Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
桑名 正博_IT'S ONLY LOVE ◇ 2007年 02月 06日
e0081370_21573011.jpg 

最近は、BOOK OFFで250円のCDを探すよりもGEOの180円コーナーを探索することが多くなりました(笑)
私の住んでいる所から車で20分圏内にGEOが4軒ありますので、週末にはよく梯子して探索しております。GEOには180円、380円、580円コーナーがありまして、結構面白いCDが見つかります。

今回購入したアルバムは、1988年にリリースされた桑名 正博の『IT'S ONLY LOVE』です。以前から興味はあったのですが、新品を購入するまで欲しい訳でもないし、レンタル店でも見かけません。
そんなアルバムだったので安い金額で購入出来たのはラッキーでした。
このアルバムに興味を持っていたのは事実でして、プロデュースは桑名 正博と芳野 藤丸で、アレンジは全曲芳野 藤丸だという点と、Derek & The Dominosのあの名曲「Layla」を恐れ多くも日本語詞でカヴァーしていたからなのです。
「Layla」はオリジナルの完成度があまりに高い為に、カヴァーしてもオリジナルを絶対に超えられないであろうという事で、今までプロのアーティストがこの曲をカヴァーしているのを聴いた事がなかったので興味深かったですね。

『桑名 正博 / IT'S ONLY LOVE』
01. TRICK TOWN
02. IT'S ONLY LOVE
03. THE TRUE HEARTS
04. 彼奴(あいつ)
05. 月のあかり
06. UPPER
07. 愛しのレイラ
08. IN THE WIND
09. レイダウン・ベイサイド
10. やりきれないけれど

河内 淳一作曲によるストレートなロック・ナンバー01。ドラムは長谷部 徹、スライド・ギターは名手・松浦 喜博、ギターとベースを芳野 藤丸が担当。コーラスには桑名 晴子、金子マリ、亀淵 友香が参加。桑名らしいロックを聴かせてくれます。
ジェイ・グレイドン、グレン・バラードらとともに"プラネット3"を結成した事でも有名なクリフ・マグネスとマーク・ミューラーの作品02。極上なAOR作品です。ギターは芳野 藤丸とジェフ・バクスターの二人で、藤丸が素晴らしいソロを披露しています。確かこの曲はクリフ・マグネス自身も歌っていたと思います(確かではないので、もしかした違っているかも知れません)
外国人作家による作品03は、ウェスト・コースト・ロック路線のナンバーです。安藤 芳彦の日本語詞が桑名節にぴったりとハマっていますね。間奏のギター・ソロは、原田 喧太です。
桑名 正博作曲による乾いた土の香りのするミディアム・ナンバー04。松原 秀樹のベースと藤丸のギター、そして桑名 晴子のコーラスが印象に残ります。
名曲05。セルフ・カヴァーです。藤丸のアコースティック・ギターを中心に、ストリングスを加えてしっとりとした夜を感じさせるアレンジになっています。この歌だけは、桑名 正博以外の人間が歌って似合うとは思えない曲ですね。淵野 繁雄のサックス・ソロが渋いです。
70年代を彷彿させるロック・ナンバー06。桑名 正博の本領発揮です。芳野 藤丸、ジェフ・バクスター、河内 淳一の3本のギターが盛り上げます。間奏のギター・ソロは、河内 淳一です。長谷部 徹のタイトなドラミングも素晴らしいですよ。
ロック好きを魅了して止まない世界的名曲のカヴァー07。賛否両論はあるとは思いますが、私は結構好きです。まず、日本語詞で歌ったのは正解だったと思います。日本語で歌った事で桑名らしさが表面に出て、いかにもカヴァーといった感じにはなっていないように思います。ドラムは樋口 晶之、ギターに芳野 藤丸、河内 淳一(ソロ)、スライド・ギターが松浦 善博というメンバーの熱演が素晴らしいです。
桑名自身の作品08。ウェスト・コーストの香り漂うミディアム・チューンで、タイトル通りに爽やかな風を感じる1曲です。八木 伸郎のハーモニカがフィーチャーされています。
安藤 芳彦作詞、芳野 藤丸作曲によるCITY POPな09。藤丸のカッティングが心地良いナンバーで、夜の東京湾を眺めながら聴きたいですね(笑)
バラード曲10は、河内 淳一の作曲によるナンバーです。

想像以上に良かったというのが正直な感想です。桑名節も堪能出来ますし、芳野 藤丸のアレンジも凄く良いですね。久々に桑名の歌を聴きましたが、やはり上手いですね。クセのある独特の歌い方は好き嫌いがはっきりと分かれるとは思いますが、私は大好きです。
「愛しのレイラ」は面白かったです。日本語詞の「Layla」は想像がつかないと思いますが、悪くはないですよ。興味があったらぜひ聴いてみて下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2007-02-06 00:01 | 180 - GEO | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/5094024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひと at 2007-02-06 23:37 x
>あの名曲「Layla」を恐れ多くも(笑)・・・
Kaz-shinさんこんばんは。今2日間の山梨出張から戻りました。その
間に週末の大阪がセッティングされましたが。私、営業でもないのに。
桑名の兄貴は歌うことが好きなだけで、多分誰が演奏しようが、誰の
曲だろうが全く気にしていないと思われます。今日も帰りのスーパー
あずさでちょうど八王子を過ぎた頃、シャッフルしていたipodから
「キャデラック」が流れましたが、上手いですね。たまにTVのバラエティ
で歌っているのを見ますが、他の歌手は息を呑んで聴いているという
感じですね。その瞬間なぜか誇らしげな気持ちになるのです。
Commented by kaz-shin at 2007-02-06 23:51
ひとさん、こんばんは。出張ご苦労様です。
私も明日から2泊3日で大分出張です。ほうとう食べました?(笑)

「Layla」をカヴァーしていると知って、実際に聴くまでは英語詞でのカヴァーだと
思っていたので、チャレンジャーだなと思っていたんですね。
ところが、実際は日本語詞でのカヴァー。これが実に良かったですね。
私は大好きです。本当に桑名さんは兄妹揃って歌が上手いですね。
テクニック云々ではなく、その存在感が・・・。
「Layla」を聴いてポップ系の曲も良いけれど、やはり桑名さんはロックが
似合うと痛感しました。
Commented by macky-news-center at 2007-02-08 22:18
やっぱり名曲だな…「月のあかり」。
桑名さんの曲で一番好きなのは「Ten Years After」。
Commented by kaz-shin at 2007-02-09 20:47
Mackyさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「月のあかり」や「夜の海」は大好きなんですが、私が1番好きなのは
「さよならの夏」ですね。これは本当に名曲だと思います。
<< ニッポンのロック・ギタリスト達... ページトップ ジュディ・オング_白の幻想 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon