Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
JOE SAMPLE_CARMEL ◇ 2006年 05月 02日
e0081370_1041098.jpg 

昨日の東京地方は、気温25度を超える夏日になりました。快晴の天気の中、通勤時のBGM用に選んだアルバムが、ジョー・サンプルの『CARMEL / 邦題:渚にて』。『虹の楽園』とどちらにしようか悩みましたが、アコースティック・ピアノの音が恋しかったので『渚にて』を選びました。
1979年にリリースされたこのアルバム、前作の『虹の楽園』と同様に非常に人気の高いアルバムですね。
どちらも甲乙付けがたい良い作品ですが、ジョー・サンプルのピアノ・プレイを堪能したいのなら『渚にて』をお薦めします。

バックを努めるミュージシャンも、STIX HOOPER(Dr)、ROBERT WILSON(Dr)、ABRAHAM LABORIEL(B)、BYRON MILLER(B)、DEAN PARKS(G)、PAUL JACKSON Jr.(G)、PAULINHO DA COSTA(Per)、HUBERT LAWS(Flute)というお馴染みの顔ぶれ。
アメリカ西海岸で最も美しい景観だと言われるカーメル。美しい海と空、爽やかな海風を感じさせてくれるアルバムです。

『CARMEL (渚にて)』
01. CARMEL
02. PAINTINGS (淡彩画)
03. CANNERY ROW
04. A RAINY DAY IN MONTEREY (雨のモンタレー)
05. SUNRISE
06. MIDNIGHT AND MIST
07. MORE BEAUTIFUL EACH DAY (昨日より美しく)

ジョー・サンプルの代表曲とも言える01。哀愁を帯びたメロディーでありながら、力強いピアノ・タッチ。ソロでは、力強さに繊細さも加わった素晴らしいプレイが聴けます。名曲ですね。
02は、一転してリリカルなナンバー。なんともJAZZYなピアノ・プレイが気持ち良いです。高音部のコロコロと転がるようなプレイは、まさにジョー・サンプルの真骨頂。
ドラムとのピアノによるリズム・パートを協調した03。前半のドラムとピアノのみでの演奏は凄いです。物足りなさというものを感じさせないテクニックには脱帽。
04では、このアルバム中唯一のフェンダー・ローズのプレイが聴けます。このローズの音色が、雨に煙った感じがよく出ていて良い感じです。
リズミカルなピアノ・タッチとリズム隊とのコンビネーションが素晴らしい05。ジョー・サンプルの「動」の部分を前面に出した感じでしょうか。
06では、「静」のジョー・サンプルを味わえます。広い音域を巧みに使った繊細なピアノとエイブの粘っこいベースが印象的です。
前半のピアノのみの演奏を聴いているだけで、眠りに誘われそうになる心地良さが魅力の07。軽いボサノヴァ・タッチのリズムに、繊細でありながら鍵盤へのアタックはしっかりとして、一音一音が立っているように聴こえるジョー・サンプルのプレイは、やはり凄いの一言ですね。

このアルバムは、海辺のレストランやCAFEでゆったり気分で食事やお茶しながら聴くのが1番似合うかもしれませんね。通勤電車の揺られて、吊り革に掴まりながら聴く音楽ではないですよね(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-05-02 11:45 | FUSION系 | Trackback(1) | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3347101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽なしは、人生なし! at 2006-05-04 22:44
タイトル : よく聴きました
1978年ぐらいから81年ぐらいまでが彼の ソロでのキャリアの第一次全盛期ではないかな、 と思ってます。 前年に『Rainbow Seeker』が出ていて、それも よく聴いていました。 当時は「ジョー・サンプルって誰?」 って感じだったので、日本盤はビクターから出たけど ....... more
Commented by FUSION at 2006-05-02 15:31 x
お邪魔します。

ジョー・サンプル・・・大好きです。彼のサウンドは美しくて優美で、芸術的でもありますね。それでいてファンキーで・・・素敵ですね。
スティックス・フーパーとエイブ・ラボリエルのウェット感溢れるリズム隊はこれまた気持ち良いですね。バイロン・ミラーも勿論GOOD!

>『虹の楽園』とどちらにしようか悩みましたが・・・
何時かそちらも宜しくお願いします。
Commented by kaz-shin at 2006-05-03 10:14
FUSIONさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
記事に書かなかったですが、ジョー・サンプルは良いメロディーを書きますね。
作曲家としても非凡な才能を感じます。

ジョー・サンプルのピアノが聴きたい時には『渚にて』を、ローズを聴きたい
時には『虹の楽園』というのが私の中にありまして・・・(笑)
『虹の楽園』も何時か必ず紹介します。大好きなアルバムなので。
Commented by Sken at 2006-05-04 22:41 x
こんにちは。
ローズといえば、本作でも1曲だけ使ってるんですよね。
それがまたいい曲で。
Commented by kaz-shin at 2006-05-05 01:33
Skenさん、こんばんは。
「雨のモンタレー」がローズを使った曲ですね。
ジョー・サンプルのローズのプレイも大好きです。この曲も実にローズの
音色にピッタリなメロディーですね。雨に煙った感じがよく表現されてる
ように感じるのですが・・・。
実に良いアルバムですね。
Commented by moripee at 2006-08-23 19:03 x
こんにちは。
クルセーダーズは「Street Life」から入りました。20年くらい前になるのかな?リアルタイムじゃないと思います。何気に買ったアルバムでしたがタイトル曲にはまりました。それから図書館などで借りて結構聞きましたね。

自分もアコースティック・ピアノが好きなのでkaz-shinさんの紹介文読んでて「渚にて」を聞きたくなり、図書館検索したけどなかったので、今Amazonで購入してしまいました。来るのが楽しみです。
Commented by kaz-shin at 2006-08-24 01:06
moripeeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ジョー・サンプルのアコースティック・ピアノのプレイが好きなら、このアルバムは
お薦めです。ぜひ、アルバムが届いたら堪能して下さい。
もし、宜しければ感想なんかも聞かせていただけると嬉しいです。

こんなに拙い記事でも、アルバム購入の参考に少しでも協力できたことが
とても嬉しいです。ありがとうございます。
<< 福島 邦子_I'm r... ページトップ DJ SPECIAL Vol.... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon