Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
桐ヶ谷 仁_WINDY ◇ 2006年 06月 18日
e0081370_1184142.jpg 

梅雨時なので雨は仕方ありません。農作物の事を考えれば多少の雨は我慢出来ます。しかし湿気はいけません。ジトッとした蒸し暑さは嫌ですよね。今日もそんな蒸し暑さを感じる1日でした。
こんな時、涼しげな歌声を聴きたいなと思い選んだアルバムが桐ヶ谷 仁の2ndアルバム『WINDY』です。
1981年のリリース。

以前紹介した1stアルバム『MY LOVE FOR YOU』は、全体的にフォーキーな感じの曲が多かったのですが、聴き込むほどに味の出てくる素晴らしいアルバムでした。
今作ではポップ色を強め、聴き易さが増しています。
ポップ色が増した要因として、アレンジャーに松原 正樹を起用してAOR色を強めたところにあると思います。
松原 正樹のアレンジ曲はポップに、松任谷 正隆のアレンジ曲はフォーキーな感じにと上手く色分けされています。素晴らしいアレンジに、桐ヶ谷 仁の爽やかな歌声がよくマッチしていますね。
例えるなら、暑さを感じさせない夏がこのアルバムには詰まっているような、そんな感じです。

『桐ヶ谷 仁 / WINDY』
01. ウィンド・サーフィン
02. 雨の日の情景
03. さらば愛の日々
04. 夏がすぎて
05. ロッキング・チェア
06. 遠い日のときめき
07. 土曜日のダウン・タウン
08. 愛と友情
09. ひとりだけのワルツ
10. 若い蔦のように

夜明け前から徐々に陽が昇っていく感じが上手くアレンジされている01。松原 正樹のアレンジが素晴らしく、気持ち良いギター・サウンドで溢れた名曲です。
雨の歌なのに湿った感じのしない02は、松任谷 正隆のアレンジのフォーキーな1曲。
マイケル・フランクスを連想させるような03。リズム・アレンジが松原、ストリングス・アレンジを松任谷が受け持っています。松原のナイロン弦のギターとサックス・ソロが渋いナンバー。
またもフォーキーな04。フォーキーとは言っても四畳半フォークとは全く別ものですよ(笑)
山本 潤子、広谷 順子、EPOのコーラスが涼しげな05。この曲での松原のアレンジは冴え渡っています。南国ムードがたまらない1曲。
シングル・カットされた06は、ヨーグルトのCMに使われました。歌謡曲チックなメロディーですが、サビのメロディーがとてもキャッチーなナンバーです。
またも山本、広谷、EPOというコーラス隊が活躍するポップな07。
青春ドラマに似合いそうな感じの08。少しノスタルジックな感じのするメロディーですが、桐ヶ谷のヴォーカルの清々しさは際立っています。
松任谷 正隆らしいアレンジの09。桐ヶ谷 仁の書くメロディーは、シンプルで馴染みやすいのが特徴ですね。逆にその辺りがノスタルジックな印象を与えるのかも知れませんね。
70年代フォークの匂いのする10。松任谷のアレンジのおかげで野暮ったくなっていません。やはりアレンジャーの功績って大きいと感じた、そんな1曲です。

ジャケット写真の左は、アナログ盤のものです。右の写真は、1stと2ndアルバムとシングルB面曲を加え、2005年に発売された2枚組CD『コンプリート・アルファ・イヤーズ』のもの。これが初CD化です。
当時のアルファ・レーベルからリリースされたアルバムは、本当に良いものが多いですね。売れるものより質の高さに拘ったものが多いように思います。
桐ヶ谷 仁のアルバムは、最初に聴いた時には地味に感じるものが多いのは事実ですが、聴く度に良さが分かってきます。涼しげなボーカルをぜひ堪能して下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2006-06-18 02:46 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3652428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HIRO at 2010-05-08 14:14 x
岸正之のところでコメントしたHIROです。実は昔からこのサイトは拝見させていただいてました。桐ヶ谷仁さんも好きでした。CD化されているものは、買い集めました。「ヴァーミリオン」のCD化も強く望んでいます。手元にあるカセットテープを悪戦苦闘してデジタル化してみましたが(ユーチュープにもアップしました)何分、その方面には素人。うまくできず、CDが欲しいです。最近、またライブをされているようなのですが、東京ばかりなので、ぜひぜひ地方にも来てほしいです。
Commented by kaz-shin at 2010-05-09 17:47
HIROさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
アナログ音源のデジタル化は本当に難しいですよね。
私の場合もいかにレコードのノイズを消すかが1番の課題で、YouTubeにUpしているのは比較的ノイズが目立たないものばかりなんですよ。
でも1番良いのは、CD化してもらうことですね(笑)
<< ABRAHAM LABORIE... ページトップ 桑名 晴子_MOONLIGHT... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon