Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
村田 和人_ひとかけらの夏 ◇ 2006年 05月 31日
e0081370_202518.jpg 

梅雨時のジメジメした感じや蒸し暑さが苦手でして、この時期はエアコンのドライがフル稼働です。空気の湿気が取れれば、あとは気分をカラッとするだけです。そんな時に決まって聴くのが村田 和人のアルバム。
まさに彼は私にとっては「歌う除湿機」です(笑)

山下 達郎プロデュースによる1983年リリースの2ndアルバム『ひとかけらの夏』を紹介します。こんな良いアルバムが現在は入手出来ません。たまにオークションにCDが出品されますが、5桁に近い値段が付くこともあるようです。こんな良いアルバムは、沢山の人に聴いて欲しいのでぜひ再発をお願いしたいですね。出来ればリマスタリングを施したもので・・・。

村田 和人の書くメロディーと気持ち良い声、山下 達郎のアレンジ、達郎のサポート・ミュージシャン達による演奏、まさに全編夏を満喫できるアルバムです。村田 和人が歌うと台風でさえ、ワクワクさせるモノに変わってしまうから不思議ですね。とにかくスカッとした気分になりたい時にお薦めの1枚です。

『村田 和人 / ひとかけらの夏』
01. 一本の音楽
02. Summer Dream
03. 台風ドライブ
04. So long,Mrs.
05. Catching The Sun
06. Travelin' Band
07. やさしさにGood-bye
08. 幻影 (イリュージョン)
09. Love has just begun
10. ニコニコ・ワイン

村田 和人の知名度を一気に高めた名曲01。マクセルのカセットのCMで使われた曲です。「一本」という響きが、80年代に青春時代を過ごした私にはたまりません。達郎がよく使う楽器のひとつにグロッケンがありますが、実に効果的に使います。私の場合、グロッケンの使い方で達郎のアレンジかどうかが分かります(笑)
涼しげな風のような曲02。竹内 まりやがコーラスで参加していますし、センチメンタル・シティ・ロマンスの告井 延隆のスチール・ギター・ソロが雰囲気を醸し出してます。
大好きな曲03。この手のサザン・ロックを歌わせたらやはり村田がNo.1でしょうね。青山 純と伊藤 広規のリズム隊、スライド・ギターの名手・松浦 善博のソロ、そして山下 達郎のタンバリン。良いアレンジですね、さすが達郎です。
切ない詞がたまらない04。達郎のギターの上手さが際立つ1曲です。コーラスワークも見事で、最後の村田、山下、竹内、椎名 和夫による輪唱っぽいコーラスが印象的です。
椎名 和夫のアレンジ曲05。シングル・カットされた曲で、ブラス・セクションを前面に出したポップ・チューンです。01もこの曲もシングルとはミックスが異なるバージョンが収録されています。
またもサザン・ロック風な06。地平線しか見えない広大なアメリカの大地で聴いたら、間違いなく鳥肌が立つでしょうね。実に良い声ですね。
青山・伊藤・山下の3人のみで演奏されている07。軽やかなメロウ・ナンバー。
吉川 忠英のアコギを主体に、伊藤 広規のベース、達郎のギター、シンセ、ボンゴのみのシンプルなバラード曲08。竹内 まりやの作詞です。
09では、間奏で達郎のコーダで村田の音楽には欠かせないギタリスト・山本 圭右のギター・ソロが聴けます。
サントリーのワインのCMで使われた10。短い曲ですが、実に気持ち良いサウンドです。以前紹介した『Pacific』での達郎のサウンドに近いです。

普通、アルバムには1~2曲位は好みではない曲というのが存在するものですが、このアルバムには1曲もありません。私にとって捨て曲無しの見本のようなアルバムです。
大勢の人に聴いて欲しいアルバムですね。
アルバム(LP)が発売されたから23年間、毎年夏になると聴くアルバムです。特に海へ出かける時には、必ずお供してもらう1枚です。海岸線を車を走らせながら聴くと最高ですよ!あ~、海へ行きたい(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-05-31 00:01 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback(2) | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3538208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 竹内まりや at 2006-08-30 20:14
タイトル : 竹内まりや
Longtime Favorites[LIMITED EDITION]、これは60年代ポップスばかりを集めたカバー・アルバム... more
Tracked from 音楽の杜 at 2006-10-08 17:32
タイトル : 村田和人 「ひとかけらの夏」 (1983)
祝;ムーンレーベル作品紙ジャケ化!! 大好きな村田和人。入手困難となっていた初期作品、ムーンレーベル時代の5作品の紙ジャケ化が決定しました。発売は12月6日。 ムーンレーベル時代というと 1 また明日 2 ひとかけらの夏 3 MY CREW 4 Showdown 5 Boy's Life の素晴らしい5作品ですね!実は私は1と3が未聴なんです。特に「My Crew」はなんとしても聴きたかった作品なので、紙ジャケ化は狂喜乱舞です。 個人的には村田和人のアルバムで一...... more
Commented by pyonta_z at 2006-05-31 00:29
こんばんは。
村田和人のアルバムでは、やはりこれが一番気に入っています。
「一本の音楽」は本当に名曲ですよね。5月のJAL機内チャンネルでも
栄光の?オープニングを飾りましたが、構成の方(小野寺治美さん)が
このアルバムを聴きこんでいたのかもしれませんね。
それにしても、「歌う除湿機」には思わずザブトン1枚!(笑)です。
Commented by kaz-shin at 2006-05-31 01:05
pyonta_zさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も村田さんのアルバムでは、1番思い入れの強いアルバムです。
不思議と毎年、何回聴いても厭きないんですよ。
きっとそれは私の必需品「歌う除湿機」だからでしょうね(笑)
Commented by WESING at 2006-05-31 18:15 x
「一本の音楽」あたりで村田さんを認識したかもしれません。
好きなタイプの音楽ですけど、それほどには聞いてないんです。
最近、達郎さんのボーカルの癖というか、粘りっ気が耳に引っ掛かるようになっているので、村田さんの方が良いかもしれません。
ただし、最近の歌は聴いたことないですけど。(苦笑)
Commented by kaz-shin at 2006-05-31 23:40
WESINGさん、こんばんは。
私も声質で言えば、断然村田さんの方が好みですね。
ファルセットもほとんど使いませんし、メロディーと声がよく似合ってると思います。
『SWEET VIBRATION』以来、村田さんのオリジナル・アルバムが出ていませんね。
もう10年以上経ちますから、そろそろ新譜が聴きたいです。
ライブ活動は定期的に行っているようですね。
Commented by 240_8 at 2006-10-08 17:34
こんにちは!
村田さんのムーンレーベル時代のCDが紙ジャケ化されることはご存知でしたか??私は遅ればせながら、今日知りました(山達のサンソン)。
嬉しいですね~。ボーナストラックもあるらしいですが、詳細は未定のようです。
嬉しさのあまり、早速記事にしたのでTBさせて頂きます!
Commented by kaz-shin at 2006-10-09 00:16
240_8さん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
めちゃめちゃ嬉しい情報をありがとうございます!!
これは全買いしかありませんね(笑)
ぜひ沢山の人にこれを機会に聴いて欲しいですよね。

アマゾンで予約開始したらすぐに申し込むことにします!
<< BILL CHAMPLIN_S... ページトップ MARLENE_The Bes... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon