Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
寺尾 聰_Reflections ◇ 2006年 03月 12日
e0081370_23554432.jpg 

CITY POPのアルバムとして紹介するには何を今更って感じがしますが、ビールのTV-CMを見たらこのアルバムが聴きたくなりました(笑)
1981年に発売された大ヒット・アルバムです。元々、ザ・サベージというグループで60年代に音楽を演っていたというのは知っていました。ただ、興味があった訳でもなく曲が書けるというのも知らなかったですね。
寺尾 聰の音楽に興味を持ったのは、1980年のTV-CMでした。ヨコハマ・タイヤのCMだったと思いますが、使われていた曲は「SHADOW CITY」でした。ハミングで歌われていたこの曲が、都会っぽい雰囲気で妙に気に入ったのがきっかけです。そして数ヶ月後には、「出航SASURAI」が、そしてまた数ヶ月後に「ルビーの指輪」が相次いでリリースされたと記憶しています。シングルを買ってみて驚いたのは、全て寺尾自身の作曲だったことです。ただ、その後「ルビーの指輪」はアマチュアが書いた曲を買い取ったという噂を聞いたことがありましたが・・・。
それにしても、当時は俳優としてイメージが定着していた寺尾 聰が自作曲、しかも都会的で洒落た感じの曲を歌っていたというのは新鮮な驚きでしたね。
全曲、作曲は寺尾 聰、編曲は井上 鑑が手掛けており、演奏はパラシュートの面々が中心ですね。井上 鑑の知名度を上げた1枚とも言えるでしょうね。

01. HABANA EXPRESS
02. 渚のカンパリ・ソーダ
03. 喜望峰
04. 二季物語
05. ルビーの指輪
06. SHADOW CITY
07. 予期せぬ出来事
08. ダイヤルM
09. 北ウィング
10. 出航 SASURAI

軽快なパーカッションのリズムで始まる01は、サビまでの早口のようなメロディー部分とサビのゆったりめな部分の対比が面白いですね。
夏っぽいサウンドの02は、輪唱っぽいコーラスが印象的です。
いかにも井上 鑑らしいアレンジの03。レゲエっぽい仕上がりになっています。
組曲風な04は、8分を超える大作です。この曲は、アレンジの功績が大きい曲だと思います。好きな曲です。
何故この曲がこんなに売れたのか、どうしても解せない05。悪い曲だとは思いませんが、どうも古臭い歌謡曲っぽくて好きになれない曲でした(笑)
個人的には名曲だと信じて疑わない06。ワン・コーラス全部ハミングの曲なんて、それまで無かったですから。インパクトも強いし、都会的なイメージで良いですね。
このアルバムで、大活躍しているのギター・サウンドのほとんどは今 剛の演奏ですが、この曲は松原 正樹のようです。松原のギターが好きな私にはたまりません。
「SHADOW CITY」路線の08。こういう曲調が寺尾 聰の声に似合っているような気がします。
歌謡曲風なメロディーながら、不思議な魅力がある09は、今 剛のギターが冴えるナンバー。
10はハチロクのバラード曲です。この曲も好きな曲で、有川 正沙子の詞とメロディーがよくマッチしている曲ではないでしょうか。

おそらくアルバム収録曲のほとんどが曲先(曲が先にできていて、詞を後から付ける)だと思うのですが、松本 隆、有川 正沙子がメロディーによく似合う詞を書いているのはさすがですね。
寺尾 聰のボーカルも全て多重録音によって独特な厚みが出ていますね。アルバムとしての統一感のある仕上がりになっている気がします。
歴史を彩ったアルバムとしても価値のある1枚でしょう。
[PR]
by kaz-shin | 2006-03-12 00:02 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(14) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/2964446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 一陣の風 at 2006-03-12 10:44 x
よろしくです
Commented by FUSION at 2006-03-12 11:06 x
お邪魔します。
先日は私のブログにお気遣いのコメント有難う御座いました。

「Reflections」いいアルバムですね。カセット(発売当時に録音したもの!)でしか音源ありませんが都会的でお洒落なサウンドで何処か愁いのある寺尾さんの歌声がいいですね。貴殿のレビューを読んでCDも欲しくなりました。

TV-CMの件ですが出ているメンバーを見て鼻血が出るほどびっくりですね(笑)。あの方々がコマーシャルに出演するとは・・・あのメンバーでのコンサートがあったら絶対に見に行きたいですね。
Commented by kaz-shin at 2006-03-12 15:52
一陣の風さん、はじめまして。
こちらこそ、よろしくです。
Commented by kaz-shin at 2006-03-12 15:58
FUSIONさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
最近は全然聴いてなかったのですが、TV-CMを見たらまた聴きたく
なりました(笑) 
アルバムでは、ギター・サウンドが中心で今 剛さんが大活躍の1枚です。
パラシュートが好きな私ですから、当然聴いていた次第です。
Commented by WESING at 2006-03-12 18:27 x
僕もこのアルバムはレンタルなんですが、好きなアルバムです。
アルバム全体の雰囲気が好きでした。
でも、ワン・コーラス全部ハミングの曲があったことは忘れてます。(^_^;
ハミングはスキャットとはちょっと違うのかな。

その頃、FMの公開生中継で寺尾さんのライブを見ました。
ところが、誰が演奏していたのかまったく記憶がないんですよね。
井上鑑さんがいたような気はしていたんですけど、
別のFM放送でのライブは井上さんじゃなかったので、自信がないです。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-03-12 19:27
こんばんは!
kaz-shinさんのAOR、シティ・ポップス系ブログにはこのアルバムの紹介、必修課目ですよー(笑)
日本AORの最高峰アルバムですね、詩、曲、アレンジ、歌、演奏、どれも素敵。25年前にしちゃあ大変良く出来た奇跡のアルバムと自負しております、大人になって更にその良さがわかったアルバムです。
当時のライブをNHK-FMで放送され、エア・チェックしました。まだあると思うので今度聴いてみようっと。
Commented by ひと at 2006-03-12 22:27 x
ご存知かもしれませんが、この時期のライブビデオが出ています。
林立夫さんがSIMONSを叩いていてカメラを意識したプレイを
見せてくれたり、今剛さんのギターソロがアップであったりと盛り沢山
ではありますがそれも一瞬の出来事。全般的にイメージビデオという
雰囲気で突然海辺の映像に切り替わったりと、いいところになると
お預けをくらう変な演出のビデオです。たまに近所の図書館から
借りてきて見ることがあります.
Commented by kaz-shin at 2006-03-12 23:12
WESINGさん、こんばんは。
実はハミングとスキャットの区別については、よくわかりません(汗)
ただスキャットというと由紀さおりさんにイメージが強かったので・・・。
当時のTV番組でも、今 剛さん等がバックで演奏しているのを何回か
見た記憶があります。ライブならば結構良いメンバーだったのではないでしょうか。
Commented by kaz-shin at 2006-03-12 23:15
daisukeさん、こんばんは。
シングル曲しか出てなかった頃から聴いていたので、アルバム出るのを
楽しみにしてました。期待を裏切らない内容だったので、この頃は繰り返し聴いてました。
ただ、当時から「ルビーの指輪」が腑に落ちなかったんですけどね(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-03-12 23:20
ひとさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ライブ・ビデオならライブ映像であって欲しいですよね(笑)
いつもソロ・アーティストのライブ映像を観ていて思うんですが、歌って
いる時は仕方ないにしても、前奏、間奏やソロ演奏の時はバックの
ミュージシャンにスポットあてて欲しいですね。
有名・無名に関わらず、演奏しているミュージシャンを見たい人は多いと
思うんですけどね。
Commented by しげぞう at 2006-04-30 09:38 x
こんにちは
コレ、かつて本当にレコード針がどんどん消耗するほど聴きました
今はもう音源ないのですが・・・
出だし①②あたりの流れがとても良かった記憶があります
Commented by kaz-shin at 2006-04-30 12:40
しげぞうさん、こんにちは。
アレンジャーの井上 鑑さんの名前を一躍有名にした作品でしたね。
①~②の流れは、これから夏に向けてピッタリな曲ですね。
昔、夏向きにカセットを作ると必ず入れてましたね。
Commented by monksiiru at 2006-05-13 14:17 x
kaz-shinさん、こんにちは。ブログ訪問&コメントありがと
うございました。
このアルバムは確か図書館で見つけて「ルビーの指輪」目
当てでカセットテープにダビングしたんですが、聴いてみて
びっくり!すごくいい曲ばかりでびっくり感激した思い出があります。
特に「SHADOW CITY」は秀逸。あのCMはヨコハマタイヤだったんですね。夕暮れに聴きたくなる低音のハミングの繰り返しっていうのが
都会のクールな大人の男の世界と思えかっこいいと憧れてました。
「出航 SASURAI」も優しいメロディーのサビの部分がとても好
きな曲です。
今聴いても全く古さを感じないっていうのが凄いなと思います。
Commented by kaz-shin at 2006-05-13 21:09
monksiiruさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レコードが発売前にTVCMで「SHADOW CITY」が使われていたように
記憶しています。CMで気に入ってシングル盤を購入したのが寺尾さん
の音楽との出会いでした。役者が、しかも自作曲でこんなに良い曲を
書くことに驚きました。もっともグループ・サウンズ全盛時代に、寺尾さん
自身も活躍されていたようですが、その頃の事は知らなかったんですね。
良い曲というのは、タイムマシンみたいにいとも簡単に時代を超えて
しまうんですね。
<< NEW YORKERS_I B... ページトップ 彩 恵津子_REACH OUT >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon