしています。

01. I Me Mine
02. Spanish Girl
03. Touch Me
04. Baby Jane
05. Fashion Music
06. Watch Out
07. Dream Hunter
08. Tsumetai Bed
09. One night stand ~ Hi Hi
10. Game Is Over

軽快なポップ・ナンバー01。
青山 純のタイトなドラムが印象的な02は、怪しげな雰囲気のある面白い曲です。
ラリー・カールトンのギターがフィーチャーされた03。メロウなナンバー。
G.デュークのプロデュース曲04は、コミカルな感じのアレンジとオールディーズ風なメロディーがこの曲の特徴でしょう。
CITY POPな曲05は、松原・今のコンビのギター・サウンドがぴったり嵌ってる曲です。
06もG.デュークのプロデュース曲。デュークらしいFUNKYなアレンジが良く、ポール・ジャクソンのカッティングとルイス・ジョンソンのチョッパーが聴き所ですね。
打ち込みっぽいビートのいかにも80年代っぽいポップなナンバー07。
08もラリー・カールトンの渋いギターが聴けます。キャッチーなメロディーが特徴です。
曲の最初のJAZZYなギター・ソロは小田自身が弾いている09。アーニー・ワッツのサックスをフィーチャーしたポップ・ロックなナンバー。
アルバム中1番歌謡曲路線のナンバー10。鳥山 雄司のギター・ソロの美しい曲です。

お世辞にも歌が上手いとは言えませんが、声の甘さでカバーしている気がします。
ソング・ライターとしては、さすがにどの曲も馴染みやすいです。特にサビのメロディーは、1度聴けば口ずさめる程キャッチーなものばかり。さすがヒット・メーカーだと思いますね。
残念なのは、アレンジです。これだけのメンバーを揃えながら、そのメンバー達を活かしきれていないように思えてなりません。バブリー感はあるのですけどね(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-03-01 00:23 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2876032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by smiletiny at 2006-03-01 07:24
こんにちは
あ…このCDとてもほしいです、LPはあるのですが
そうですね、歌はうまいとは言えないです、うん。
Touch Me  Game Is Over には うっとりしたものです
どこに行けばめぐりあえるのでしょうかー
ほしいー♪
Commented by WESING at 2006-03-01 17:15 x
これはCD化されているんですか?
LPは買ったけど、特に気に入ったわけでもないので、CDが欲しいとは思いませんでした。
あまり気にしてませんでしたが、もしCD化されていたとしても'90年代以降ですよね?
2枚目3枚目はCDで買いましたが、1枚目はなかなかCD化されなかったような気がします。
Commented by kaz-shin at 2006-03-01 20:37
smiletinyさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
私もLPしか所有してなかったんですけど、BOOK OFFで見つけたんです。
その後、BOOK OFFで何回か見かけたんで探せば見つかると思いますよ。
Commented by kaz-shin at 2006-03-01 20:49
WESINGさん、コメントありがとうございます。
ずっとLPしか所有してなかったんですが、1年位前にBOOK OFFで
みつけました。
私は2nd、3rdは聴いたことがないんで、ぜひ聴いてみたいですね。
どちらかというと3枚目を。
<< 中森 明菜_BITTER AN... ページトップ ERIC TAGG_DREAM... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon