Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
TATSURO YAMASHITA PRESENTS X'mas Songs ◇ 2006年 12月 23日
e0081370_23223645.jpg 

このCDが欲しいがためにケンタッキーのフライド・チキンを食べまくった人も多いのではないでしょうか(笑)
1999年にケンタッキー・フライド・チキンをある金額以上買うと貰えた非売品CD、『TATSURO YAMASHITA PRESENTS X'mas Songs』です。実は3枚位集めたんですが、友人にあげたりして1枚だけしか手元に残りませんでした・・・。
内容は、山下 達郎が3曲、竹内 まりやが1曲のクリスマス・ソングが収録されているCDです。達郎の曲は『Season's Greetings』(明日紹介する予定)から2曲、アルバム未収録でこのCDにのみ収録されている曲が1曲、竹内 まりやの曲は『Quiet Life』から1曲が選曲されています。もちろんアルバム未収録曲聴きたさに、胸焼け覚悟でフライド・チキンを食べまくりましたね(笑)

『TATSURO YAMASHITA PRESENTS X'mas Songs』
01. White Christmas / Tatsuro Yamashita
02. Jingle Bell Rock / Tatsuro Yamashita
03. The Christmas Song / Mariya Takeuchi
04. Have Yourself A Merry Little Christmas / Tatsuro Yamashita

1942年に制作された映画「Holiday Inn」の中でビング・クロスビーによって歌われたクリスマスの定番中の定番曲01。色んなコーラスでこの曲を聴きましたが、達郎のこのア・カペラによるコーラスが1番好きですね。何とも神聖な感じがして好きですね。
これが聴きたいが為に、頑張ってフライド・チキンを食べた02。ピアノとパーカッション、間奏のアコースティック・ギターのみというシンプルな演奏になっています。おそらくデモ・バージョン的なテイクではないかと思うのですが・・・。力の抜けてる達郎のヴォーカルが聴けます。
竹内 まりやが歌うスタンダード曲03。何回聴いても良い曲ですね。曲と竹内 まりやの声がよくマッチしています。服部 克久がアレンジ、ご子息の服部 隆之が指揮している贅沢な1曲。
スタンダードなクリスマス・ソングの中で、達郎が最も好きだと語る04。この曲も1943年のミュージカル映画「若草の頃」でジュディ・ガーランドが歌っていた曲。服部 克久のアレンジにのせて達郎が熱唱しています。

11月24日から12月24日迄の1ヶ月間、クリスマス・アルバムあるいはクリスマス関連の曲が収録されているアルバムやシングルを紹介するという、単なる思い付きで始めたクリスマス企画も今回の記事を含めて、残り3回(クリスマス・イブ当日迄)となりました。
正直なところ、あと10日間位この企画を続けられる位のストックがありました。ただ、ここで紹介する以上、自分が良いと思っているものを紹介したかったですし、カテゴリもあまり偏らないように気を配って記事を書いてきたつもりです。
残り2回は、ここで白状してしまいますが、全て山下 達郎のアルバムやシングルです。1986年リリースの『MERODIES』に収録されていた、あの名曲を初めて聴いてから達郎のクリスマス・ソングを聴かないクリスマス・シーズンは存在しません。日本人が作ったクリスマス・ソング、日本人が歌ったクリスマス・ソングでこんなに感動した事は無かったです。それ程、達郎のクリスマス・ソングは私にとって思い入れの強いものなんですね。ですから3日連続で達郎ネタになりますが、どうぞお付き合い下さいませ(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2006-12-23 00:57 | 企画モノ | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4778493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たにぴ@もまゆきゅ at 2006-12-23 07:47 x
まりあさんの"The Chritmas Song"、隆之さんは指揮はしてるみたいですが、アレンジはお父さんの克久さんではないかと。なんて、ごめんなさい、いちゃもんつけちゃいまして……。今調べまくってみました。よく言われる、"The Christmas Song〜Have Yourself A Merry Little Christmas"の一気録りセッションは、多分これから登場するあのクリスマス・アルバムのクレジットを見ると、アレンジもコンダクターもお父様になってます。あるシングルのカップリングになった"When you wish upon a star"も同一セッションの筈ですが、やはりお父様。更に当時のレコーディング・マガジンを…、もうええちゅうねん。ええすいません。まりあさんの隆之さんクレジットは、アルバムの出典からミスかも。サンデー・ソングブックに葉書書いてみようかな。
Commented by kaz-shin at 2006-12-23 08:01
たにぴさん、おはようございます。ご指摘ありがとうございます。
早速訂正しました。
一応『Quiet Life』のクレジットを信用した内容にしてます(笑)
アレンジは確かに服部 克久さんでした。
いい加減な記事を書いてはいけませんね(汗)
ありがとうございました。
Commented at 2006-12-23 18:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rs at 2006-12-23 21:01 x
自分はこのCD二枚持ってます、勿論チキンも全部食べてすっかり飽きてしまいました(笑)

それにしても、本来なら十分販売できる内容なのにプレゼントとは正直驚きました、
只、この企画は坂本龍一氏がキャンセルして急遽達郎に決まったという噂を当時聞きました、
しかし、今となると教授より合ってると思いますね。

毎年クリスマスシーズンになると色々な方が新曲を出しますが
結局、巷ではクリスマスイブとラストクリスマスが交互で掛かる程で
本当に”名曲”となりましたね。
Commented by kaz-shin at 2006-12-24 00:05
鍵コメさん、こんばんは。
お褒めの言葉、恐縮です(笑) まだまだひよっこですよ。
Commented by kaz-shin at 2006-12-24 00:09
rsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
確かにセルCDとしても通用する内容ですよね。アルバム未収録曲まで
入っているのですから・・・。
何故かケンタッキーと達郎ファミリーはよく似合いますよね。
最近はまりやさんの曲がよく使われてますよね。
達郎さんの顔とクリスマスは似合いませんが、曲・歌とクリスマスは似合ってます(笑)
<< 山下 達郎_SEASON... ページトップ MARIAH CAREY_ME... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon