Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
桑江 知子_熱風 ◇ 2006年 06月 05日
e0081370_22451093.jpg 

「私のハートはストップモーション」のヒットで知られる桑江 知子の1979年リリースの2ndアルバムです。このアルバムの半年前に1stアルバム『ボーン・フリー』がリリースされています。
実はこの2ndアルバムがCD化されているのかどうか、実際のところは分かりません。ただ、1stはCD化されているのは知っていたのですが、この2ndに関しては見たこともないのです。それで今回「CD化してくれ!」のカテゴリで紹介することにしました。

特に桑江 知子のファンだった訳ではありません。もちろん「私のハートはストップモーション」はリアル・タイムで聴いていましたし、1979年末の新人賞レースではあの竹内 まりやと競っていたのも憶えています。その程度の興味しかなかったのですが、ある日レコード店でこのアルバムの裏ジャケットに書かれていたアレンジャー、ミュージシャンを見て買う事に決めたのでした(笑)
アレンジャーとして、清水 信之、鈴木 茂、井上 鑑、後藤 次利、矢野 誠、坂本 龍一の6人が関わっています。ミュージシャンも当時のトップ・スタジオ・ミュージシャンが勢揃いした贅沢なアルバムになっています。

『桑江 知子 / 熱風』
01. Lost in Summer
02. 熱帯夜
03. エモーション・ラブ
04. 恋人の領分
05. ランナウェイ
06. クリスタル・ハネムーン
07. レイマグラス
08. アルファルド
09. モーニング・レイン
10. ジャマイカ・タウン
11. Lost in Summer

桑江 知子が作詞・曲が3曲(01=11、05、07)ありますが、その他の曲は佐藤 準、水谷 公生、来生 たかお、佐藤 健、尾崎 亜美が提供しています。
01と11は同じ曲です。清水 信之のピアノ1本による小曲です。
佐藤 準の作・編曲の02。コーラスが上手く使われているポップ・ソングで、暑苦しい熱帯夜の雰囲気がよく出ている気がします。
水谷 公生作曲、鈴木 茂編曲の03。ラテン風なアレンジが施されています。中でもホーン・セクションとイブのコーラスが印象的な軽快なナンバー。
来生 たかお作曲、鈴木 茂編曲の04は、来生 たかおのお得意のバラード曲。松任谷 正隆が美しいピアノを聴かせてくれます。
桑江 知子の作品でアレンジは井上 鑑の05。結構良い曲を書いてます。キャッチーなメロディーで、松木 恒秀と今 剛というギターのコンビも珍しいですね。松木のカッティングが光ります。
シングル・カットされた06。佐藤 健作曲、後藤 次利のアレンジで、サンバのリズムをうまく取り入れていますが、決してサンバそのものではないのが面白いですね。あまり目立ちませんが、林 立夫、後藤 次利、松原 正樹、今 剛が参加となれば演奏が悪い訳がありませんね(笑)
桑江 知子の作品で、アレンジは鈴木 茂の07。これまたラテンのリズムに乗せたポップな曲で、プロの作家顔負けの曲を書いているのに驚きます。
尾崎 亜美の書いた08。しっとりとしたバラード曲です。尾崎 亜美の曲は安心して聴けるのが不思議です。
水谷 公生作曲、坂本 龍一編曲の09。朝の雰囲気がよく表現されたアレンジです。教授のこの頃のアレンジは良いものが本当に多いですね。
尾崎 亜美作品の10は、曲のタイトルとは裏腹に落ち着いた雰囲気の曲です。さすが尾崎 亜美のメロディーです。シングル・カットできるレベルの曲だと思います。

このアルバムを聴くと、1970年代終盤には既に歌謡曲というジャンルが消えつつあったんだと感じます。別にジャンル分けが重要では無い訳で、逆に音楽的には良い時代だったのではないかと思います。音楽として良いものを作っていこうという風潮が感じられた時代だったと思いますね。今はと言うと・・・?ですね(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-05 00:30 | CD化してくれ! | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3570150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-06-05 14:18 x
杏里さんや竹内まりやさんは今ではアーティストとして認識されていますが、デビュー当時は他の人の作品を歌ってましたよね。
僕は桑江さんもその二人と同じような感覚で聞いていました。

調べたら、デビュー・アルバムはFMで放送されたのを、「熱風」はレンタルしたみたいです。FMで放送されたのはカセット3本に分かれていて、ヒット曲の「私の・・・」は処分しているかもしれません。
久し振りにこのアルバムを聞いてみたいと思います。
Commented by kaz-shin at 2006-06-05 21:11
WESINGさん、こんばんは。
私も桑江さんが曲を書いているというのは、このアルバムで初めて知りました。
割りとオーソドックスですけど、良い曲書いてますよ。
鈴木 茂さんのアレンジが結構お気に入りです。
Commented by WESING at 2006-06-05 23:15 x
早速聞いてみました。
誰の曲か、またアレンジかは気にせずに聞いてましたが、
このアルバムもなかなか良いですよね。
それから、ファースト・アルバムも録音している曲だけ、と言っても、ほとんどですけど、聞いてみました。
こちらの方が少し歌謡曲っぽいのがあるかな、と思いました。
こちらはFMからの録音だから、誰が作・編曲しているのかまったく分かりません。(苦笑)
Commented by kaz-shin at 2006-06-05 23:42
WESINGさん、こんばんは。
実は私も先日実家からこのレコードを持ってきて、17~18年ぶりに
聴いたんですよ。当時はさほど印象に残ってなかったんですが、今聴くと
結構良いんですよね。不思議ですが(笑)
WESINGさんが録音されたテープ等の中には、まだいっぱいこういう
アルバムがありそうですねよね。聴くだけでも大変そうですけど、聴いて
みて良かったのがあったら教えて下さいね。
よろしくお願いします。
Commented by Man of Gemini at 2006-06-07 19:50 x
桑江さんは『私のハートはストップモーション』ぐらいしかわかりませんが、私的にはいいボーカリストだなと思います。
確か、渡辺プロダクション『NON STOP』と言うプロジェクトの一人だった記憶があります。
このプロジェクトは、若者にニューミュージック思考を植え付けるみたいな趣旨だったと思います。
ちなみにそのMusicianは、大塚博堂、太田裕美、桑江知子、山下久美子、ルイス、ララだったと思いますが、ルイスとララは、あまりよくわかりませんね。
Commented by kaz-shin at 2006-06-07 22:45
Geminiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も良いボーカリストだと思いますね。このアルバムを聴いて曲も
書ける事を知りました。かなり良い曲を書きますよ。
『NON STOP』というプロジェクトの事は知りませんでした。
70年代の終わり頃から、いわゆる歌謡曲というジャンルから一歩前へ
進もうという雰囲気はありましたね。
70年代半ばに登場したユーミンが、業界に与えた影響は大きかったのでは
ないですかね。
あの林 哲司さんでさえ、ショックを受けたらしいですよ。
<< THE SQUARE_LUCK... ページトップ 中原 めいこ_COCONUTS... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon