Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
CANDIES_BEST COLLECTION (CD選書) ◇ 2006年 09月 08日
e0081370_21343416.jpg 

私にとって永遠のアイドルであるキャンディーズ。以前シングル曲を紹介しましたが、それ以降キャンディーズ熱が復活しております(笑)
追っかけをやっていた位なので、アナログ盤のEP/LP盤は全て所有しておりますが、CDは1枚も持っていませんでした。
先日近所のBOOK OFFの安棚コーナーで、このアルバムが250円で売られているのを発見。
これはもう買うしか無い!そしてこのアルバムを聴いた途端に、キャンディーズ熱が復活してしまい、アマゾンのマーケット・プレイスで中古CD『CANDIES 1676 DAYS』を購入してしまいました。
(『CANDIES 1676 DAYS』はいずれ紹介します)

実質の活動期間が4年半という短さでしたが、音楽的な成長は素晴らしいものがあります。このベスト盤は、シングル曲(全曲では無いのですが・・・)を発売順に並べられているので、歌が上手くなっていく過程を実感して聴けます。
デビュー直後は、スーちゃんをメインで他の二人はもっぱら脇役的な補助ヴォーカルとコーラス。
人気の出始めた頃は、ランちゃんのメイン・ボーカルに他の二人のコーラス。
終盤では、3人のユニゾン・ボーカル主体に、それぞれ3人の誰かがソロ・パートを受け持つみたいな感じになっていきます。3人それぞれが歌が上手くなっていますが、コーラスが初期の頃と終盤では段違いですね。
コーラス・アレンジ自体も複雑になっていますが、全て彼女達が歌っています。あれほど忙しかったのに、ちゃんと勉強・レッスンしていたのでしょうね。

キャンディーズの魅力はそれだけではなく、彼女達のお笑いに関するセンスの良さも光ってましたね。
ドリフターズや伊東 四郎、小松 政夫というお笑い界のBIG NAMEと対等にコントしていたんですから(笑)
何をやるにしても一生懸命というのが観ていて伝わってきて、そんなところに惹かれたのかも知れません。

『CANDIES / BEST COLLECTION』
01. あなたに夢中
02. そよ風のくちづけ
03. 危ない土曜日
04. 年下の男の子
05. 内気なあいつ
06. その気にさせないで
07. ハートのエースが出てこない
08. 春一番
09. 夏が来た!
10. 哀愁のシンフォニー
11. やさしい悪魔
12. 暑中お見舞い申し上げます
13. アン・ドゥ・トロワ
14. 微笑がえし
15. つばさ

シングル曲の大半は網羅されておりますが、収録時間の都合だとは思いますが3曲のシングル曲がカットされています。
03と04の間に「なみだの季節」、09と10の間に「ハート泥棒」、13と14の間に「わな」がリリースされています。15の「つばさ」は、キャンディーズ解散後6ヶ月後位にリリースされたものです。

今回は全曲レビューはあえてしませんが、この季節にピッタリで大好きな曲を1曲チョイスしてみました。

e0081370_22113866.jpg 

その曲とは、1977年9月にリリースされた「アン・ドゥ・トロワ」です。
作詞・喜多條 忠、作曲・吉田 拓郎コンビによる作品。このコンビによる「やさしい悪魔」に続く2作目となる曲で、実に秋っぽいしっとりとした曲です。拓郎にこんな曲が書けることに驚いた曲でしたね(笑)
「やさしい悪魔」はどこか拓郎節を感じられたものの、「アン・ドゥ・トロワ」は拓郎っぽさをあまり感じない名曲です。ただ「やさしい悪魔」の衣装がアン・ルイスのデザインの小悪魔っぽくて可愛かったなぁ・・・。

「アン・ドゥ・トロワ」には、「アン・ドゥ・トロワ パート2」というのが存在します。詞・曲とも同じものですが、アレンジが異なります。おそらくパート2が当初シングル盤としてレコーディングされたものの、アレンジがフォーク調で地味な感じだったのでリ・アレンジされたのだと思います。
リ・アレンジされたものは、バンドネオンやマンドリンを効果的に使っていてヨーロピアンな雰囲気に仕上がっており、秋らしい1曲になりました。

それにしても80年代のアイドルもののCDには250円という値段は珍しくないですが、70年代のアイドルもので250円というのはあまり見かけませんでした。ラッキーとしか言い様が無いですね(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-09-08 00:00 | 250 - BOOK OFF | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4117591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-09-08 01:21
こんばんは!
あり得ない!(笑)このアルバムが¥250って。
kaz-shinさんエリアのオフはあり得ない!価格が多いですね(笑)
うちの西東京エリアはキャンディーズ、バカ高です。
是非発掘活動したいですなー(って漁場荒らさないので御安心を:笑)
PS
キャンディーズ・トレジャーが購入されますか??僕は先日、予約しましたー。
Commented by kaz-shin at 2006-09-08 01:28
daisukeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
驚いたでしょ?本当にびっくりしました。見つけた瞬間に手に取って
持って歩いてました(笑)
おかげでキャンディーズ熱が復活してしまい、全曲網羅したCD-BOXの
購入も検討してます。

>キャンディーズ・トレジャーが購入されますか?
もちろん買いますよ(笑)
ファイナル・カーニバル以外のコンサートの模様が観られるのが楽しみです。

やっぱりキャンディーズは良いですね!
Commented by 1910 at 2006-09-08 12:34 x
こんにちは。
キャンディーズっていいですよね。
当時小学生だった私は毎週欠かさず「見ごろ食べごろ笑いごろ」を見ておりました。(歳がばれるなぁ)
ピンクレディーも爆発的な人気がありましたが、歌唱力、演技力とも上だったと思います。
地方の田舎者でしたが、後楽園のファイナルコンサートにまじで行こうと思いましたよ。子供なのに。
Commented by WESING at 2006-09-08 22:02 x
少し前に録画していたキャンディーズの特集番組を見たところです。
シングル曲ならメロディーが分かります。
Commented by kaz-shin at 2006-09-08 22:50
1910さん、コメントありがとうございます。
小学生時代に「見ごろ食べごろ笑いごろ」を見ていたとすると、やはり
お笑いの部分でのキャンディーズの印象が強いのではないですか?
これも彼女達に大きな魅力ですね。
多分気取らずに何事にも全力投球だったことが、老若男女に人気が
あった理由なのでしょう。

ファイナル・カーニバルが終了する頃には、声が枯れて出ませんでした(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-09-08 23:09
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
シングル曲を知ってれば十分ですよ。
でもキャンディーズの曲は、季節に合わせた曲が多いので耳にする事が
多いですよね。
Commented by hisa at 2006-10-20 23:24 x
キャンディーズですか。デビュー曲「あなたに夢中」のたどたどしいハーモニーにはまってしまいました。その後のハーモニーの進歩にはほんとに感嘆しています。CDBoxは思案中です。アナログ盤は全部あるし・・。
Commented by kaz-shin at 2006-10-20 23:58
hisaさん、嬉しいコメント感謝します。
>アナログ盤は全部あるし・・。
凄く嬉しいコメントです(笑)
私もシングル、アルバムの全てのアナログ盤を持っています。
このベスト盤CDを入手してから、CDBOXが欲しくて仕方ありません(笑)
彼女達は普通のアイドルではなかったですね。音楽に対して本当に
真摯に取り組んでいたのが、彼女達のアルバムを聴くとよくわかります。
ん~、BOX欲しいです(笑)
<< Char_have a wine ページトップ 中原 めいこ_FRIDAY M... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon