Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
尾崎 亜美_CUSTOM SERIES ◇ 2006年 10月 08日
e0081370_027123.jpg 

ベスト盤がやたら多くリリースされているアーティストっていますよね。例えば、高中 正義、来生 たかお、そして今回紹介する尾崎 亜美もそんなアーティストかも知れません。
あれこれと趣向を変えては、かなりの枚数のベスト盤がリリースされていますが、今回250円という低価格で購入したのは尾崎 亜美さんのベスト盤です。
このアルバムを購入した理由としては、低価格というのはもちろんですが選曲の面白さでした。このベスト盤は、全て他アーティスト曲のセルフ・カヴァーのみの選曲になっていたからです。
尾崎 亜美にはカヴァー曲を集めた『POINT』シリーズがありますが、このアルバムは『POINT』シリーズのベスト盤といった感じだと思います。

大御所ユーミンの影に隠れがちですが、提供曲のヒット曲数で言えば決してユーミンにも負けていないでしょう。私個人的にはユーミンと並ぶ天才のひとりであると思っています。
ユーミンと比べてもソング・ライティングの部分はもちろんのこと、歌の上手さ、自身でアレンジもこなし、コーラスも出来る。その上キーボードの技術も相当な腕前で、スタジオ・ミュージシャンとしても食べていけるのではないかと思える程で、ユーミンを凌駕する部分を多く持った女性シンガー・ソング・ライターですね。

このアルバムに収録されている曲の大半が大ヒット曲なので、ご存知の方も多いでしょう。中には少々マニアックな曲もありますが・・・(笑)
尾崎 亜美自身でアレンジした曲が14曲中10曲もあるのも興味深いですね。単純に尾崎 亜美の作った名曲の数々を楽しむの良し、彼女のアレンジに耳を傾けてるのも良しで色んな楽しみ方が出来るアルバムかも知れません。

『尾崎 亜美 / CUSTOM SERIES』
01. 天使のウインク
02. ボーイの季節
03. 時に愛は
04. オリビアを聴きながら
05. 春の予感 ~I've been mellow~
06. 地中海ドリーム
07. あなたの空を翔びたい
08. ごめんねDarling
09. 化粧なんて似合わない
10. ひとりぼっちのクリスマスソング
11. 銀幕の恋人
12. 上海湾物語
13. 生まれたてのイヴになれ
14. 漂流者へ

ご存知松田 聖子の大ヒット曲01。落ち着いた清らかな雰囲気のイントロ、そして歌い出し。一転してビートを効かせたアレンジの対比が面白いです。コーラスも良いですね。
同じく松田 聖子の大ヒット曲02。尾崎 亜美が松田 聖子に提供した曲で1番好きな曲です。インパクトは01の方が断然ありますが、曲の雰囲気やメロディーが好きです。
松本 伊代へ提供した03。松本 伊代が歌っていたのは知っていましたが、尾崎 亜美が歌っているのを聴いて改めて良い曲だったんだなと気付いたナンバーです(笑)
お馴染み杏里のヒット曲04。名曲です。他に言葉が見つかりません。
南 沙織のヒット曲05。1978年の作品ですが、今聴いても古さを感じませんしメロウというキーワードを既に使っていたセンスには驚きです。まさにメロウなナンバー。
杏里に提供した06。軽快なポップ・ナンバーです。尾崎 亜美のアレンジもAOR色が強くて格好良く仕上がっています。
高橋 真梨子の大ヒット曲07。メロディーも素晴らしいのですが、何とも切ない詞が大好きな1曲です。高橋 真梨子と似た雰囲気で歌っています。
尾崎 亜美のアレンジ、コーラスが冴えわたっている岩崎 良美のヒット曲08。岩崎 良美が歌っていた頃が好きだった曲です。
同じく岩崎 良美に提供した09。
榊原 郁恵へ提供したクリスマス・ソング10。この曲はオリジナルを知りませんが、切ない淋しげなメロディーが印象的です。一人ぼっちでクリスマスを迎える人にはお薦めです(笑)
私が大好きだったアイドル歌手・金井 夕子へ提供した曲11。アレンジはなんとデヴィッド・フォスター。いかにもデヴィッドらしいアレンジが施された曲です。
松本 伊代へ提供した12。この曲もオリジナルは知りませんが、チャンキーな雰囲気が楽しいナンバーです。
アルバム中で唯一男性アーティスト、桑名 正博に提供した13。この曲もオリジナルを聴いた事がありませんが、尾崎 亜美バージョンを聴いて桑名バージョンも聴きたくなりました。尾崎 亜美には珍しいタイプの曲かも知れません。かなりお気に入りの1曲です。
高橋 真梨子への提供曲14。こうやって聴いてくると、尾崎 亜美は提供するアーティストの個性をよく把握した上で曲を書いているなというのが分かります。やはり並のソング・ライターではありませんね。

私が尾崎 亜美で凄いなといつも感心するのは、メロディーのキャッチーな事。しかもサビのメロディーがキャッチーなのは当たり前なんですが、特に凄いのはAメロの歌い出しのメロディーがとてもキャッチーで、聴く者に深い印象を与えているところですね。
曲によっては、サビのメロディーよりも歌い出しのメロディーの方が印象深い曲もありますね。多分意図して書いているのだとは思いますが、こんなに印象的な歌い出しを書ける人は少ないと思いますね。
尾崎 亜美の歌を聴く機会があったら、この辺りを意識して聴いてみるのも面白いと思いますよ。
[PR]
by kaz-shin | 2006-10-08 01:56 | 250 - BOOK OFF | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4284178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2006-10-09 00:25 x
尾崎亜美さんの曲は人に提供した曲の方が良いと思ったりします。
キャッチーなメロディーが多く、TVなどで耳に入る回数が多いからかもしれません。
Commented by kaz-shin at 2006-10-09 03:00
WESINGさん、こんばんは。
他アーティストへの提供曲は、ある程度ヒットさせるという宿命を背負って
曲を書いているのでしょうから大変だと思います。
こういうアルバムを聴くと、やはりソング・ライターとして高い才能を持っている
と感じさせられますね。良い曲が多いです。
Commented by ギムリン at 2006-10-17 22:05 x
ヒットという意味では、聖子ちゃんや杏里が有名ですが、
アルバムを含めて岩崎良美・河合奈保子への提供曲も名曲が多いですよね。
Commented by kaz-shin at 2006-10-17 23:23
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
尾崎さんの提供曲で、良美さんが歌ったものは好きな曲多いですよ。
「Save me・・・お願い」とか「月の浜辺」とかも良い曲ですね。
Commented by hisa at 2006-10-20 22:53 x
尾崎亜美もいいですね。荒井由実と同時期にデビューして派手さというところでメジャーになりきれていませんが、私は尾崎亜美のほうがしっくりきます。一時はコンサートに通い詰めていました。たまに聞くとほっとします。
Commented by kaz-shin at 2006-10-20 23:42
hisaさん、こんばんは。
ユーミンと尾崎 亜美さんはJ-POP史上に名を残す女性アーティストですね。
同時期にデビューし、活躍し、現在も現役バリバリの二人。各々独自の
世界をしっかり持っている素晴らしいアーティストだと思います。
私の中では、詞はユーミン。メロディーは尾崎さんみたいなところがあります。
詞に無頓着な私に、凄い詞だなと初めて思わせたのがユーミンでした。
そして、こんなにキャッチーなメロディーがどうして書けるんだろうと
思わせたのが尾崎さんだったですね(笑)
Commented by ギムリン at 2009-03-09 03:50 x
尾崎亜美さんの東芝EMI時代のアルバムが紙ジャケで再発されるのと同時に、初期のベスト+提供曲の2枚組みベストという企画版『尾崎亜美TRIBUTE&BEST ami 76-80(仮)』が4月にリリースされるそうです。
詳細は、CDジャーナルのリリース情報をご覧下さい。
『CUSTOM SERIES』でセルフカバーした曲の元歌という感じと言いたいところでしたが、微妙に選曲が違うので、これも面白いかと思います。
www.cdjournal.com/main/cd/disc.php?dno=4109021414
Commented by kaz-shin at 2009-03-09 20:26
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
尾崎亜美さんの紙ジャケのリリースのことは、金澤寿和さんのブログでも紹介されていたので知っていました。
ただベスト盤のことは知りませんでした。良い情報ありがとうございました。
私の中で尾崎亜美さんは、ユーミンと肩を並べる天才だと思っています。
特に歌や楽器(キーボード)の上手さはユーミンの比ではありませんし、アレンジもこなしますからね。
もっと脚光を浴びて欲しい存在です。
CDの再発を機会に色んな人に亜美さんの良さを改めて知って欲しい気がします。
Commented by kotato at 2010-09-23 10:18 x
ここに書き込みしますが、冒頭の2曲が納められている、松田聖子のレギュラーアルバム「The 9th wave」は、聴かれたことがありますか?

今回、旅行中にテープを出して来て、聴いていました。
原田真二、吉田美奈子、矢野顕子、甲斐よしひろらに混じり、「さざなみウェディングロード」という1曲があり、杉真理の作品です。

改めて聴いてみて、これ良いです。
自分の結婚式の演出は、しませんでしたが、あの時代ならではの、リバティーな空気あふれる名曲と思います。
勝手なお勧め、失礼いたします。
Commented by kaz-shin at 2010-09-24 01:27
kotaroさん、コメントありがとうございます。
聖子さんをよく聴いていたのは、1st『SQUALL』~5th『Pineapple』kらいまでと『Citron』ですね。
ですから『The 9th Wave』あたりは抜けています。
もちろんシングル曲は全部知っていますが・・・。
お薦め頂いたので、機会があったら聴いてみます。
ありがとうございます。
<< 石川 セリ_NEVER LET... ページトップ BAY CITY ROLLER... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon