Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
松原 みき_WHO ARE YOU? ◇ 2007年 01月 05日
e0081370_1813273.jpg 

松原 みきと言えば、デビュー曲でJ-POP史上に残る名曲「真夜中のドア -STAY WITH ME-」ですね。このデビュー曲の印象があまりに強すぎて、その後の曲の印象を薄くしてしまっていたのも事実だと思います。松原 みき自身もあまりに偉大すぎる曲に出会ってしまい、結構苦しんでいたのかも知れません。
以前紹介した1stアルバム『POCKET PARK』は、結構大勢のCITY POPファンに聴かれたアルバムだろうと思いますが、今回紹介する2ndアルバムを聴いていた人は少ないのではないかと思います。

『WHO ARE YOU?』は、1980年にリリースされた2ndアルバムです。個性的な松原 みきのヴォーカルをいかに魅力的に聴かせるか、そんな試行錯誤が見える(聴こえる)アルバムですね。
個人的には結構好きなアルバムなので紹介してみようと思います。

『松原 みき / WHO ARE YOU?』
01. あいつのブラウン・シューズ
02. 気まぐれうさぎ - Run Rabbit Run -
03. Rainy Day Woman
04. Hello Walls
05. Jazzy Night
06. Marshia
07. Howa Howa Shuwa Shuwa - 宇宙ネコの舌ざわり -
08. 夕焼けの時間です
09. Who are you?
10. Twinkle Twinkle Starlight - 三日月形の犬をもとめて -

杉 真理作曲、鈴木 茂編曲による01。ディキシーランド風のポップ・ナンバーで、1stアルバムには見られなかったPOP色の強い曲ですね。
02も杉 真理の作曲で、松任谷 正隆の編曲。須藤 薫の初期の作品に通じるポップなナンバーです。林 立夫、後藤 次利、松原 正樹という「真夜中のドア」とほぼ同じミュージシャンです。
CITY POPなナンバー03。ヒット・メーカーの亀井 登志夫の作曲で、松任谷 正隆のアレンジが冴えた曲。ユーミンのナンバーに通じる都会的なサウンドが魅力で、松原 正樹のギターが良いです。
佐藤 健作曲、松任谷 正隆編曲による04も、佐藤 健らしい都会的なメロディーと松任谷のリズム・アレンジが印象的です。
林 哲司作・編曲の名曲05。「真夜中のドア」とは異なり、テンポのあるポップなナンバーです。キャッチーなメロディーとサビのインパクトの強さは、さすが林 哲司といった感じですね。今 剛のギター・カッティングに注目です。
松原 みき作詞・曲、鈴木 茂編曲の06。やはりプロの作品に比べると、聴き終えた時に印象として残り辛いタイプの曲ですね(笑)
鈴木 茂の作・編曲による07。バラード調で始まり、途中から明るいポップ調に変わる変則的な曲です。
松任谷 正隆作・編曲の08。松任谷のアレンジは、センスがやはり良さを感じます。松原 正樹のギターが大活躍していますし、後藤 次利のベースもかなり渋いプレイを聴かせてくれます。
松原 みきが作詞・作曲・編曲とキーボードを一人でこなした1分強の小曲です。
ラストの10も松任谷 正隆の作・編曲です。美しいメロディーのミディアム・バラードです。

完成度を考えれば、1stの方が上だと思いますが、新たな路線を開拓しようとする意気込みを感じるアルバムですね。それは作家陣を見れば一目瞭然ですね。ただ、やはり彼女の声や歌い方には、杉 真理や鈴木 茂の提供したライトなポップ・ナンバーはしっくりこないというのが、私の正直な感想です。
逆に03、04、05のような1stアルバムの延長線にある曲の方が、彼女には似合っていますし当時のCITY POP路線にぴったりと嵌っていたように思います。
03、04、05を聴けただけでもこのアルバムを買って良かったと思えたアルバムでした。
[PR]
by kaz-shin | 2007-01-05 00:20 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback(1) | Comments(12) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4847783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 春樹の小部屋 at 2007-01-06 23:11
タイトル : 指圧かあ。
指圧は痛いほうが効くのか? 以前も書いたような気がしますが、わたくし肩こりが非常にひどく、特に異動で事務職になってからはそれがますます進行しております。 おまけに主業務がPC画面とにらめっこなもので、さらに眼精疲労っぽい症状が… そんなわけで現在も両肩に膏薬が貼ってあります。 指圧かー。 それもいいかも。 針とかどうなんでしょうかね。 ちょっと興味はあります。 話は変わりますが、今日はなぜかやたらに眠いです。 体が弱っているんですかね。 昨日8時間睡眠、午後に睡魔に勝て...... more
Commented by まるいチーズ at 2007-01-05 00:51 x
今晩は、またおじゃまします(笑)
kaz-shinさんは5日から出社ですか?私は今日からでした、と言っても初日ですので各部署への年始の挨拶回りばかりで(私、人事部なので)
...変に疲れました(笑)
松原みきさん、この方もよく聞いてました(今も聞いてますが)。このアルバム持ってます!、一番好きな曲は03です、あと彼女の曲の中ではあまり売れなかったのですが「ハロー・トゥデイ」が大好きです。彼女亡くなったんですよね、長いこと知りませんでした、彼女のアルバムって長時間聞いていても飽きないと思いませんか?独特の声とアレンジがよいせいかな?っと勝手に思っています(笑)


Commented by WESING at 2007-01-05 23:52 x
少し甘ったるい感じの声は微妙に好みではなかったりしますが、1stアルバムの楽曲が良くて、続けてアルバムやシングルを買いました。
このアルバムでは5が一番好きですが、自作の短い曲も好きでした。
 杉真理さんが曲を提供していたことは覚えてませんでしたね。その所為か普通に松原さんが歌う曲として聞いてました。(^_^ゞ
クレジットを見ようと思ってCDを出したら書かれてませんでした。
CD化されたのは省かれていることも多いですね。
Commented by kaz-shin at 2007-01-06 01:01
まるいチーズさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いつも思うのですが、仕事始めというのは気分の切り替えが難しいですね。
しかも、明日から3連休。火曜日は疲れそうです(笑)
「Hello Today」が好きというのは渋いですね。シングル・オンリーの曲ですからね。
私の持っているベスト盤にも収録されていないですよ(笑)
独特の声ですが、嫌味が無いと言うのか確かに長時間聴いていても疲れないですね。
アレンジが良さもその要因のひとつに間違い無いですね。
彼女と私は同じ年齢なんで、早すぎる死は本当に残念でなりません。
Commented by kaz-shin at 2007-01-06 01:15
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に鼻にかかったような独特な声ですね。ある意味強みではありますね。
01、02が杉 真理作品なんですが、あまり松原さんに似合っているとは思えないんですね。
やはり、林 哲司さんの作品との相性が良い様に思います。
私のCDはQ盤シリーズのもので、アナログ盤と同じ歌詞カードが入ってました。
Commented by at 2007-01-06 12:00 x
私も、1stアルバムで止まったままでいるリスナーの一人です。(笑)
タイムリーに聴いてはいましたが、この2nd発売当時の各レビューの論評の多くが、1stと比べると...?といったものだったと記憶しています。
でもここのレビューを読んでからは聴いてみたくなりました。
Book offでもなかなか見つからないでしょうねぇ?

彼女は、夕方から放送されていたFM番組「軽音楽をあなたに」のDJをやっていたこともあり、当時高校生でエアチェックにのめりこんでいた私は、今でも時折思い出したように彼女のDJ番組を懐かしく聴いています。

Commented by kaz-shin at 2007-01-07 01:59
夢さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このアルバム探せば、まだ新品で売ってますよ。
東京ならば秋葉原辺りの大型電気店のソフト専門店などで見かけます。
逆にHMVとかの専門店で見かけることは、あまりないですね。
見つかると良いですね。中古市場では1stしか見たこと無いです(笑)
Commented by macky-news-center at 2007-01-08 00:07
松原みきさんというと、どうしても、
♪stay with me…真夜中のドアをたたき~♪♪の
「真夜中のドア」の印象が強いですよね。あれって、
今聴いても名曲ですしね。でも「JAZZY NIGHT」
もいい曲です。これだけは聴いたことがあります。
シングル曲ですから…
Commented by kaz-shin at 2007-01-08 01:18
mackyさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
「真夜中のドア」があまりに凄い曲なので、松原さんも辛かったでしょうね。
「真夜中のドア」を凌駕する曲を、聴く側は求めますから・・・。
残念ながら「真夜中のドア」を越える曲は出てきませんでしたが、
J-POP史上に名を残すことが出来たのは素晴らしいことですよね。
Commented by misozi-rengou at 2007-01-08 09:52
「misozi-rengou」's Macky=「macky-news-center」's Macky
Commented by kaz-shin at 2007-01-09 00:11
Mackyさん、コメントありがとうございます。
了解しました。なんだかすっきりしましたよ。
次回からはMackyさんで統一させてもらいます。良いでしょうか?
Commented by macky-news-center at 2007-01-10 00:10
>次回からはMackyさんで統一させてもらいます。良いでしょうか?
OKです。いつも、その時にログインしているほうで書き込みをして
いるだけなので、私も特別使い分けているわけではありません。
Commented by kaz-shin at 2007-01-10 00:25
Mackyさん、こんばんは。
了解しました。また、コメントよろしくお願い致します。
<< 竹内 まりや_VARIETY ページトップ DAVID FOSTER_A ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon