Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
大瀧 詠一・佐野 元春・杉 真理_NIAGARA TRIANGLE Vol.2 ◇ 2006年 06月 03日
e0081370_12423546.jpg 

ナイアガラ関連で"夏"と言えば、真っ先に思い浮かべるアルバムはやはり『A LONG VACATION』でしょう。私も大好きで、厭きるくらい聴きました(笑)
ただ夏のイメージで聴いていると、最後に「さらばシベリア鉄道」が・・・。これが私としてはすっきりしない部分でもありました。正直なところ"夏"に聴いた回数で言えば、『A LONG VACATION』よりも今回紹介する『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』の方がはるかに多いです。
1976年に大瀧 詠一、山下 達郎、伊藤 銀次による『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』をリリースしています。悪くないアルバムなんですが、今一つトータル的なまとまりに欠けた作品のように感じていました。6年後の1982年にリリースされた今作では、3人のそれぞれの個性を大事にしながらも、POPSのアルバムとしてのバランスが非常に良いと思います。プロデューサーである大瀧 詠一の手腕が光る1枚です。

決してリゾート・テイストを狙ったアルバムではないと思いますが、3人の作品それぞれに違ったロケーションが存在していて、それぞれのロケーションを思い浮かべながら聴いていると楽しい気分になれる、そんなアルバムですね。

『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』
01. A面で恋をして
02. 彼女はデリケート
03. Bye Bye C-Boy
04. マンハッタン ブリッヂにたたずんで
05. Nobody
06. ガールフレンド
07. 夢みる渚
08. Love Her
09. 週末の恋人たち
10. オリーブの午后
11. 白い港
12. Water Color
13. ハートじかけのオレンジ

01は、資生堂のCMとのタイ・アップでヒットしました。
ぼそぼそ喋る佐野 元春のナレーションで始まる02。疾走感のあるロック・ナンバーです。
リヴァプール・サウンドを意識したような03は、淡々と歌う佐野の声とよくマッチした曲だと思います。
ウォール・オブ・サウンド風な04。佐野の書いた4曲中1番好きな曲です。大瀧 詠一とのコラボだからこそ出来た曲ではないでしょうか。
杉 真理お得意のマージー・ビートの05。本当に「~風」という曲を書かせたら日本一でしょうね(笑)
アコースティック・ギター主体の切ないバラード曲06。杉 真理らしいメロディーですね。昔、一生懸命にこの曲をアコギでコピーしてたのを思い出します。
またも杉ならではのメロディー・センスが光る名曲07。いかにも夏・海にぴったりのポップ・ナンバー。
杉の作品の多くにビートルズへのオマージュを感じますが、この08もそんな1曲です。構成やアレンジに見え隠れするビートルズへの憧れを感じます。
佐野 元春らしくないとも思える09ですが、デビュー前に佐藤 奈々子に提供していた頃にはこういうタイプの曲も書いてました。なかなか作家としても懐が広いですね。
そして10~13と、『ロン・バケ』の発展形とも言える大瀧 詠一のポップで透明感あふれるナイアガラ・サウンドが続きます。

バラエティーに富んだ楽曲と3人それぞれの持ち味がよく出ていて楽しいアルバムなので、夏のドライブにはピッタリだと思っています。『A LONG VACATION』が好きな方は既に聴いているとは思いますが、未聴の方はぜひ聴いてみて下さい。これからの季節にピッタリな1枚ですから。
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-03 19:54 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback(3) | Comments(8) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3561526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from A Day In The.. at 2006-06-03 23:24
タイトル : NIAGARA TRIANGLE Vol.2
NIAGARA TRIANGLE Vol.2 NIAGARA TRIANGLE 佐野元春 杉真理 大滝詠一 大滝詠一 松本隆 佐野元春 杉真理 / ソニーミュージックエンタテインメント 大滝詠一、佐野元春、杉真理の3人による豪華絢爛アルバム。 佐野元春と少し前に興味をもった杉真理の曲が入っているアルバムということで欲しくなりました(当時)。大滝詠一の名前はこのとき初めて知りました。 佐野元春の曲は「彼女はデリケート」を除いて、おとなしい感じの曲が並びます。この辺は大滝詠一のファン...... more
Tracked from ongaku-yawa .. at 2006-06-04 22:02
タイトル : 杉真理の NIAGARA TRIANGLE Vol.2
超一流プロデューサーである大瀧詠一さんの御蔭で 自作のアルバムより杉真理らしい作品が並んでいます そう、より全曲リバプールっぽいんです... more
Tracked from 音楽の杜 at 2007-01-03 22:34
タイトル : 「Niagara Triangle vol.2」(1982)
J-POPの良心が見て取れる名盤 新年早々AOR、ブルースロックと紹介してきたので、やはりここはJ-POPで正月三が日を締めくくりたいと思います。 昨年最後に購入したCDで、オフで250円で放置されていたもの。ナイアガラが250円なんて寂しすぎますね。 1982年3月リリースの大滝詠一、佐野元春、杉真理によるコラボレーションアルバム。大滝がナイアガラ、佐野がエピック、杉がCBSと各々所属レーベルが違うのですが、同じソニーグループということで実現したもの。 当時大滝詠一は前年に世紀の名作...... more
Commented by nowhere1967 at 2006-06-04 12:54
こんにちは。
訪問とリンクありがとうございます。
こちらもリンクさせていただきます。
これからもよろしくお願いします^^
Commented by kaz-shin at 2006-06-04 14:04
nowhere1967さん、こんにちは。
リンクありがとうございます。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
Commented by santaro at 2006-06-05 21:00 x
杉サマを取上げて頂きありがとうございます(笑)
嬉しくて思わず急遽TB記事をエントリーしてしまいました
ちなみに復刻版にはボーナストラックで「ラストナイト」
や「Rock'n'roll退屈男」が入っているんですねぇ~~
「・・デリケート」は確か沢田研二のセルフカバーでした
Commented by kaz-shin at 2006-06-05 21:21
santaroさん、ご無沙汰でした。コメントありがとうございます。
それに記事に取り上げていただいて感謝です。
杉さんはめちゃめちゃ好きなアーティストです。
『OVERLAP』は、80年代を代表する名盤だと信じて疑っていません(笑)
今回紹介したのはQ盤シリーズなので、ボーナス・トラックが入ってません。
「ラストナイト」は『OVERLAP』のと同じバージョンなのでしょうか?
もし違ってたら速攻で買いますけど。
沢田 研二さんの「彼女はデリケート」も知ってますよ。
確か『G.S.I LOVE YOU』に収録されてましたね。ジュリーが1番輝いてた時代ですね。
以前ここで『OVERLAP』の記事書いてますんで、暇な時に読んでやって下さい。
Commented by santaro at 2006-06-06 23:11 x
おおっ!また近々書かねば。。
どうやらシングルも同じみたいです。。。
Commented by kaz-shin at 2006-06-06 23:36
santaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ぜひ、記事書いて下さい。その時はコメントばんばん書かせてもらいます。
『OVERLAP』、『STARGAZER』、『MISTONE』辺りのアルバムならば
結構語れますよ(笑)
楽しみに待ってます。
Commented by 240_8 at 2007-01-03 22:36
こんばんは!
ナイアガラ、いいですよね。
このアルバム三者三様で、皆いい味だしてますね。ただ大滝詠一はやはり別格という気がします。このサウンドは誰も真似できませんね。
またまたTBさせた頂きました(いや~Kaz-shinさんとは本当に趣味が似てますね(笑))!
Commented by kaz-shin at 2007-01-03 23:30
240_8さん、こんばんは。コメントとTBありがとうございました。
このアルバムが250円ですか?かなりあちこちのBOOK OFFを探索しましたが、
この250円で売られているのは見た事が無いですね。
三者三様の色の違いが、このアルバムの面白さだと思いますね。
そうでなければ意味が無いでしょうしね。大瀧さんのプロデューサーとしての
手腕に脱帽ですね。
<< 中原 めいこ_COCONUTS... ページトップ BREAD & BUTTER_... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon