Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
岩崎 宏美_I WON'T BREAK YOUR HEART ◇ 2006年 03月 31日
e0081370_23253425.jpg 

皆さんは、「歌手」 という言葉で思い浮かぶ人は誰ですか?
私の場合は、今回紹介する岩崎 宏美なんです。ボーカリストでも無く、シンガーでも無く歌手というイメージが彼女には強いのです。
そんな岩崎 宏美が1984年に発表したアルバムが、この 『I WON'T BREAK YOUR HEART』 です。ロサンゼルス録音で、L.Aのトップ・ミュージシャンを集めて作られたまさにAORなアルバムなのです。
アルバムを聴くまでは、岩崎 宏美の歌声にAORサウンドは似合わないと思っていました。
岩崎 宏美の 「歌手」 というイメージとAORがどうしても結びつかなかったのだと思います。
彼女の歌の上手さは定評がありますし、私もその上手さはよく知っています。アルバムも結構持っていますが、あくまで歌謡曲というフィールドでの彼女の歌が好きだったということです。しかし、このアルバムは買わずにはいられませんでした(笑)

まずは参加している豪華ミュージシャンを紹介しましょう。
Guitar : Steve Lukather / Michael Landau
Keyboards : Erich Bulling / Randy Kerber / David Foster
Bass : Neil Stubenhaus
Drums : Carlos Vega
Background Vocals : Bill Champlin / Ralph Johnson / Finis Henderson
曲を書いているのが、Erich Bulling、Al Mckay、Bill Champlin等です。
この面々で作られた音楽ですから、まさにAOR風なのは当然かもしれません。

01. Sticky Situation
02. Come Softly
03. Passion Is
04. Secret Eyes
05. I Do
06. Both Of Us
07. Could You Be The One
08. Here We Are
09. Every Now And Then
10. I Won't Break Your Heart

ルークのギター・ソロが炸裂する01は、ロック色の強いアレンジです。岩崎 宏美の澄んだ声とロック・フィーリングの強いギター・ソロとの対比が面白い曲です。
決して力んでいない岩崎 宏美の歌声がメロディによく似合っている02。ここでもルークのソロが聴き所のひとつでしょう。
ボビー・コールドウェルを彷彿させる03。都会的なAORサウンドの曲です。
軽快なテンポの04は、私が1番好きな曲です。ウェスト・コーストの風を感じます。
歌謡曲風な親しみやすく、美しいメロディーを持ったバラード曲05。こういう曲を歌わせるとやはり上手いですね。安定度が抜群です。
ビル・チャンプリンの作品06は、英語詞の曲でビルとのデュエット曲です。まさしくAOR(笑)
08は、ドラムとシンセ(打ち込み)のみで演奏されています。サビがシンプルでキャッチーなのが特徴ですね。
09は、再びビル・チャンプリンの作品。英語詞です。AORバラードの王道のような曲です。サビの美しいメロディーにラルフ・ジョンソン、アドニス・ハンプトン、フィニス・ヘンダーソンのコーラスが絡みます。
アルバム・タイトル曲10は、デヴィッド・フォスターのピアノが美しいバラード曲です。

1984年頃と言うと、AORブームも一段落した頃だったと思います。そんな中で制作されたアルバムですが、曲も演奏もかなりAORを感じさせる良いモノが多いです。しかし、反面岩崎 宏美らしさはあまり出ていない気もします。彼女が器用過ぎるのかもしれませんね。
アルバムを通してここまでAORな雰囲気を持っているというのは、珍しいと思います。そういう観点では貴重なアルバムだと思いますので紹介してみました。
[PR]
by kaz-shin | 2006-03-31 01:43 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3115383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ギムリン at 2006-04-10 00:08 x
初めまして。宏美さんの検索でまいりました、ギムリンと申します。私の大変好きなアルバムを取り上げていただいているので、思わずコメントしてしまいました。私は爆音「Sticky Situation」が好きなんですが、「Secret Eyes」もいい感じですね。
確かに、一般には「思秋期」「聖母たちのララバイ」といったバラード系、「ロマンス」「シンデレラハネムーン」の筒美京平ディスコのイメージが強いと思いますが、30周年記念BOXの中で述べているように彼女自身はAOR系は好きなんだと思います。
このLPのあとしばらくして、彼女は事務所を独立することになりますが、ライブではこのアルバムから何曲か取り上げて結構歌ってました。
また機会がありましたら、竹善さんとのDuetが好きな『Full Circle』も取り上げてください。
Commented by kaz-shin at 2006-04-10 01:50
ギムリンさん、はじめまして。ようこそ!
岩崎 宏美さんのシングル盤(もちろんレコードですが)は結構持ってます。
良い曲多いですよね。好きなのは「あざやかな場面」、「夏に抱かれて」、
「摩天楼」、「万華鏡」等沢山あります。
残念ながら『Full Circle』は所有していません。しかし、次回岩崎さんの
アルバムを紹介しようと思っていたのは『Shower of love』です。
このアルバムでも竹善さんが参加してますんで、これでもよろしいですか?(笑)
今後ともよろしくお願いします。
Commented by ギムリン at 2006-04-15 11:43 x
あー、ぜひお願いします『Shower of Love』。実は持ってないんです。
ちょっと外国に飛ばされていて、宏美さんが歌手再開されたの3年前まで知らなかったんですよ。いきなりBOX買って予算切れしたんで、そのうち買おうと思っていたらメーカー在庫なしって(涙)。
吉田美奈子さんもすごいヴォーカリストなんで、ぜひ聞いてみたいんですが・・。
あ、さっきTV大阪で「万華鏡」歌ってました。なんか歌番組で聴くのは久しぶりのような気がします。「摩天楼」もシャープな編曲がかっこいいですね。
いろいろ紹介、よろしくお願いします。
Commented by kaz-shin at 2006-04-16 00:21
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
『Shower of Love』は、必ず紹介しますので楽しみにしていて下さい。
多彩なアーティスト達がプロデュースをしているので、面白い仕上がりに
なっていますよ。
中古店等で見つかるといいですね。
<< 水口 晴幸_BLACK or ... ページトップ 安部 恭弘_best clle... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon