Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
TULIP_SINCERELY YOURS ◇ 2007年 01月 07日
e0081370_2259820.jpg 

古い話で恐縮ですが、今から33年程前の話です。中学3年生の時、初めてコンサートというものを体験しました。それはチューリップのコンサートでした。中学に入学して直ぐに、ビートルズに嵌り、明けても暮れてもビートルズ漬けだったのですが、チューリップはビートルズを意識していたバンドとして興味があったので聴いていました。友人に誘われコンサートへ出かけたんですが、やはり生のバンド・サウンドは中学生だった私には新鮮でした。それから結構アルバムを購入して聴いていましたね。特に『TAKE OFF』(↑のジャケット写真:右)、『ぼくがつくった愛のうた』、『無限軌道』、『日本』というアルバムは、本当に好きでよく聴きました。

そんなチューリップですが、アナログ盤は結構持っているのですがCDを1枚も持っていませんでした。好きなアルバム、特に上記の4枚は欲しいとは思っていたのですが、予算の都合上購入したのが今回紹介するベスト盤『SINCERELY YOURS』です。2002年にビクターからリリースされた2枚組で、シングル曲セレクション+アマチュア時代のライブ音源を収録した表ベストと、アルバム収録曲をセレクトした裏ベストの計39曲で構成されています。

『TULIP / SINCERELY YOURS』
disk.1 表ベスト
01. 魔法の黄色い靴
02. 一人の部屋
03. 心の旅
04. 銀の指輪
05. 青春の影
06. ぼくがつくった愛のうた (いとしのEmily)
07. サボテンの花
08. 娘が嫁ぐ朝
09. 風のメロディ
10. 夕陽を追いかけて
11. 虹とスニーカーの頃
12. 星空の伝言
13. 涙のパーティー
14. We believe in Magic
15. あなたのいる世界
★Bonus track : 1971年11月30日小倉市民会館にて
16. おいらの気楽な商売
17. 白い雪そんな雪が私は好き
18. 魔法の黄色い靴
19. 私の小さな人生

disk.2 裏ベスト
20. 千鳥橋渋滞
21. もう笑わなくっちゃ
22. 君のために生まれかわろう
23. あの、ゆるやかな日々
24. なくした言葉
25. 心を開いて
26. 愛のかたみ
27. 生きるといふこと
28. あのバスを停めて!
29. 都会
30. あの娘は魔法使い
31. 博多っ子純情
32. 人生の始まり
33. 逆回転
34. 神様に感謝をしなければ
35. Someday Somewhere
36. Shooting Star
37. 2222年ピクニック
38. I dream
39. Well (Mr.Good-bye)

今回は39曲も曲数があるので、曲毎のレヴューはしません(笑)
1976年リリースのアルバム『MELODY』以降は、ほとんど聴いていません。なので個人的に思い入れの強いのは、01~07、20~29辺りの曲になります。興味深いのは、01~15のシングル曲全てが財津 和夫の作詞・作曲による作品だという事。これは財津 和夫のソング・ライターとしての優れた才能の証でしょう。加えて凄いのが、デビュー曲01からチューリップの名前を全国に広めた大ヒット曲03まで、僅か10ヶ月しか要していないところですね。曲を作っているのは財津 和夫ですが、曲調によってメイン・ヴォーカルを財津 和夫と姫野 達也を上手く使い分けているのが、成功の大きな要因だったのではないかと思います。
表ベストで3曲を選ぶとすると、05、06、07ですね。05は、どう考えてもビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の影響を受けて作られたであろう名曲で、後世に残っていく曲のひとつではないかと思います。06は、それまでのチューリップにはあまり聴かれなかったPOPなメロディーが魅力でした。07は、若い世代の人にはTVドラマ「ひとつ屋根の下」の主題歌として馴染みがあると思いますし、この曲=チューリップという感じの曲かも知れませんね。

裏ベストで好きな曲は、姫野 達也の作曲した作品が不思議に多いです。好きなのは、23、24、25、28辺りですね。安部 俊之作詞、姫野 達也作曲の23は、イントロのピアノのフレーズがまんまビートルズの「マーサ・マイ・ディア」なのが笑えます。メイン・ヴォーカルは財津です。
24は、財津 和夫作詞、姫野 達也作曲で、しっとりとしたバラード曲です。姫野のメイン・ヴォーカルで、コーラス・ワークの美しい曲です。
財津 和夫作詞・作曲の25。ヴォーカルも財津自身でキャッチーなメロディーと、どこかフォーク・ソングっぽい歌詞が印象的です。
安部・姫野コンビの作品28は、珍しく財津・姫野のユニゾンによるヴォーカル曲です。姫野の作曲した曲は、財津の曲に比べると独創的でインパクトの強い曲が多いですね。

チューリップというバンドは、ビートルズの影響を強く受けているのは曲を聴けば一目瞭然なのですが、歌詞や曲のタイトルがフォーク・ソングの流れの延長線上にあるようで、そのアンバランスが今聴き直すと面白く感じますね。しかし、私にとってチューリップは青春の1ページを彩ったバンドであることは事実で、忘れられないバンドのひとつです。このアルバムを聴いていると、中学生時代、高校生時代の友人達の顔が不思議と浮かんできます(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2007-01-07 01:44 | ベスト盤 | Trackback(1) | Comments(14) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/4862289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from A Day In The.. at 2007-01-07 12:39
タイトル : TULIP BOX
ボックス チューリップ / 東芝EMI 1972年発表の『魔法の黄色い靴』から、1984年発表の『I dream』までの18枚入り全17タイトルを収めたボックスセットです。 チューリップのアルバムを手っ取り早く集めることができるということで、思い切って購入しました。 価格を考えると思い切りすぎた感もありますが。 缶ケースBOXに収容されており、税込み24000円です。 今から約7年半くらい前に購入しましたが、よく考えてみると通して1度しか聴いていません(笑) ということで、こ...... more
Commented by nowhere1967 at 2007-01-07 12:38
チューリップを聴き始めたのは高校1年生の頃で、1983年頃です。
今思うと、この頃はピークを過ぎていた感がありますね。
BOXセットを購入して、70年代の曲を聴いて、そう感じました。
それだけ70年代は勢いを感じます。
もろにビートルズの影響を感じる点は好きですよ^^
Commented by 元うぃんどおやじ at 2007-01-07 15:22 x
懐かしいですね。私も黄色のアルバムで。。。”チューリップガーデン”という二枚組みを持ってました。カラオケは行かないほうですが、行ったときなど、銀の指輪とか歌ってしまいます。(最近の歌、全くしらないので。。あはは)
Commented by shintan_shintan at 2007-01-07 20:07
こんばんは。チューリップはベスト盤1枚しか所有してないんですが、ビートルズとフォークの融合って感じでいいですよね。「青春の影」が大好きで、カラオケに行けば必ず歌ってます。
Commented by kaz-shin at 2007-01-07 20:30
nowhere1967さん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
BOXセットですか、良いですね。私は記事で書いた4枚のアルバムはCDで欲しいですね。
デビューから1975年位までがチューリップを1番聴いていた時期なので、
どうしても70年代半ばまでのアルバムに思い入れが強くなってしまいます。
80年代のチューリップの音楽を全く知らないので、興味はあるのですけど・・・。
機会があれば80年代のチューリップも聴いてみようと思います。
Commented by kaz-shin at 2007-01-07 20:41
元うぃんどおやじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
コアなファンでなければ、チューリップのサウンドはベスト盤で十分楽しめると思います。
私の友人でもカラオケに行くと「銀の指輪」を歌うのがいます。私は「青春の影」ですが・・・(笑)
私も最近の曲は、知っている曲は多いのですが、タイトルやアーティスト名が覚えられません。
ですから当然、カラオケで歌うことも無いですね(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-01-07 20:52
shintanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
チューリップで1番好きな曲は?と尋ねられたら、間違い無く「青春の影」を
選びます。名曲として後世に残って欲しい1曲ですね。
ビートルズの影響がかなり強くて、曲によっては笑ってしまいそうになります。
それでいて詞や曲名がフォークっぽくて、本当に個性的なグループです。
Commented by hisa at 2007-01-07 22:41 x
改めて調べると1985年発売のI LIKE PARTYまで持ってました。でも80年代にはいると自己満足的でこれはというアルバムは無いように思います。私が好きな歌、魔法の黄色い靴、風のメロディ、夢中さ君に、セプテンバー、1人の部屋、いとしのエミリーなどです。
チューリップで一般的な(好きな人が多い)曲は曲調やアレンジがフォーク的な曲が多いですが、私はロック色の強い方が好きです。
Commented by kaz-shin at 2007-01-07 23:32
hisaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
hisaさんは、結構長くチューリップを聴かれてたんですね。
私は『MELODY』以降は、何故か興味を失い聴かなくなってしまいました。
アルバムの中には、当然の如くシングル曲とはタイプの違う曲が多くて
楽しんで聴いてました。
組曲風の「甲子園」なんて結構好きでしたね。コミカルな曲も結構ありました。
Commented by smiletiny at 2007-01-08 13:44
ユニオンに行くといつも悩む、チューリップを買うか買わないか。
今度行ったらやっぱり買おうっと
Someday Somewhere 聴きたーい♪

こんにちは
遅くなりました
今年もよろしくです♪♯
Commented by pyonta_z at 2007-01-08 23:49
このマニアックなベストは所持しておりますが、これが発売されたとき
の再結成ツアーの演奏曲も結構マニアックだったことを思い出しました。
あ、私は数少ない第二期TULIP派です。

今年はオリジナルアルバム発表~再再再再再(笑)結成ツアーが
予定されているみたいですが、ライヴに行くか、今から迷っています。
ここ何年か、かつてのファンから絞れるだけ絞り取ってやれという、
レコード会社の姿勢が鼻について、興ざめしているのですよねえ。。
Commented by kaz-shin at 2007-01-09 00:14
smiletinyさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
チューリップのアルバム収録曲とかに拘らないなら、ベスト盤を1枚買っておくのも良いかも知れませんよ。
割りと馴染みの曲も多いですし、smiletinyさんのようにたまに無性に
聴きたくなるんですよね、チューリップって・・・(笑)
Commented by WESING at 2007-01-09 00:19 x
友人が「心の旅」が好きだと言ってましたが、僕はそれ程でもありませんでした。
これで、チューリップはビートルズに影響されたと聞くけど、音楽はフォーク系だと思ってしまいました。

なので、アルバムはまったく買ったことないけど、FMのライブはよくチェックしてました。

財津さんといえば、原みどりさん、当山ひとみさんとのデュエットが好きでした。
Commented by kaz-shin at 2007-01-09 00:23
pyonta_zさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
チューリップを聴かれてたんですね。しかも第二期・・・。
第二期は、ほとんど馴染みがありません(笑)
自分に知らないチューリップの音にも興味がありましたし、裏ベストの方を
聴きたくてこのアルバム買いました(笑)
そんなに何度も再結成されてるんですか!驚きとともにちょっと悲しい
感じもしますね。
Commented by kaz-shin at 2007-01-09 00:52
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
初期のチューリップは、WESINGさんの仰るように博多系のフォークの
流れを強く汲んでますね。
ビートルズの影響は、アルバム収録曲でたまに感じますよ。
ですからシングル曲しか知らない一般の人には、気付き辛いと思います。
フォーク色の強かった1st、2ndよりも↑で紹介した1974年の『TAKE OFF』以降が好きなんです。
<< 大村 憲司_KENJI SHOCK ページトップ 竹内 まりや_VARIETY >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon