Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Pacific Winds_Pacific Coast High-way ◇ 2006年 07月 01日
e0081370_2328118.jpg 

画像の容量が1Gまで増えたので、今日から画像を少しだけ大きめにします(笑)

海外の一流ミュージシャンを起用して、日本人アーティストのカヴァー集を作るという日本独自の企画アルバムが沢山ありますが、今回紹介するカヴァー集は一風変わったカヴァー集です。
日本で企画され、日本のみで発売されたものだとは思いますが、詳しい事は分かりません。
偶然中古店で見つけて、ジャケットと選曲が良かった事と値段もお手頃だったので購入しました。
帰宅して中身を確認すると、腕利きミュージシャンを集めて録音されたインストルメンタルものでした。
大した期待もせずに聴いてみると、これが意外にも気持ち良いんですよ。FUSIONといった感じにもなってなくて、いわゆるBGMとして最適なインスト集となってます。

参加ミュージシャンは、
Arranged、Keyboards : STEVE LINDSEY、STEVE GOLDSTEIN
Drums : JEFF PORCARO、MIKE BAIRD
Guitar : BRUCE GAITSCH、MICHAEL LANDAU
Bass : BOB GLAUB
Trumpet : CHUCK FINLEY
Flugel Horn : JERRY HEY
Hammond Organ : BILL CHAMPLIN
Extras : TIMOTHY SCHMIT、SUSANNE MARIE EDGREN
といった面々。

『Pacific Winds / Pacific Coast High-way』
01. VENTURA HIGHWAY
02. GEORGY PORGY
03. DO IT AGAIN
04. CHINA GROVE
05. I CAN'T TELL YOU WHY
06. CALIFORNIA DREAMIN'
07. RIDE LIKE THE WIND
08. FRESH AIR
09. DANCE WITH ME
10. CLOSE TO YOU

まず車に乗り込み、エンジンをかけるSE。男女の会話・・・。この男性の声がティモシー・シュミットというのも贅沢ですね。
01は、AMERICAの1972年リリースのアルバム『Homecoming』に収められていた、ギターのイントロが強烈な印象を残した名曲のカヴァーです。ここでは、軽い感じに仕上げていますがギター主体のサウンドがとても気持ち良いです。
02はお馴染みTOTOの名曲。1978年のデビュー作『TOTO』からの曲です。ここでは、アコースティック・ギターでメロディーが奏でられていますが、リズムのキレの良さはこのメンバーであれば当然ですね。
スティーリー・ダンのデビュー曲03。渋い選曲です。1972年に発表された曲で、ラテン・ロックといった感じが新鮮でした。ここでもビートの聴いたリズムにサックス(クレジットに載ってない)とビル・チャンプリンのハモンド・オルガンのプレイが聴き所です。
ドゥービー・ブラザーズ1973年の名作中の名作『Captain And Me』からのお馴染みのナンバー04。ギター・カッティングは控えめ感じですが、ドライヴ感溢れるソロを堪能出来ます。
イーグルスのラスト・アルバム『THE LONG RUN』(1979年)からの名曲05。邦題「言いだせなくて」。良い曲はどんなスタイルでも良く聴こえます。
ママス&パパスの1965年の大ヒット曲06。哀愁味漂うアコースティック・ギターが魅力です。
1980年のクリストファー・クロスのデビュー盤からの07。邦題「風立ちぬ」としてお馴染み。
08は実に渋い選曲ですね。クイックシルバー・メッセンジャー・サービスの『Just For Love』に収録されて、シングルとしてもヒットした曲です。このアルバムに中で1番好きなアレンジになっています。
オーリアンズの代表曲とも言える09。この曲のインストと言うと真っ先にアール・クルーを思い出しますが、ここではジェリー・ヘイのフリューゲル・ホーンが美しくメロディーを奏でます。
天才バート・バカラック作曲の名曲10。カーペンターズでお馴染みの曲。原曲のイメージを壊さない素晴らしいアレンジです。アコースティック・ギター・プレイが光ります。

この手のインスト・アルバムって、下手するとスーパーで流れている安っぽいBGMみたいな感じになりかねないですが、やはり聴く人が聴けば違いは分かります。
選曲もベタなものもあれば渋い曲もありで、厭きないです。
ドライヴしながら聴くよりもお茶しながら、食事しながら聴きたいそんな1枚です。
[PR]
by kaz-shin | 2006-07-01 01:35 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(0) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3731970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< JADOES_JADOES I... ページトップ SUMMER MUSIC - ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon