Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
高中 正義_T-WAVE ◇ 2006年 08月 23日
e0081370_22591846.jpg 

今日は本来別のアルバムを紹介する予定だったのですが、急遽変更しました。
と言うのもここ数日暑い日が続いており、少々バテ気味なんです。営業職という仕事柄、真夏日でもスーツ上下をビシッと着て外回りをしている訳で・・・。家へ帰るとぐったりとびっしょりで嫌になります(笑)
朝、仕事へ出かける為に着替えをするだけでも汗が出るので、目が覚めたらまずクーラーを入れることが日課になっています。まだ涼しい時間帯とは言え、スーツの上着を来た時点でテンションがグーンと下がりますし、家を出る気力も失せてしまいます。
そんな時、無理やりにでもテンションを上げていく為によく聴くのが今回紹介するアルバムです。

1980年にリリースされた、高中 正義のソロのオリジナル・アルバムとしては6枚目になる『T-WAVE』です。このアルバムを聴くと、昔から不思議とテンションが上がるんです。高中のアルバムの中で1番元気を貰えます。季節に関係なく元気が出るのですが、夏場は特にこのアルバムに助けられていますね。

『高中 正義 / T-WAVE』
01. EARLY BIRD
02. WILD MOW-MOW
03. MANBO NO.6
04. CRYSTAL MEMORIES
05. MY SECRET BEACH
06. 空ド白ソ
07. PALM STREET
08. Le Premier Mars

出勤時、玄関で靴を履いたらウォークマンをスタート。
けたたましい目覚まし時計のベル音(のような音)で始まる01。軽快なピアノのリズムに乗せられて家を出ます。このベル音というのは、何故かけしかけられているようで嫌でも動いてしまうから不思議ですね。 この曲のおかげですんなり家を出れます(笑)
外へ出ると日差しはまだ弱いとはいえ夏ですから暑い訳で、じんわりと汗が滲みます。ここで少しテンションが下がりかけた時に02が始まります。スピーディーなリズムとギター・リフとカッティングが私を励ましてくれ、再び元気を取り戻します。
それでも暑い気温には変わりありません。それならばこの際暑さを楽しいでしまえとばかり、03が始まります。ラテンのリズムと夏はやはりよく似合いますからね。この時点で暑さに対する嫌悪感は減少しています(笑)
最寄の駅に着いて、電車に乗り込むとクーラーが効いた車内は混んでるとはいえ、そこは天国。そして流れてくるのが04。爽やかなメロディーと涼しげなギターの音色を聴いていると、汗が引いていきます。
あとは涼しい車内で快適に残りの4曲をじっくり聴いていきます。
高中のヴォーカルをフィーチャーした05。上手くは無いのですが、不思議に爽やかな感じに聴こえるので好きな曲です。
ギター・カッティングが心地良い06。大好きな曲です。目を瞑れば、真っ白いビーチとエメラルド・グリーンの海が思い浮かびます。アコースティック・ギターの使い方も効果的ですね。
イントロのラテン調のリズムが軽快な07。パーカッションを上手く使っているのと、ここでもギター・カッティングが光ります。
日が暮れかかったビーチで聴きたくなるような08。これも良い曲ですね。ストリングスが非常に良い効果を出していて、涼しげな感じを演出しています。

これで何とか朝の通勤時を乗り切っています。しかしその反面、電車に乗って05~08辺りを聴いていると、そのまま海へ出かけてしまいたくなる衝動にかられます(笑)
学生時代ならそのまま海へ行っていたかも知れませんが、いい歳こいたサラリーマンにそんな事は許されるはずも無く・・・。
しがない中年サラリーマンは、都会の海へと消えてゆくのでした。

皆さんにも元気をくれたり、活力をくれる音楽ってありますか?
[PR]
by kaz-shin | 2006-08-23 00:03 | FUSION系 | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4033352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by でんた at 2006-08-25 17:16 x
サディスティック・ミカ・バンドが復活だそうで、
でもどんな音楽なのかは知らなかったりで。
高中さんや高橋さんが在籍していたって事ぐらいしか
知らないんですよ(´・ω・`)
Commented by kaz-shin at 2006-08-25 22:08
でんたさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
新生サディスティックス・ミカ・バンドは、木村カエラさんをヴォーカルに迎えたとか・・・。
CM撮影用の為だけの再結成だと思っていました(笑)
私はミカ・バンドはそれ程好きという訳では無かったです。
サディスティックスは好きなんですけどね。
でんたさんなら、サディスティックスの方が合うかも知れないですよ。
Commented by smiletiny at 2006-08-26 08:37
サダージ(アルバム)聴くと 満員電車に勝てそうな気がして
よく聴いていた時期があります
だからサダージ聴くと、満員電車に乗って苦しかった状況を思い出します




Commented by nowhere1967 at 2006-08-26 12:49
このアルバムも好きですよ^^
というか、1970年代~1980年代前半までの高中のアルバム、全部好きといっていいかもです^^
爽やかで親しみやすいメロディーで構成された、このアルバムは隠れた名盤(隠れていないか)だと思います。
Commented by monksiiru at 2006-08-26 13:55 x
こんにちは、kaz-shinさん。
これ聴いてました!高中は通勤のお供に最適ですよね。
当時は自転車から始まりその後、電車コースでした。
90分テープでA面T-WAVEで、B面JOLLY JIVEという構成、どっちから聴くのかはその日の気分しだい。
今から16年以上前の毎朝、毎夕の通勤風景が懐かしく思い出されました。

Commented by kaz-shin at 2006-08-26 15:35
smiletinyさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
やはり様々な状況に合わせて聴いていたアルバムがあるんですね。
高中さんの音楽って、元気をもらえる曲が多いですよね
だからこそ、沢山の人達に指示されてきたのだと思います。
Commented by kaz-shin at 2006-08-26 15:42
nowhere1967さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
私も1970年代~1980年代前半までのアルバムは全部好きで、今でも
よく聴きます。
本当に良い曲が多くて、FUSIONというジャンルに興味の無い人をも引き込んだ功績は大きいですね。
Commented by kaz-shin at 2006-08-26 15:46
monksiiruさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
monksiiruさんも通勤時に高中さんを聴かれていたんですね。
気分が晴れた時でも、沈んだ時でも高中さんの爽やかなサウンドが気持ちを軽やかにしてくれますよね。
ただ、出来る事なら通勤時ではなくて、海などへ出かける時に聴きたいものですが・・・(笑)
Commented by でんた at 2006-08-28 02:14 x
まあ、機会があれば手にしたいものです。
ブックオフで数度伺ったことがあるのですが、
帯なしだったので買わなかったのですよ・・・
Commented by kaz-shin at 2006-08-29 00:29
でんたさん、毎度ありがとうございます。
高中さんの場合、やはりアレンジとメロディーのセンスが光ってますね。
ギター・プレイだけを見たら上手い人は他に沢山いますが、曲としての
完成度、気持ち良さに関しては高中さんは抜群ですよ。
ぜひ聴いてみて下さい。
<< 松任谷 由実_OLIVE ページトップ THE KINGTONES &... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon