Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
杉 真理_GOLDEN J-POP / THE BEST ◇ 2006年 12月 02日
e0081370_0405813.jpg 

今回紹介するのは、日本を代表するPOPSメーカー、杉 真理。聴いていると楽しい気分になれる、素晴らしいPOPSを届けてくれる杉 真理なので、当然クリスマス関連の曲も数曲作っています。
杉 真理とクリスマス・ソングでまず思い浮かべるのは、多くの仲間達と作った『WINTER LOUNGE』です。このアルバムが大好きで、毎年12月に入ると必ず聴く1枚なんですが、去年の12月16日に既に紹介してしまいました。(ちなみにその時の記事がコチラ)

紹介するアルバムは、1997年にリリースされたベスト・アルバム『GOLDEN J-POP / THE BEST』です。
オリジナル・アルバム12枚、ナイアガラ・トライアングルvol.2、WINTER LOUNGEから選曲された18曲で構成され、曲順も夏~秋~冬という季節の移り変わりを意識しています。
杉 真理を聴いた事がない人の入門編としては最適な1枚ですね。このアルバムを聴けば、彼がいかに優れたソング・ライターであるか分かっていただけると思います。

『杉 真理 / GOLDEN J-POP / THE BEST』
01. いとしのテラ
02. 夏休みの宿題
03. 夢見る渚
04. Heaven In My Heart
05. Lonely Girl
06. 恋のかけひき
07. Crying Angel
08. Starship
09. Wonderful Life ~君がいたから~
10. World of Love
11. バカンスはいつも雨
12. Key Station
13. Hold On
14. Romancing Story
15. 恋の手ほどき ~X'mas in Love~
16. 最後のメリークリスマス
17. Happy Ending
18. Best of my love

飲料水TerraのCMソングだった01。30歳の誕生日にレコーディングされた曲らしいです。
フィル・スペクター・サウンドを意識して作られた02。須藤 薫のコーラスが爽やかです。
もともとは竹内 まりやに書いた曲だという03。私の夏の定番曲のひとつで、大好きな曲です。
心地良い風に吹かれている気分になれる04。佐橋 佳幸のガット・ギターのプレイに注目です。
初期の杉 真理を象徴するようなPOPナンバー05。キャッチーなメロディーは、まさに彼ならではのものですね。
学生時代に好きな女の子の誕生日に送ったという06。この曲が、大瀧 詠一の興味をひき、ナイアガラ・トライアングルvol2が誕生したそうです。竹内 まりやがコーラスで参加しています。
ビーチ・ボーイズ風コーラスが印象的なバラード曲07。夏の夕暮れの浜辺を連想させます。
Hi-Fi SETに提供した曲のセルフ・カヴァー08。宇宙をテーマにしたポップ・ナンバーで、コーラスはHi-Fi SETが参加しています。
ジェームス・テイラーを意識したような09。学生時代の思い出を歌った曲ですが、山下 達郎・竹内 まりや夫妻がコーラスで参加している贅沢なナンバーです(笑)
美しいストリングスで始まり、JAZZYなアレンジのバラード曲10。ストリングスの美しさが際立ったナンバー。
グリコのチョコレートのCMソングだった11。杉 真理の中では1番売れたシングル曲かも知れません。
歌詞に達郎、ユーミン、伊藤 銀次、浜田 省吾、佐野 元春が登場するという洒落たポップ・ソング12。しかも、伊藤 銀次はワンフレーズの歌、佐野 元春は声で参加、浜省はエンディングで歌声を聴かせてくれるサービス満点の曲です。
竹内 まりやに提供した曲で、私が初めて杉 真理の名前を知った曲13。最初は「スギ マリ」という女性だと思っていましたね(笑) 「スギ マサミチ」と呼ぶのを知ったのは、随分後でした。この曲は名曲ですよ。
ギルバート・オサリバンを彷彿させる14。こういう「~風」という曲を書かせたら天下一品です。
曲のタイトル通り、Happyな感じが楽しい17。
ドラマのテーマ・ソングだった18。唯一のアルバム未収録のバラード曲です。

それでは、クリスマス・ソングの紹介を・・・。まず、ユーロビートっぽい打ち込みによる15は、楽しいパーティーのBGMにぴったりな感じの明るいクリスマス・ソングです。ここまで打ち込みのサウンドを全面に出しているのは珍しいです。松尾 清憲がコーラスで参加しています。
『WINTER LOUNGE』に収録されていた、大好きなクリスマス・ソング16。切ない歌詞とメロディーのバラード曲ですが、クリスマスの雰囲気が伝わってきます。コーラスが絶品。

歌詞も洒落ていて、とにかく親しみやすく、これほどまでに耳に馴染むメロディーを書けるソング・ライターを他に知りません。まさにPOPSの申し子とでも言いましょうか・・・。素晴らしいアーティストだと思います。
このアルバム1枚で、夏~秋~冬と3シーズン楽しめます。お薦めの1枚です。
[PR]
by kaz-shin | 2006-12-02 02:11 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4658652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bonejive at 2006-12-02 22:22 x
こんばんは。
ナイアガラいいですね~。大好きです。
達郎さんが結構ふざけたこともやっていたりして懐かしいです。
ナイアガラというと大滝さんのシベリア鉄道とかこの季節に思い出します。
Commented by kaz-shin at 2006-12-03 01:35
bonejiveさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ナイアガラ関連のアーティストの作品には、良いモノが多いですよね。
数々のアーティストが、大瀧 詠一さんとの出会いによって大きく羽ばたいていきました。
J-POP史を語る上では、欠かせない重要なアーティストだと思います。
<< CARPENTERS_CHRI... ページトップ NOBU-ZANS_MADE ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon