Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
桑名 晴子_MOONLIGHT ISLAND ◇ 2006年 06月 17日
e0081370_1592569.jpg 

1982年に制作された桑名 晴子による70年代の名曲を集めたカヴァー集です。発売された当時はレコードを聴いて楽しんでいたのですが、ブログ仲間のdaisukeさんのブログ[無駄遣いな日々]でこのアルバムが紹介されていて、2004年にリマスタリングが施され、ボーナス・トラックが3曲収録されていることを知り、速攻でアマゾンで購入しました。ありがとう、daisukeさん!

このアルバムの良さのひとつは、彼女の歌の上手さを前面に押し出したヴォーカル・アルバムだという事でしょう。カヴァー曲、しかも名曲を集めるとなれば当然オリジナルと比較される事は必至です。
それでもこういうアルバムを作った当時のスタッフと彼女に脱帽です。どの曲も桑名 晴子流に自由奔放の歌っています。一見簡単そうですが、カヴァー曲が有名なほど難しいはず。やはり桑名 晴子は並のシンガーではありません。さすが80年代のCITY POPを支えてきた重要な女性シンガーだけのことはあります。

バックの素晴らしい演奏は、AB'Sの面々。アレンジは芳野 藤丸と松下 誠。芳野 藤丸のソロ・アルバムで桑名 晴子が参加していますので、お互いをよく知っているということもあるのでしょう、素晴らしいアレンジ、演奏で彼女の歌を盛り上げています。

『桑名 晴子 / MOONLIGHT ISLAND』
Sunshine Side
01. ほうろう
02. CHOO CHOO ガタゴト
03. ウララカ
04. DOWN TOWN
05. あの頃のまま
Moonlight Side
06. I LOVE YOU
07. ムーンライト・サーファー
08. 夢で逢えたら
09. 夜の海
10. YORU NO UMI (PART Ⅱ)
Bonus Tracks
11. ムーンライト・サーファー (7" japanese version)
12. JUST A LONELY NIGHT
13. ムーンライト・サーファー (7" english version)

小坂 忠が1975年に発表したアルバム『HORO』に収録されていた01。細野 晴臣らしい曲ですが、力強い桑名 晴子の歌と芳野 藤丸、松下 誠、渡辺 直樹のコーラスが絶妙にマッチした曲です。
細野 晴臣の1stアルバム『HOSONO HOUSE』(1973年)からのナンバー02。芳野、松下のギター・コンビのカッティングが素晴らしいですね。
大瀧 詠一の1972年リリースの1st『大瀧 詠一』からの選曲03。コーラス・ワークの見事なところと最後の芳野・松下のギター・ソロ合戦が聴き所です。
お馴染みシュガー・ベイブの代表曲04。英訳された歌詞で歌われています。アレンジもファンキー色が強く英語詞によく似合っています。
ブレッド&バターの1979年に発表した『レイト・レイト・サマー』に収録されていたユーミンの作った名曲05。この曲を聴くと桑名 晴子の上手さを実感できます。
つのだ☆ひろの大ヒット・シングル「Mary Jane」のカップリング曲だった06。桑名 晴子が好きで、歌いたいと直訴したらしいです。彼女の声によく合ったメロディーだと思います。
石川 セリの代表曲とも言える07。ここではレゲエ調のアレンジに英語詞で歌われています。この曲は多くのアーティストにカヴァーされていますね。
大瀧 詠一の作詞・作曲の名曲08。吉田 美奈子、シリア・ポールでお馴染みですが、この曲も沢山のカヴァーが存在します。元々はアン・ルイス用に書かれた曲だったらしいです。アン・ルイスも歌っていますが、1986年になってからの事。
09、10は兄・桑名 正博の1st『Who Are You』に収録されていた名曲です。作詞が下田 逸郎、作曲は桑名 正博です。JAZZYな演奏に乗せて素晴らしいヴォーカルを聴かせてくれます。正直なところ、兄・正博のバージョンよりも渋いですね。
ボーナス・トラック3曲は、シングル・バージョンのA面、B面曲とプロモーション用のテイクになっています。アレンジは3曲とも井上 鑑。いかにも井上 鑑らしいアレンジで、バックもクレジットは無いもののパラシュート関連のミュージシャンだろうと思います。

梅雨時の空はグレイ一色。気分も曇りがち・・・。そんな時このアルバムを聴けば、そんな気分を晴れやかなものしてくれます。もちろん快晴の時に聴けば、気分はもっと晴れやかになれますよ(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-17 03:11 | Compilation / Cover | Trackback(1) | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3646701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 無駄遣いな日々 at 2006-06-18 21:13
タイトル : 桑名晴子 / MOONLIGHT ISLAND
到着日  2006年3月13日 購入場所 アマゾンJP 価  格 ¥1,905(定価¥2,000の5%OFF) 備  考 1982年発表、デジタルリマスタリング80年代初頭の日本のロックはいいアルバムを作っていたなーって再認識してしまう。 これは桑名晴子1982年発表の70年代日本のシティ・ポップス・カヴァー集。エモーショナルな桑名晴子のヴォーカルと芳野藤丸、松下誠の洗練されたアレンジが融合した奇跡のアルバム。 同時期に出したシングル「ムーンライトサーファー」(英語版&日本語版)もボーナスト...... more
Commented by santaro at 2006-06-18 18:55 x
桑名晴子さんといえばライブです
といってもラジオからでしたが
当時はAMでも結構スタジオライブがありました
多分このアルバムの発売前だったからでしょうが
ムーンライト・サーファーは薄っすら聞いた記憶が・・
大上留利子さん「大阪で生まれた女」と並んで
当時はオリジナルというよりカバーの印象が強いですね
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-06-18 21:12
こんばんはー。TBありがとうございます。
連日の蒸し暑さはきついですねー。

>ありがとう、daisukeさん!

どうしたしまして!ブログは情報交換の場でもありますから
どんどん情報交換しましょう!隙間を埋める情報を発信したい
と思っております。

このアルバム、晴子のオリジナル・アルバムって一瞬錯角
してしまうところが凄いですよね。
今のカヴァー・アルバムは正直言ってカラオケ・アルバム。
カヴァーでそのシンガーの力量がわかってしまいますね。
Commented by kaz-shin at 2006-06-19 00:38
santaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
桑名 晴子さんのライブは未体験です。観てみたいですね。
サディスティックスや芳野 藤丸さんのアルバムで素晴らしいボーカルに
接してから虜になりました。
本当に上手い人ですね。カヴァー・アルバムで演奏・歌ともにこれだけの
レベルのものは少ないでしょうね。
Commented by kaz-shin at 2006-06-19 00:41
daisukeさん、こんばんは。コメント感謝です。
daisukeさんの無駄遣いぶりは尊敬に値しますよ(笑)
資金的にも厳しい中、daisukeさんの情報は本当に貴重なもので
助かってます。感謝!

晴子さんの全アルバムがCD化されたら嬉しいですね。
<< 桐ヶ谷 仁_WINDY ページトップ TOWER OF POWER_... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon