Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
TENDERNESS - Ladies Vocal Campaign '86 - ◇ 2006年 11月 19日
e0081370_18234199.jpg 

今回紹介するのは、テイチク・レコード所属の女性アーティスト、彩 恵津子、令 多映子、桑田 りんの3人の楽曲を集めたアルバムです。1986年にリリースされたもののようです。
先日BOOK OFFでこのアルバムを見つけて、令 多映子の名前に懐かしさを感じて購入しました。

彩 恵津子は、1984年にデビュー。独特な声質で数多い良質なポップ・ソングを聴かせてくれました。以前、このブログでも1stアルバム『REACH OUT』を紹介しました。
令 多映子は、1983年にデビュー。アルバム何枚かリリースしたようですが、詳細は分かりません。実は当時、友人で彼女を好きなのがいまして何回か聴かせてもらったのですが、印象に残っていませんでした。それが、このCDで久しぶりに彼女を見かけたので購入した次第です(笑) 現在は、TAEKOという名前で、ゴスペル・ソング等を歌っているようです。
桑田 りんは、全く知らないアーティストでした。調べてみると、金子 マリや山下 久美子のバック・コーラスを経て、1985年にデビューしたようです。現在は活動していないみたいですね。

『TEDERNESS - Ladies Vocal Campaign '86』
01. リバーシブルで恋してる / 彩 恵津子
02. ALL I NEED / 彩 恵津子
03. 流行色 / 桑田 りん
04. TWIST / 桑田 りん
05. 花うつろい / 令 多映子
06. HEAT LADY / 令 多映子
07. Reach Out (English Version) / 彩 恵津子
08. リアウインドゥのパームツリー / 彩 恵津子
09. ラプソディー / 桑田 りん
10. ANGEL / 桑田 りん
11. Sail on ~ 風に向かって / 令 多映子
12. 哀しみの向うに / 令 多映子

3rdアルバム『Delication』に収録されていたダンス・チューン01。崎谷 健次郎が作曲しているのですが、彼がこういうタイプの曲を書く事に驚いた曲でした。奥 慶一のFUNKYなアレンジが冴えています。
2ndアルバムのタイトル曲02。小気味良いリズムが心地良いポップ・ナンバー。AOR色の強いアレンジがメロディーによく似合っています。
タケカワ ユキヒデ作曲による03。割とロック色の強いサウンドですが、メロディーはタケカワ ユキヒデらしくキャッチーですね。歌謡ロックというイメージかも知れません。
テクノ・ロックといった感じの04。この曲もどこか歌謡曲風で、桑田 りんというアーティストの当時の音楽性が何となく分かりますね。
オーソドックスな歌謡ポップ路線の05。大谷 和夫のアレンジも実にシンプルです。悪くない曲ですが、ある意味特徴の無い地味な曲かも知れません。
笹路 正徳がアレンジ、新田 一郎作曲の06。時代を感じさせるテクノ・ポップ風アレンジです。さすがに今聴くのには少々辛いものがありますね(笑)
織田 哲郎作曲による名曲の英語ヴァージョン07。良い曲ですし、大好きな曲ですが何故英語ヴァージョンを作るのか意味が分かりません・・・(笑)
3rdアルバムに収録されていたバラード曲08。CITY POP路線のメロディー、アレンジの曲ですね。インパクトはありませんが、しっとりとした雰囲気がなかなか良いです。
タケカワ ユキヒデ作曲の09。スケールの大きさを感じるバラード曲です。
ブルー・ハーツの真島 昌利の作詞・曲による10。星 勝による美しいストリングス・アレンジが印象的なバラード曲です。ストレートな歌詞が真島らしいと言えますね。
船山 基紀のアレンジ、上田 夏生作曲のミディアム・ナンバー11。爽やかな風、美しい海を連想させてくれる、そんな曲です。サビのメロディーが耳に残ります。
歌謡曲界の大御所作曲家、三木 たかしの作曲による12。戸塚 修のアレンジ。思い切り歌謡曲ですね。歌謡曲として聴けば、かなり良いメロディーを持った曲ですね。バラードを書かせると三木 たかしは上手いですね。

CITY POP好きな私の感性に1番ピッタリくるのは、やはり彩 恵津子ですね。令 多映子、桑田 りんに関しては、アレンジに凝ったものもありますが、メロディーがどこか昭和の歌謡曲風です。決して悪い訳ではありませんが、80年代半ば頃という時代を考えると時代遅れかなとも思えます。しかし、逆に言うと令 多英子や桑田 りんの方が、テイチクというレコード会社の色が強く出ているのかも知れません。
決してお薦め出来るアルバムではありませんが、私の知らない80年代に頑張っていた女性アーティストを知ることができたのは良かったと思います。
[PR]
by kaz-shin | 2006-11-19 00:17 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4574062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SaToshi at 2011-02-27 18:33 x
桑田りんさんの記事をアップしました。
Commented by kaz-shin at 2011-02-27 23:45
SaToshiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
後で覗かせてもらいます。
<< NEIL LARSEN_HIG... ページトップ SONIA ROSA_Samb... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon