Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Summer Song Best Collection ◇ 2006年 07月 09日
e0081370_12154116.jpg 

最近、BOOK OFFでの中古CDの値段が高めに設定されているような気がします。高めの設定をしておいて、売れなければ値段を下げるということなんでしょうか。250円という値段で面白いCDを探すのが難しくなってきました(笑)
それでも探せば見つかるものですね。
特にコンピレーションものは250円で、そこそこ面白いのが見つかります。
今回見つけたアルバムは、アルファ・レコードが1990年にリリースしたと思われる夏向きのコンピレーション・アルバム『Summer Song Best Collection』です。何の捻りも無いストレートなタイトルです。

アルファ、CBS、東芝EMIの3社の音源から選ばれた14曲です。夏というキーワード以外に共通性は見出せませんが、逆に言えば一貫性の無さが聴いていて面白いです。

『Summer Song Best Collection』
01. 夏だけの女神 / 小森田 実
02. タヒチ / 斉藤 誠
03. 夢見る渚 / 杉 真理
04. ピンナップ・ベイビーブルース / シーナ&ザ・ロケット
05. 雨のステイション / Hi-Fi SET
06. 雨のリグレット / 稲垣 潤一
07. LOVE SAIL / ブレッド&バター
08. Mr.サマータイム / サーカス
09. HONEY / 白井 貴子
10. SHO-NEN / 安部 泰弘
11. 初恋の通り雨 / 尾崎 亜美
12. Feel Alright / 宇佐元 恭一
13. 涙のハーバーライト / TUBE
14. Bayside Hotel / 佐藤 博

現在では、コモリタミノル表記で作曲家として活躍している小森田 実のソロ・シングル曲の01。1989年リリースされました。爽やかな夏らしい1曲です。
02は、斉藤 誠の1989年リリースのアルバム『MAH MAH MAH』の冒頭に収録されていた曲です。ラテン・ビートを効かせたロック・ナンバー。
杉 真理の名曲03。ここで収録されているのは、1987年のアルバム『HAVE A HOT DAY』からのバージョンです。個人的にはナイアガラ・トライアングルのバージョンの方が好きですが・・・。
いかにも糸井 重里っぽい詞が印象的な、シーナ&ザ・ロケットの04。
荒井 由実時代の名曲を歌ったHi-Fi SETの05や稲垣 潤一の06、サーカスの大ヒット曲08はご存知の人も多いかと思います。
白井 貴子の09。白井 貴子をあまり聴いた事が無いので知らなかったのですが、こういうテクノ・ポップ風な曲も歌っていたんですね。
11は、1977年の尾崎亜美の2ndアルバム『マインド・ドロップス』に収録されていた曲。声が若いですね。
佐藤 博の14。アルバム『TOUCH THE HEART』から、JAZZYな雰囲気が大人の時間を演出してくれるような曲。

コンピレーションのアルバムを買う時に、私はなるべく聴いた事のないアーティストの曲が入ってるものを選ぶようにしています。いわゆる聴かず嫌いというのが、絶対にあるはずだと思っているからなんですね。あまり知らないアーティストでも、気に入った曲があればそこから聴き始めることで幅を広げることが出来ますから・・・。
コンピレーションは私にとっては、カタログ的なアルバムでもあります。
[PR]
by kaz-shin | 2006-07-09 14:58 | 250 - BOOK OFF | Trackback(1) | Comments(0) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/3781914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 最新芸能ニュース・音楽C.. at 2006-07-17 22:04
タイトル : TUBEはやっぱり....? 【03-08】
夏はTUBEのためにある サザンと並ぶ夏の代表選手TUBE。 「夏はTUBEのためにある」 というコトバを目にしたので、 思わず(笑) TUBEのCDを見に行って....... more
<< BERTIE HIGGINS_... ページトップ Beach Breeze - ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon