Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
新井 正人_FUZZY ◇ 2006年 09月 05日
e0081370_0504.jpg 

以前紹介したDVD『ちょっとマイウェイ』というドラマの主題歌「夜明けのマイウェイ」を歌っていた"パル"というグループに在籍していた新井 正人。その後ソロに転向して1987年に1stアルバム『Masahito Arai』をリリースします。今回紹介するのは、1988年にリリースされた2nd『FUZZY』です。

はっきり言いますと、新井 正人の歌声、書くメロディーに特別に光るものは感じません。強いて言うならば、オーソドックスな良さなのかも知れません。嫌味が一切無いPOPな音楽が新井 正人の特徴でしょう。
車でドライブ中に、ラジオからこんな音楽が流れていたら気持ち良いだろうなという感じの音楽なんですね。BGM的に流れているのが一番似合ってる気がします。

新井 正人が全曲の作曲を、センチメンタル・シティ・ロマンスの告井 延隆がアレンジを担当しています。演奏は、もちろんセンチメンタル・シティ・ロマンスの面々です。打ち込みを使用しないバンド・サウンドはやはり良いですし、美しいコーラス・ワークのセンチならではのもの。

『新井 正人 / FUZZY』
01. HIS
02. 素敵にテイスティ
03. とまどい
04. 街にガラスの雨
05. バックギャモンなんていかが?
06. ラザニアの悪女
07. 9番ホールで微笑みを
08. MISS PRETENDER
09. 彼女はNO BRAND
10. BOUQUET

ちょっと時代を感じさせるシンセ・サウンドながらロック・タッチのギターが印象的な01。キャッチーなメロディーを持ったナンバーです。
センチメンタル・シティ・ロマンスらしい爽やかなバンド・サウンドの02。明るい感じのポップ・ナンバー。村田 和人が好きな人にはピッタリな感じでしょう。
アコースティックなナンバー03。ミディアム・バラードです。ウエスト・コースト・ロックを感じさせるアレンジが心地良い1曲。
一転して都会的なイメージ04。オメガトライブっぽい雰囲気の曲です。杉山 清貴に歌わせてみたい1曲(笑) ギター・ソロがかなり渋くて好きなんです。
底抜けに明るい感じのポップ・ナンバー05。イメージ的にはEPOのポップ・ナンバーと言ったところ。
パルの頃を思い出させる06。パルの頃はこういう曲調が多かったのですが、新井 正人らしいと言える曲かも知れません。軽いリズムが心地良いポップ・ソングです。
軽快なテンポとコーラス・ワークが印象的な07。オールディーズ・タイプのポップさが楽しい1曲です。
アルバム中1番ファンキーなナンバー08。メロディーもオールディーズの香りがして親しみやすく、ノリが1番良い曲です。
ボッサ調のアレンジがメロディーとの相性がばっちりな09。このアルバムで1番好きな曲です。センチのこの手の曲の演奏は本当に素晴らしいですね。
結婚式を迎える彼女を遠くから見つめるという切ないバラード曲10。

アルバムを通して聴いた印象としては、オメガトライブに通じるものがありますね。
実は、新井 正人はこのアルバムの翌年(1988年)に3rdアルバム『Necessary』を発表後、ブランニュー・オメガトライブにヴォーカリストとして参加しています。
新井 正人の3枚のアルバム・ジャケットのイラストは全て鴨沢 祐仁。この人のイラストもなかなか良いですね。
真夏よりも初夏、晩夏に聴くのにピッタリな感じなので今回紹介してみました。
BOOK OFFでは安棚で結構見かけるアルバムなので、興味のある方は聴いてみて下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2006-09-05 00:02 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4102023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くらりん at 2006-09-06 01:15 x
こんばんは。それにしても引き出しがたくさんあってすごいですね。
新井正人が来るか~。3枚ともアルバム持っています。
正直言うとジャケ買いでした。鴨沢祐仁さんのイラストが好きで、
1stアルバムの時は、たしかイラスト入りのTシャツが付いていたような
気がします。(勘違いかもしれません。なにぶん20年近く前なもんで…)
まだ社会人になりたてで、忙しかったわりに1stとかはよく聴いていた
ような気がします。最近はソロ活動もしているようですね。久しぶりに
聴いてみようかな。
Commented by kaz-shin at 2006-09-06 01:31
くらりんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
くらりんさんこそ、色々聴かれてますね。
新井正人さんの記事にコメントは無いだろうと予想してたんで驚きました(笑)
実は2ndから聴き始めて、持っているのは2ndと3rdだけなんですね。
BOOK OFFや中古店で1stを探してますが、まだ出会えてません。
たまに聴くのも良いもんですよ。特に新井さんの音楽は聴き込むより
たまにBGM的に聴くと気持ち良いと思いますよ。
Commented by てつ at 2006-11-13 02:44 x
さきほど、林哲司さんのところで、コメントを書かせて頂きましたが、早速こちらでも書かせていただいています。今日は、もう少し、他のところでも書かせていただくと思います(笑)。お聞きになられているアーティストが私と共通しているものが多く、嬉しくなってしまっているだけですので、お返事とかお気になさらないでくださいね。
新井さんとは、たまたまご本人とお話させていただく機会がありまして、昨年ライブも見に行きました。このアルバムでは、私が特に好きなのは「街にガラスの雨」です。ご本人も、この曲は思い入れの強い曲だとおっしゃっていました。「オメガトライブっぽい雰囲気の曲です」とkaz-shinさんがおっしゃっていますがそのとおりですね。オメガトライブは、私が最も好きなアーティストの中の1組ですので、この曲もとても好きです。
Commented by kaz-shin at 2006-11-14 20:57
てつさん、こんばんは。
昔聴いていたパルのメンバーだったとは知らず、新井さんを聴いてまして、
ある時、パルのメンバーだったと知って驚きました(笑)
CITY POPな雰囲気の曲も多く、アルバム・ジャケットが全て鴨沢 祐仁さんの
イラストで統一されているのも結構好きなんです。
「街にガラスの雨」は、最初に聴いた時に杉山さんに歌わしてみたいと、
何故か感じた曲でした(笑)
<< 一体、何なんだろう? ページトップ LARRY CARLTON_L... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon