Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
THE SQUARE_LUCKY SUMMER LADY ◇ 2006年 06月 06日
e0081370_19282154.jpg 

1978年にリリースされたTHE SQUARE(T-SQUARE)のデビュー・アルバムを紹介します。スクエア(以降スクエアで通します)と言えば、キャリア・人気ともに日本を代表するフュージョン・グループです。
そして私の中でスクエアはこのアルバムであり、聴いていたのも『うち水にRainbow』辺りまでなんです。
恥ずかしい話ですが、T-SQUAREに改名してからはまともにアルバムを聴いた事がありません。
特別な理由は無いのですが、おそらくこの『LUCKY SUMMER LADY』が私のスクエアのイメージとして強く残っているからでしょう。
このアルバムと2ndアルバム『Midnight Lover』は、本当によく聴きました。
実はリリコンやEWIの音が好きではないというのもありまして、この頃のサウンドが1番しっくりきます。

オリジナリティや演奏の技術的な面で考えれば、おそらく私が聴かなくなった頃の方が良いでしょう。
でもこのアルバムには輝きがあるように感じて好きなんです。
まず、メロディーがシンプルな事。そして8人編成のおかげで、オーバー・ダビングがほとんど無い演奏のように思える事、初めてのレコーディングということで初々しくて、どこか硬さの残る演奏が逆に聴く者に良い緊張感を与えてくれてる様なところが好きな理由かも知れません。
当時リアル・タイムでこのアルバムを聴いていたので、そのサウンドが当時好きだったジェントルソウツに似た雰囲気だったことも惹かれた要因でしょうね(笑)

『THE SQUARE / Lucky Summer Lady』
01. A FEEL DEEP INSIDE
02. LUCKY SUMMER LADY
03. THE NUMBER
04. FUTURE FLY
05. I WON'T LAST A DAY WITHOUT YOU (愛は夢の中に)
06. BEFORE IT'S GONE TOO FAR

01を最初に聞いた時、サックスとギターのユニゾンでのメロディーやアレンジの構成がジェントルソウツっぽくてワクワクしました。押し付けがましく無いサックスやギターのソロも良いですね。
仙波 清彦のパーカッションが活躍する02。ギターの音色がリトナーっぽいです。後半で聴ける宮城 純子のボーカルですが、出来ればプロの方の方が良かったのでは・・・(汗)
スピード感のある03。ギター・ソロもJAZZYで好きなナンバーです。
明るくポップな感じの04。宇宙空間を旅してるようなアレンジが面白いですね。
鷺巣 詩郎が唯一アレンジした05は、カーペンターズでお馴染みの曲です。落ち着いた良いアレンジです。
またもやジェントルソウツを彷彿させるナンバー06。メロディー・ラインが親しみやすくて、ギター・フュージョンが好きな私にはたまらないナンバーです。

05を除いて全て安藤 正容(まさひろ)の書いたナンバーですが、親しみやすいメロディーの曲ばかりでその非凡な才能に驚いた事を今でも憶えています。
ギター・ソロもジャズ・テイストのものが多いのも良いですね。個人的にはすごくFUSIONぽいアルバムだと思いますし、やはりこういう感じが好きなんです。
キャノンのカメラ、AE-1のTV CMの名場面のジャケットも良いですよね。部屋にアルバム・ジャケットを飾ってました(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-06 00:01 | FUSION系 | Trackback(1) | Comments(22) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3576760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2006-06-06 05:42
タイトル : THE SQUARE 「Stars and the Mo..
スクエア、第一次黄金期のメンバーで制作された「冬」のアルバム スクエアは学生時代にコピーしていたので、よく聞きました。①「いとしのうなじ」もコピーしましたね。でもアルバムでいうと「うち水にRainbow」「ADVENTURES」「R・E・S・O・R・T」は本当によく聞きましたが、なぜか本作はそれほどヘビーローテーション入りしてませんでした。掲記3作は夏、リゾート全開のアルバムに対して、本作は「秋冬」をテーマにしたもので、ちょっと地味な印象だったのかもしれません。 今回某CD店で格安で購入。...... more
Commented by 240_8 at 2006-06-06 05:45
おはようございます。
スクエアについては人それぞれ、いろいろな思い入れがあるようですね。
私はkaz-shinさんの後の世代、「うち水」から「sports」くらいまで、Tがつく前までが好きです。ドラムが長谷部氏の頃が、なんとなく好きなんです。タイトでポップというか。
(違うアルバムですがTBさせて頂きました)
Commented by しげぞう at 2006-06-06 09:58 x
こんにちは
私も「T」になる以前はよく聴きました
「ADVENTURES」を最も聴いたかな
カシオペアと交互に聴いたりしました
Commented by nowhere1967 at 2006-06-06 12:18
ジャケットが印象的ですね。
「ADVENTURES」から聴き始めました。
前のアルバムもさかのぼって聴きましたが、デビュー作を聴かないまま今に至ってしまいました。
Commented by WESING at 2006-06-06 12:25 x
初期はリアルタイムじゃなかったですね。
僕が読んでいた雑誌ではスクェアの情報は皆無だったような?
最初に買ったアドリブ誌が'79年春号で、新譜紹介欄に小さく載ってましたが、それだけではどんな音楽なのかまったく分かりませんでした。

最初に聞いたのは'79年末で、ユーミンのバックだったと思います。
スクェアの曲も2曲演奏しましたが、あまり耳に留まらなかったです。
ジェントルソウツは好きでほぼリアルタイムで聞いていましたが、似た雰囲気とは感じませんでした。(苦笑)
でも、カシオペアよりジャズ系のサウンドだとは思ったんですけどね。

'82年頃からリアルタイムで聞いて、だんだんポップになっていると感じましたが、一番良いと思ったのは「TRUTH」と次のアルバムでした。
最近、昔のライブなどを聞くと、メロディーはシンプルで良いと思うんですけど、テンポがゆっくり過ぎると感じます。(^_^ゞ
Commented by kaz-shin at 2006-06-06 19:57
240_8さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
スクエアのように30年近いキャリアのグループの場合、初めて聴いた
アルバムや年代で好みも変わってきますよね。だからこそ幅広いリスナー
に受け入れられて、現在でも一線で活躍できる要因なんでしょうね。
長谷部さんのドラミングは私も好きですね。驚くのは「うち水」の頃って
長谷部さんはまだ10代なんですよね。言わば天才肌のドラマーかも
知れませんね。
Commented by kaz-shin at 2006-06-06 20:06
しげぞうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「ADVENTURES」の頃と言うと、メンバーも固定されていた頃ですね。
きっとグループとしてのサウンドも固まってた頃かも知れませんね。
この頃のスクエアが好きな人が多いですね。
スクエアとカシオペアの両方を聴いていた人は多いでしょうね。私も同じ
で交互に聴いていた時代がありますよ。
いずれカシオペアも記事に書こうかと思ってます。
Commented by kaz-shin at 2006-06-06 20:10
nowhereさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ブログの記事拝見しました。やはり「ADVENTURES」の頃って人気が
高かったようですね。私は少し離れてしまいましたが・・・。
この1stは「ADVENTURES」の頃のサウンドが好きな人には、好みは
別にして新鮮に感じるかも知れませんね。
典型的な70年代フュージョンという感じです。レンタル等で借りれる環境
があればぜひ聴いてみて下さい。
Commented by kaz-shin at 2006-06-06 20:24
WESINGさん、こんばんは。コメントならびにデータのリンクありがとうございます。
1978年頃は、FUSION関連の新譜情報はもっぱらレコード店での探索でしたね。
毎週のようにレコード店へ行き、端から端まで1枚1枚レコードを見てました(笑)
このアルバムはずばり「ジャケット」に惹かれたのが正直なところです。
80年代にはいると仰るようにPOPな感じが出てきましたね。
私の場合、ジェントルソウツの影響を受けてると感じたのが好きになった
理由のひとつなんですよ。確かにゆったりめなテンポの曲は多いですね(笑)
Commented by WESING at 2006-06-06 23:41 x
2週間ほど前に、ANKH(アンク)というバンドのレコードを聞きました。
FIRST WAVE/ANKH 1981年リリース。
アンクのメンバーは染谷英樹vo,g、曽我泰久lead g、大野祥孝key、松原秀樹b、長谷部徹ds。アイドル・バンドです。
演奏は悪くないけど、歌が下手でした。(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-06-06 23:54
WESINGさん、こんばんは。
完璧なジャニーズ系バンドですね(笑)
かすかにANKHというバンド名に記憶がありますが、曲は聴いた事が
ありません。憶えていないだけかも知れませんが。
リズム隊の演奏が気になりますね。ちょっと聴いてみたいです。
情報ありがとうございました。
Commented by でんた at 2006-06-07 13:11 x
久しぶりのコメントです。

私の場合、低迷期を迎えて伊東氏が復活したときに聞き始めたもので、
Tの時期が殆どです。しかも本田氏が加わっていたアルバムが殆ど。
ですから、Theの頃は逆に知らないです。
欲しいとは思っているのですが、中々機会が廻らずに・・・
Commented by kaz-shin at 2006-06-07 22:36
でんたさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
幅広い年齢層の人が、その時代のスクエアのアルバムにそれぞれの
思い入れがあるんですね。だからこそ30年近い年月を第一線で活躍
できたのでしょうね。
でんたさんの好みに合うかは分かりませんが、ぜひ聴いてみて下さい。
新鮮な気持ちでスクエアに接する事が出来ると思いますよ。
Commented by moripee at 2006-08-04 22:31 x
自分も「うち水にRainbow」くらいまでで、ずっと聴いてませんでした。
でも最近図書館で借りた「BRASIL」はボサノバ好きの自分には久々にあたりのCDでした。
特に一曲目はとてもかわいい曲です。

A CAMINHO DE CASA~ON MY WAY HOME~
DESPEDIA
SEM PARAR
TOYS
TEMPO DE SER FELIZ
SOM SILENCIOSO
A DISTANCIA
AMANHECER
SOFT MADNESS
A FARTHER PLACE
Commented by kaz-shin at 2006-08-05 02:05
moripeeさん、コメントありがとうございます。
初期のスクエアの技術的にはまだ未熟ながらも、緊張感溢れる演奏が好きでした。
メンバーの皆さんの演奏技術のレベルが上がっていくと同時に、聴かなく
なってしまったという感じなんです。
『BRASIL』というアルバムは面白そうですね。ボッサ好きなmoripeeさんが良いと言うなら
私にもOKかも知れません。
今度探してみます。情報ありがとうございました。
Commented by かわちゃん at 2007-05-22 22:04 x
こんばんは。今回SQUAREという文字を久しぶりに見ました。僕は基本的にはAORが大好きですが、高校大学とバンドをしてて、SQUAREなどのフュージョンをよくコピーしてました。好きなのは、トラベラーズやロダン、あと一番SQUAREで好きなのは、クライ・フォー・ザ・ムーンでした。
Commented by kaz-shin at 2007-05-23 00:01
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
SQUAREのコピーを演奏していたのなら、かわちゃんさんの楽器(何を担当されてたんですか?)
の腕前も相当だったんでしょうね。

私はこのデビュー・アルバムが凄く好きで、どこかアマチュアっぽさが残っていて
緊張感のある演奏が良いんです。
まだ好きなアルバムがあるので、いずれ紹介しようと思っています。
Commented by かわちゃん at 2007-05-23 06:22 x
おはようございます。僕はバンドでドラムをしてましたが、全く人前で演奏するようなレベルに達してませんでした(汗)。SQUAREは、僕も初期のほうが、好きでしたね。
Commented by kaz-shin at 2007-05-23 23:33
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ドラマーだったんですね。このブログを訪れてくれる方の中にも結構楽器を
演奏される、あるいは演奏経験を持つ方が多いようです。
少しでも楽器を演奏した経験があると、音楽の聴き方も多少変わってきますよね。
私もギターの経験が少しだけあるのですが、バックのミュージシャンの
演奏(特にギタリスト)が気になりだしましたから・・・(笑)
Commented by かわちゃん at 2007-05-24 23:04 x
僕もバックの演奏がかなり気になりましたね。音楽の聴き方がなんか広がったような気がしました。フュージョンを聴きだしたのも楽器を使うようになったからかなぁ。
Commented by kaz-shin at 2007-05-24 23:21
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
スタジオ・ミュージシャン等のミュージシャンに興味を持つようになると、
急激に聴く音楽の幅が広がりますよね。
知らないアーティストでもバックのミュージシャンが自分好みであれば
聴いてみようと思うから不思議です(笑)
Commented by かわちゃん at 2007-05-29 00:57 x
この頃はよくフュージョンを聴いてました。スクエアはもちろんのこと、カシオペア、あと僕は関西なのもあって「ナニワエキスプレス」をよく聴いてました。スクエアとはタイプが違いますが(汗)。ライブも見てました。
Commented by kaz-shin at 2007-05-30 00:07
かわちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
1970年代の終わり頃はまさにFUSIONの黄金期とも言える時代でしたね。
私もスクエア、カシオペア、プリズム、ナニワエキスプレス等は当然のように聴いてましたよ。
<< SANTANA_AMIGOS ページトップ 桑江 知子_熱風 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon