Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
BRIO PRESENTS AOR BEST SELECTION_ON SHORE / OFF SHORE ◇ 2006年 04月 24日
e0081370_1919184.jpg 

『20年前、アメリカ西海岸に憧れていた時代があった。カーステでは自分の編集したテープを流し、彼女と湘南までのドライブ - そんなときにハマっていた爽やかで切ない男たちの歌声が、いまなぜか新鮮だ。夏・海・男をコンセプトに、「月刊BRIO」が監修する。いま再び「なんとなく、AOR」』というコピーが帯に書かれているAORのコンピレーション・アルバムです。2002年に発売された2枚のコンピなんですが、BRIOの編集者とソニー、ワーナーのレコード会社とで共同企画されました。

AORのコンピレーション・アルバムは結構沢山出ていますし、私もかなりの数を所有しています。
そんな中、このアルバムを紹介するのには、ある理由があります。
選曲はオーソドックスですし、特にレアな音源が収録されている訳でもありません。
ソニー、ワーナーがお互いに音源を提供し、レーベル間を超えた音源の収録というのも珍しくはないですし・・・。では、何故このアルバムが好きなのか。
それは、学生時代に必死で作ったカセットを聴いてるような感じがするからなんです。
まさに帯の文句そのままの感じです(笑)

1980年頃、私は大学生。当時流行っていたのが、フレンチ・ラコステのポロ・シャツにファーラーのホップサックを身に付け、トップサイダーのデッキシューズを素足に履いたりしてました(笑)
友人と海へドライブへ出かけるさいに、車で聴くカセットを一生懸命に作っていたあの頃。そんな時代を思い出させてくれたコンピ・アルバムでした。

「ON SHORE」 (ジャケット写真:左)
- Day Side -
01. opening
02. ロンリー・フリーウェイ / ラリー・リー
03. 風立ちぬ / クリストファー・クロス
04. ユア・オンリー・ロンリー / J.D.サウザー
05. ハート・トゥ・ハート / ケニー・ロギンス
06. スウィート・ベイビー / スタンリー・クラーク&ジョージ・デューク
07. 涙のハート・ビート / ランディ・マイズナー
08. ラストタイム・ラヴ / グレッグ・ギドリー
09. 恋は幻 / ネッド・ドヒニー
10. アントニオの歌 (虹を綴って) / マイケル・フランクス
- Night Side -
11. break
12. 99 / TOTO
13. 港の灯 (ハーバー・ライツ) / ボズ・スキャッグス
14. 君のもとに帰りたい / アル・ジョンソン
15. マイ・エヴァー・ラスティング・ラヴ / レイ・ケネディ
16. パラダイス / ハービー・ハンコック
17. ユー・ビロング・トゥ・ミー / ドゥービー・ブラザーズ
18. フーズ・ライト、フーズ・ロング / ペイジズ
19. アフター・ザ・ラヴ・イズ・ゴーン / アース・ウィンド&ファイアー
20. ending

「OFF SHORE」 (ジャケット写真:右)
- Day Side -
01. opening
02. サーフサイド・フリーウェイ / ヴェイパー・トレイルズ
03. ジョージー・ポージー / TOTO
04. ジョジョ / ボズ・スキャッグス
05. ホワット・ア・フール・ビリーヴス / ドゥービー・ブラザーズ
06. 君のすべてを今夜 / ウィルソン・ブラザーズ
07. ふたりだけの夜 / ロビー・デュプリー
08. ビゲスト・パート・オブ・ミー / アンブロージア
09. イズ・イット・ユー / リー・リトナー
10. ファントム・オブ・ザ・フットライツ / ラーセン=フェイトン・バンド
- Night Side -
11. break
12. セイリング / クリストファー・クロス
13. セーラ / ビル・チャンプリン
14. アイム・ア・カメラ / マーク・ジョーダン
15. はるかなるブラジルの地 / マイケル・フランクス
16. キープ・ア・ライト・オン / マクサス
17. サスピション / エディ・ラビット
18. アイ・ゴー・クレイジー / ポール・デイヴィス
19. マイ・スウィートネス (いとしの貴女) / スタッフ
20. ending

まず、opening、break、endingには波の音のSEが・・・。そして、breakを挟んでDay SideとNight Sideに分けた選曲になっています。
こういうところが、なんとも必死でカセットを作ってた頃を思い出すんですよ(笑)
私も波の音だけのレコードを買って、ミキサーを買って波の音が常に聞こえるようなカセットを作ったものです。もちろんA面は昼間のドライヴ用、B面は夜のドライヴ用に作っていました。
私と同じような経験のある方には、お薦めのコンピ・アルバムです。
私はこの2枚のCDを更に編集して、Day Sideのみの曲を集めて1枚のCD-Rを作り、Night Sideでもう1枚作って楽しんでます。あの頃を思い出しながら・・・。
[PR]
by kaz-shin | 2006-04-24 00:00 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3289215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-04-24 18:34
こんばんは!
このコンピ、僕ももっております。レア曲は無いですけどkaz-shinさん仰る通り、自分の好きな曲を一生懸命編集する姿勢がこのCDには感じますよね。レア曲は必要なし!
1980年頃が大学生という時代は僕は憧れておりました、当時僕は中学生でやっとこさ洋楽のヒット曲がわかる年でした。そこから諸先輩方が聴いてこられた音楽を後追いで知ろうと、今でも追い掛けております。
BRIO編集ですが確か、ちょっと通な選曲のコンピも出していましたよね。ショット・バーで聴く云々と言った感じの。
Commented by kaz-shin at 2006-04-24 22:11
daisukeさん、こんばんは。
多分BRIOの編集者達の年齢が、私と同じ位なんでしょうね(笑)
中田 利樹さんも少し絡んでいるみたいですが、もし中田さんがメインで
選曲してたらもっとレアな音源や通な選曲になってるでしょうね。
このコンピの選曲って、女の子を乗せてドライブする時の事を考えて選曲
されてる感じがいいんですよ(笑)
そう言えば、ソウル系のコンピも出してましたね。それは買ってないのですけど。
<< 菊池 桃子_OCEAN SIDE ページトップ 稲川 淳二_秋の夜長のこわ~いお話 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon