Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
泰葉_TRANSIT ◇ 2006年 04月 20日
e0081370_2311840.jpg 

偉大な落語家・故林家 三平を父に持ち、姉は海老名 みどり、弟が林家 正蔵(こぶ平)、林家 いっ平、義理兄が峰 竜太という芸能一家の次女・泰葉のデビュー・アルバムです。1981年のリリースでした。
噺家の家系で、シンガー・ソング・ライターが生まれるというのも不思議な感じですが、芸に秀でているというのはやはり血なのでしょうか。
1stアルバムなのでボーカルはまだ荒削りな部分もありますが、所々に非凡な才能を感じます。そして何よりソング・ライターとしての才能は素晴らしいものがありますね。
世間的にはデビュー曲「フライディ・チャイナタウン」だけの一発屋みたいな印象があるかもしれませんが、アルバムを聴けばそんな事はないというのが分かります。
様々なジャンルの曲を書いていますし、アレンジも井上 鑑、矢野 立美、若草 恵の3人が持ち味を発揮していてかなり良い仕上がりになっていますね。最近聴き直して、更にその印象を強めました。

01. 恋1/2
02. モーニング・デート
03. ありきたりな筋書き
04. Bye-Bye Lover
05. 空中ブランコ
06. LOVE MAGIC
07. フライディ・チャイナタウン
08. ミッドナイト・トレイン
09. アリスのレストラン
10. Remember Summertime

全曲泰葉の作曲です。
タイトなリズムといかにも今 剛らしいギター・カッティングの01。井上 鑑のアレンジによる軽快なPOPな曲。
ロック調の02も井上 鑑のアレンジ。寺尾 聰のアルバムのサウンドに近い感じかもしれません。
矢野 立美と泰葉の共同アレンジの03。シンプルなメロディーのバラード曲です。
続く04も矢野、泰葉のアレンジです。泰葉のボーカルの非凡さを1番感じた1曲ですね。
極上のボッサ・ナンバー05。若草 恵のこの手のアレンジは本当に上手いです。これは良い曲ですよ。
井上 鑑アレンジの06は、ラテン色の強いノリの良い曲です。どことなく松岡 直也風なアレンジなんですが、ギターの使い方がいかにも井上 鑑らしいですね(笑)
インパクトのあるイントロの07は、デビュー・シングルです。ところで「フライディ」を「FRIDAY」だと思っていたんですが、歌詞カードを見ると「FLY-DAY」となってました。ずっと金曜日だと思ってた・・・(汗)
バラード調で始まり、途中からアップ・テンポに変わる08。どことなく歌謡曲風な構成とメロディーが意外に良いなと思えるナンバーです。
スウィンギーな感じの4ビート曲09。間奏部の抜群に上手いスキャットは、ゲスト参加のしばた はつみです。
ストリングの美しいバラード曲10。夏の終わりを感じさせる良いメロディーです。

アルバムを聴いていて気付いたのですが、コーラスを一切使っていないのです。
制作スタッフが泰葉の歌声に惚れ込んでいたのかも知れませんね。
ベスト盤はCDで入手できるようですが、オリジナル・アルバムもぜひ再発してもらいたいですね。CD買わなかった事を後悔している1枚です(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-04-20 00:17 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3262157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-04-20 21:07 x
金曜日じゃないんですか。?
今まで金曜日だと思ってましたよ。
泰葉さんのアルバムはすべてレンタルなので歌詞カードないし。(苦笑)

ベスト盤は買う気がなかったけど、CDでリリースされたら買いたいと思ってました。
でも、今となってはCD化されても1500円以内じゃないと買えません。

他に印象に残っている曲は「水色のワンピース」かな。
Commented by kaz-shin at 2006-04-20 23:16
WESINGさん、こんばんは。
おそらく金曜日という意味も含んでいるとは思います。
ただ、歌詞カードには
♪It's so FLY-DAY Fly-DAY CHINATOWN♪
と記されています。

最近ベスト盤のCDが発売されたみたいです。試しに買ってみようかと
思ってますが・・・。
Commented by シロクマ at 2006-04-21 01:23 x
こんばんは。
泰葉、なつかしいですね。CD欲しくて探したこともあるのですが、なかなかお目にかかれません。ところで、彼女って変な規格のレコードが多くなかったですか?溝が2種類彫ってある12インチシングルってありましたよね。どちらの溝に針が入るかで聴ける曲が決まっちゃうんです。また内側から外へ溝を進むのも彼女だったと記憶しています。
Commented by kaz-shin at 2006-04-21 19:31
シロクマさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
確かに面白い12インチ・シングル出してましたね。溝2本のやつは
「水色のワンピース」だったと思いますが、自信はないです(汗)
中央から外側へ溝が切ってあるのもありましたね。
プレイヤーに悪い影響があるのではないかと思い、両方とも買いません
でした(笑)
<< 福村 博_HUNT UP WIND ページトップ 岸 正之_PRETENDER >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon