Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
稲垣 潤一_NEW BEST NOW ◇ 2006年 03月 10日
e0081370_234068.jpg 

1987年にリリースされた稲垣 潤一のベスト盤です。好きなシングル盤を何枚か所有している位で、アルバムはほとんど聴いたことがありませんでした。こういうアーティストの場合、ベスト盤というのはありがたいものです。所有していたシングル・レコードがCDで聴けますし、知らない曲で好きなタイプの曲が見つかって興味を持った場合にアルバムを選ぶ基準にもなります。
このベスト盤は、BOOK OFFで750円位で入手しました。稲垣 潤一のアルバムは、BOOK OFFでも比較的安く入手できるので遡って聴いてみようかなと思っています。
結構ポップで親しみやすいメロディーの曲が多いので、このベスト盤は結構気に入ってます。

01. オーシャン・ブルー
02. ドラマティック・レイン
03. エスケイプ
04. シーサイド・ショット
05. SHYLIGHTS
06. ロング・バージョン
07. 月曜日にはバラを
08. UP TO YOU
09. バチュラー・ガール
10. 楽園伝説
11. 夏の行方
12. 夏のクラクション
13. 雨のリグレット
14. 言い出せなくて

全14曲中、稲垣 潤一の自作曲は2曲のみです。その他の曲は、筒美 京平をはじめとした有名な作曲家やアーティストによる提供曲で占められています。おそらこんな所が私の中で、稲垣 潤一をアーティストというよりもボーカリストというイメージが強いのかもしれません。
今回はお気に入りの曲のみレビューしたいと思います。

作詞・作曲:松任谷 由実、編曲:松任谷 正隆の01。サビのメロディーがいかにもユーミンらしいポップな曲です。稲垣 潤一の声によく似合っている曲ではないでしょうか。波のSEやユーミンの声も少し聴くことができます。
06は、私の好きなアーティスト、安部 恭弘作曲です。編曲は井上 鑑。ボサノバのリズムと哀愁のあるメロディーがよくマッチしている曲です。
作詞:秋元 康、作曲:稲垣 潤一、編曲:TOPICSの08は、ミュージシャン・クレジットが記載されていなので何とも言えませんがパラシュート・サウンドっぽいですね。ポップな曲で、どことなくユーミンが書きそうなメロディーです。
作詞:松本 隆、作曲:大瀧 詠一、編曲:井上 鑑の09は、当然ですがナイアガラ・サウンド風です。クレジットを確認しなくても大瀧 詠一の曲だとわかります(笑)
10も稲垣 潤一の自作曲ですが、なかなか雰囲気のあるサマー・ソングです。最初に聴いた時は、てっきりブレッド&バターの提供曲かと思いました。ブレバタ風味たっぷりの曲で、間奏のアコースティック・ギター・ソロが良いですね。
さすが筒美 京平は良い曲書くなと感心させられた12。
デビュー曲である13は、好きでシングル・レコードを買ったほどでした。元オフ・コースの松尾 一彦の作曲です。サビの部分のアレンジ(井上 鑑です)が、もろドゥービー・ブラザーズの「What A FOOL Believes」なのが微笑ましいですが好きな曲です。

好きな曲だけをピック・アップしましたが、その他の曲が決して悪い訳ではありません。むしろどの曲も聴きやすく、親しみやすい曲ばかりです。独特な声も慣れると良い意味で持ち味として感じることができました。
オリジナル・アルバムを聴いてみたくなりました。もしお薦めのアルバムがあれば、教えて下さると助かります。よろしくお願いします。
[PR]
by kaz-shin | 2006-03-10 00:05 | ベスト盤 | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2949248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-03-10 16:59 x
稲垣さんの声が好きで、楽曲も馴染みやすい良いメロディーが多くて、
なのに1枚もシングル及びアルバムは持ってません。(^_^;
デビュー・アルバムから7枚レンタルしてますね。
本当にレンタル・レコードの出現には助かってます。(^_^ヾ

「UP TO YOU」は僕の記録ではTOPICSのアレンジ(たぶん演奏も)なんですけど、僕が書き間違いしていたのか、CDがミスしているのか、それとも、別バージョンがあるのか、気になります。

どのアルバムがお薦めと言うのはないんですけど、
見つけたアルバムから買ったので良いと思います。

僕がレンタルしたどのアルバムもほとんど同じメンバーでの演奏です。
(ライブ・アルバムは除く)
井上鑑、今剛、林立夫、山木秀夫、岡沢茂、高水健司、浜口茂外也、その他(松任谷正隆、鈴木茂、青山純、美久月千晴、斉藤ノブ、など)、そしてコーラスの人ですね。
Commented by kaz-shin at 2006-03-10 18:48
WESINGさん、こんばんは。
ご指摘と情報ありがとうございます。ご指摘通り、「UP TO YOU」は
TOPICSのアレンジでした。訂正させてもらいました。
井上 鑑さんのアレンジが多いので、ミュージシャンの顔ぶれは大体
想像つきますね、今度アルバム買って聴いてみます。
ありがとうございました。
Commented by smiletiny at 2006-03-11 08:38
こんにちは。
稲垣さん、ドラムたたいて歌うってことに興味がわいて
1枚目と2枚目のアルバムは買いました♪LP。
あれ?その後はヴォーカルオンリーになったのですか
ずいぶん長いこと聴いてないです…。
Commented by kaz-shin at 2006-03-11 12:07
smiletinyさん、コメントありがとうございます。
TV番組なんかで、ドラム叩きながら歌っていましたね。
詳しいことはわかりませんが、レコーディングなどは歌に専念していたの
ではないでしょうか。これから聴いてみようと思っているアーティストです。
今更って感じはしますけど(笑)
Commented by WESING at 2006-03-11 14:44 x
先週土・日に、'96年に放送されたライブをDVD化したことを思い出しました。何本も焼いたので忘れていました。(^_^ゞ
ドラムはそうる透さんでしたが、自分で叩いているときもありましたよ。
でも、このライブももう10年経ってますが。(笑)
ちなみに、ギターに是方博邦さんと渡辺いたる(漢字は知りません)さん、ベースは六川正彦さん、他計8名の演奏でした。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-03-11 19:26
こんばんは!
JIは東芝時代(今はテイチクに音源が移動)が好きですね。今でも現役感があります、もうちょっと再評価されてもいいのかなって思います。エイティーズファンなら彼の楽曲は外せないですよね。
音蔵シリーズなら¥250で買えます。
Commented by kaz-shin at 2006-03-11 21:14
WESINGさん、こんばんは。
ライブのメンバーも良さそうですね。稲垣さん自身も音に拘る人だったの
でしょうね。ますますいろんなアルバム聴いてみたくなりました。
情報ありがとうございます。
Commented by kaz-shin at 2006-03-11 21:20
daisukeさん、コメントありがとうございます。
BOOK OFFの安棚コーナーでよく見かけますね。今度何枚か仕入れて
今更ですが、聴いてみようと思います。
ストレートなポップ・ソングが多いようなので、古さとかを感じずに聴けそう
ですね。
Commented by 240_8 at 2006-03-11 22:06
こんばんは!!
稲垣潤一は大好きなアーチストです。
お薦めは「UP TO YOU」が収録されている「Realistic」ですね。
kaz-shinさんですと多分もっと初期の「Shylights」「No Strings」あたりでしょうか?
個人的には1988年発表の「Edge of time」を何回も聴いてました。
ちなみにTOPICSですがメンバーは4人。稲垣さんのバックバンドというイメージです。Keyの坂本洋氏はアレンジャーとしても有名ですね。
Commented by kaz-shin at 2006-03-11 22:12
240_8さん、ありがとうございます!
具体的にアルバム名を教えていただいて感謝です。
さっそくメモして、探してみます。240_8さんも大好きなアーティストと
言うならきっと良いでしょうね。楽しみです。
本当にありがとうございました。
<< 彩 恵津子_REACH OUT ページトップ NATIVE SON_NATI... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon