Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
JADOES_BEFORE THE BEST ◇ 2006年 12月 20日
e0081370_214352.jpg 

角松 敏生のプロデュースのもと、1987年にリリースされたジャドーズの新曲入りベスト盤『BEFORE THE BEST』を紹介しましょう。面白いのは、このベスト盤が彼等の通算3作品目、つまりオリジナル・アルバムを2枚しかリリースしていないにも関わらず、ベスト盤を出すというのも大胆ですね(笑) おそらくジャドーズにも同じ感覚があったのだと思います。だからアルバム・タイトルに「BEFORE~」が付いているのかも知れません。

オリジナル・アルバム2枚から選曲しただけのベスト盤ならば、誰も買いませんよね。そこは、ジャドーズ、プロデューサー・角松 敏生ですから普通のベスト盤をしたり顔でリリースしません。
1stアルバム『IT'S FRIDAY』から3曲、2ndアルバム『Free Drink』から4曲、新録音曲が4曲という構成で、既存曲も全てSEを挿入して編集したり、リミックスしておりオリジナル・アルバムを所有している人にも楽しめるアルバムにしています。もちろんクリスマス関連の曲も含まれています。

『JADOES / BEFORE THE BEST』
01. FRIDAY NIGHT (Extended Dance Mix-Special Edition)
02. 6月のフォトグラフ (New Version)
03. Silent Night (Intensive Version)
04. WONDER LOVE
05. Stardust Night (Cruising Version)
06. Give Me Your Love Again (New Version)
07. Cool (Extended New Re-mix)
08. Turning Heart
09. My Last White Night
10. The Time Takes You Away (Raining Version)
11. HEART BEAT CITY (Extended New Re-mix)

街の雑踏から抜けて、ビルのエレベーターに乗り込み、降りた所はダンス・フロア。そんなSEで始まる01は、彼等のデビュー曲です。リミックスの効果でより一層ファンキーに仕上がっています。
2ndアルバムに収録されていた02も別テイク。オリジナルよりも打ち込みを多用しています。
03はインタールード的に編集された短い作品で、オリジナルは1stアルバムに収録されています。
新曲04。打ち込みやサンプリングの音で角松のアレンジだと分かります。ミディアム・テンポながらグルーヴ感のある曲です。
車に乗り込み、エンジンをかけ車を走らせるSEで始まる05。カー・ラジオから流れているような雰囲気に仕上げたインタールード的な短い作品。2ndアルバムからの曲です。
06も2ndアルバムからの曲ですが、別テイクが収録されています。しっとりとしたバラード曲で国分 友里恵と角松のコーラスが美しいです。
リミックス、エディットを駆使して、よりファンキーに仕上げた07。当時の角松を象徴するかのようなアレンジになっていますね。
新曲の08。クールなビートが都会的で格好良い曲です。メンバーの伝田 一正のギター・ソロが聴き所です。
2ndアルバムに収録されていた名バラード曲のコーラス部分のみを使用したインタールード的な短い作品10。角松が歌いまくっています(笑)
シングル曲のリミックス・バージョン11。角松の「I CAN GIVE YOU MY LOVE」に似た感じの曲です。作曲は藤沢 秀樹と角松 敏生の共作。アレンジは角松。

さて、クリスマスに関連した曲09ですが、凍てつくクリスマス・イブの夜の別れを歌った切ないナンバーです。凍てつく感じがよく出ているアレンジが良いですね。サビのメロディーが印象に残ります。

まだジャドーズが曲作りは別にして、アレンジやプロデュースに関しては師匠である角松に教わっていた時期ですから、どうしてもジャドーズの色よりも角松に色が濃いですね。当時は、それほど感じませんでしたが、今聴くとやはり若干角松色が強すぎる気がします。ただ、ジャドーズの成長を楽しみにさせてくれるアルバムだったことは事実です。
[PR]
by kaz-shin | 2006-12-20 00:04 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4762163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しげぞう at 2006-12-20 08:01 x
おはようございます
角松サンの、その分かりやすいコーラスワーク!
まあ、ジャドーズとの蜜月時期ですもんね
懐かしいデス
Commented by 弥生 at 2006-12-20 08:26 x
(* ̄m ̄) えへっ!!またまた書かせてもらいますぅ。


私が初めて購入したジャドーズCDです ここの所彼らばかり聞いていまーす(^.^)b

うん、こういうノリがいいわぁ〜 (∇〃)。o〇○


角松の書く詞はやっばり切なすぎるねぇ〜(>_<)


相変わらず自己主張が強いねぇ〜でも、なんて歌っているのか?言葉が聞き取れません(T_T)
Commented by kaz-shin at 2006-12-21 23:34
しげぞうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
返信が遅くなってすみません。
当時の角松さんの勢いそのままのプロデュース・ワークが、ジャドーズの
アルバムだったような気がします。
ただ、今振り返るとプロデューサーとしてはまだ新米だなという気はします(笑)
Commented by kaz-shin at 2006-12-21 23:44
弥生さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
返信遅くなりました。
昔は、角松さんの色が強かった部分が好きでした。でも今は彼等の音楽自体が好きですね。
彼等のセルフ・プロデュース作品を最近はよく聴きます。
音楽を楽しんでる雰囲気が伝わってきて好きなんですよ。
Commented by いわとも at 2006-12-31 00:52 x
久々の書込みです(笑)。
当時は「JADOESと角松」のアルバムのように感じていました。
#10は思い出いっぱいの曲です。あぁ、懐かしい~。
 
クリスマス企画、オツカレサマでした。
毎晩楽しませていただきました。本当に、ありがとうございました。
今年はkaz-shinさんのこのサイトに巡り会えてとてもよかったです♪
Commented by kaz-shin at 2006-12-31 04:32
いわともさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
私も最初は角松さんの絡みでJADOESを聴き始めましたが、最近は
彼等のセルフ・プロデュース作品の方が好きだったりしますね。
良いバンドでしたが、ヒットに恵まれませんでしたね。

クリスマス企画・・・。バカな事をしました。
来年はもうしません。と言うかネタ切れです(笑)

>今年はkaz-shinさんのこのサイトに巡り会えてとてもよかったです♪
涙腺が緩むお言葉ありがとうございます。こちらこそ、数々のコメントを
頂戴して、凄く励みになりました。
来年も頑張りますので、良かったらお付き合いの程よろしくお願いします。
<< 八神 純子_Christmas... ページトップ NOW Christmas 2 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon