Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
当山 ひとみ_AFTER 5:00 STORY ◇ 2007年 03月 23日
e0081370_22305460.jpg 

今回紹介するのは、少々マニアックな部類に入るアーティストかも知れないですが、80年代にペニーの愛称で親しまれていた当山 ひとみが1989年にリリースしたアルバム『AFTER 5:00 STORY』です。
正直なところ、彼女については詳しく知りません。持っているアルバムは1981年の1stアルバム『JUST CALL ME PENNY』と、今回紹介するアルバムの2枚だけなんです。しかも、『AFTER 5:00 STORY』は最近中古店で見つけ、ジャケットとアルバム・タイトルに惹かれて購入したものです。
1stアルバム『JUST CALL ME PENNY』は、42ndストリート・バンドや24丁目バンドをゲストに迎えており、なかなかソウルフルな歌声を聴かせてくれて好きなアルバムだったのですが、何故かこの1枚を買っただけで終ってしまいました。歌声も好きだったのですが、タイミングが合わなかったという事かも知れませんね。
ですから、ずっと当山 ひとみの事は忘れていたんですが、このアルバムを見つけたので久しぶりに1stアルバムと共に聴いてみました。いずれ1stアルバムも記事を書きたいと思っています。

プロフィールに関しての知識が全く無かったのでネットで調べてみたところ、沖縄出身で英語も堪能、現在でも現役で活躍されているようです。1stアルバムを聴いた時から英語の発音が良いなとは思っていましたが、やはりベラベラなようですね。
アルバムも相当数リリースしているようで、一時期は角松 敏生を彷彿させるようなN.Y.ファンク系を歌っていたようです。これは興味があるので、また探してみたいと思いますが・・・。
紹介する『AFTER 5:00 STORY』は、ジャケットのイメージそのままのソフト&メロウなナンバーを中心にしていますが、ダンサブルな曲もあり、英語で歌われている曲もありますが、全体的にはしっとりと落ち着いたムードに仕上がっています。
アレンジは全曲小林 信吾で、バックにはジョン・ロビンソン(ds)、マイケル・ランドゥ(g)、ランディ・ジャクソン(b)等が参加しています。

『当山 ひとみ / AFTER 5:00 STORY』
01. 煙草を吸わない彼女たち
02. 涙のNIGHT GAME
03. 真夜中の稲妻 ~Lightning In My Heart~
04. TAKE MY BOUQUET
05. WOMAN MADE TO LOVE
06. PRIVATE TIME
07. WHERE THE BOYS ARE
08. VELVET RAIN
09. STARTING OVER AGAIN

打ち込みによるグルーヴを全面に押し出したダンス・チューン01。一時期の国分 友里恵のサウンドを彷彿させます。都会の夜にお似合いの1曲です。

小林 信吾作曲のナンバー02。打ち込み系のサウンドですが、洒落たアレンジでこれまた都会の夜のイメージです。マイケル・ランドゥらしいギター・カッティングが心地良いですね。

AOR風バラード曲03。小林 信吾の作曲のナンバーです。田口 俊の色っぽい詞と親しみやすいメロディー、そしてスケールの大きなアレンジが印象的な曲です。

メロウなナンバー04。結婚を祝ってくれる友人にブーケを受け取って欲しいという、友情を歌った曲です。デヴィッド・ボラフの泣きのサックスが渋いです。

英語曲05。作曲はメリンダ・ジェンセンとジョーイ・ジョンソン。サビのメロディーがキャッチーで聴きやすいバラード曲。曲の後半でのマイケル・ランドゥのギター・ソロが聴き所です。

都志見 隆作曲によるポップ・ナンバー06。海辺の腰掛け、海風に吹かれながら聴きたいような爽やかなナンバーです。"BEACH'S WIDOW"の歌ですね(笑)

ハワード・グリーンフィールドとニール・セダカによる曲で、コニーフランシスがヒットさせた邦題「ボーイ・ハント」のカヴァー07。この曲は何故か夕暮れの海に似合う気がします。ペニーのヴォーカルも素晴らしいですね。名曲です。トミー・モーガンのハーモニカは圧巻ですよ。

夕暮れの都会の雨を歌った08。どこかオールディーズ風な雰囲気を持ったミディアム・ナンバーですね。田口 俊の訳詞がとても洒落てます。

しっとりと聴かせるバラード曲09。洋楽の匂いのするスケールの大きいアレンジとメロディー、そしてペニーのエモーショナルなヴォーカルが素晴らしい1曲です。

突出した曲は無いのですが、どの曲もメロディアスで聴きやすいアルバムだと思います。特にアルバム・タイトル『AFTER 5:00 STORY』は実に上手いネーミングで、まさに午後5時以降、翌朝の朝5時位までの間に聴くのがベストですね。夕暮れ迫る海岸線のドライブのお供には最適なアルバムだと思います。
ペニーの歌声も好きなタイプの声なんで、これからも中古でアルバム見つけたら買ってみようと思います。
それにしても80年代って、ブレイクしなかったけれど二名 敦子や今回の当山 ひとみ等個性があって上手いシンガーが多かったですね。まだまだ私の知らない素晴らしいシンガーが沢山いたんでしょうね。
ぜひ発掘したいものです。
[PR]
by kaz-shin | 2007-03-23 00:03 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/5378807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ucchi at 2007-03-23 18:19 x
ちわ~^^
ボクも彼女は↓で1曲紹介しているのですが、
http://blog.goo.ne.jp/ucchi80/e/aa83be918e249c3d348b3d63835c5bfc
アクセス解析見ると彼女の名前で検索されて訪れる方がけっこう多いのにビックリ...
と言いつつボクも紹介しているアルバムとベスト盤しか聴いていないんですけどね...
Commented by kaz-shin at 2007-03-24 00:13
ucchiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ucchiさんの記事は以前読ませてもらってました。やはり聴いていたなと
感心してましたよ(笑)
最近になって1stを聴き返して、なんとなく聴きたくなったアーティストの
一人なんですが、なかなかアルバムが見つかりませんね。

アクセス解析を見ると、私のブログでは必ずベスト3に入ってくるのが
二名 敦子さんと三木 聖子さんなんです。マニアックな人が多いのに
驚きます(笑)
Commented by ayuki at 2007-03-24 00:46 x
はじめまして。良く拝見していますが、懐かしいジャケを見つけたのでコメントをさせていただきます。当山ひとみさんはかなり好きで良く聴きました。もちろんこのCDも大好きな1枚です。伝奇小説で著名な菊地秀行さんの妖獣都市と言う小説がアニメ化されたときの主題歌と挿入歌を当山ひとみさんが歌っています。特に挿入歌のIt's Not Easyと言う曲が好きで、その曲の収録されているONE SCENEと言うCDはお薦めです。またお邪魔させてください。
Commented by kaz-shin at 2007-03-24 01:13
ayukiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
私もFUSIONさんのところからayukiさんのブログを知り、拝見していました。
今後ともよろしくお願いします。
"妖獣都市"や"魔界都市[新宿]"は好きなアニメ作品で、レンタルで何回か観てます。
主題歌と挿入歌が当山さんだったんですね。全然気付きませんでした。
最近、このCDを中古店で見つけてから、注意深く探していますが
なかなか見つかりません。ぜひ『ONE SCENE』は聴いてみたいです。
頑張って探してみますね。情報ありがとうございました。

勝手ながらリンクさせて頂いてよろしいですか?
不都合があれば仰って下さい。
Commented by zz at 2007-03-25 03:08 x
こんばんは。
当山ひとみさん、いいですね。
「Hello me」ってアルバムに入ってる「銀河の片隅で」が特に好きです。
このアルバムも聴いてみたいです。CD探してみます。
Commented by kaz-shin at 2007-03-25 09:39
zzさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
『Hello me』は聴いた事ないです。私も当山さんのアルバムを色々と探して
みようと思いはじめています。
しかし、80年代って良いアーティスト、シンガーが多かったですね。
今更ながら驚いている次第です(笑)
Commented by WESING at 2007-03-26 00:21 x
ファーストを買っていて、声が好きだと言うのに、後が続いていないというのが信じられないくらいです。(笑)
当山ひとみさんは井田リエ& 42 Street Bandのアルバムにコーラスで参加していて、その42丁目バンドを受け継ぐ形でデビューしたように受け止めています。
僕は当山ひとみさんの声は大好きなんですよ。それに楽曲の良いのが多かったんですよね。
たぶん2ndを除いてすべてのアルバムがCD化されていると思うけど、CD時代初期の頃だから手に入りにくいと思います。
そういえば、2ndは松原正樹さんも参加していたはずです。
Commented by kaz-shin at 2007-03-26 00:33
WESINGさん、コメントありがとうございます。
>ファーストを買っていて、声が好きだと言うのに、後が続いていないというのが信じられないくらいです。(笑)
私の場合、広く浅くなものでアルバム1枚だけ購入してそのままというアーティスト沢山いますよ。
今になってもっと聴きたいと思う人は沢山いますが・・・。
そんなにレコードばかりにお金が使えなかったというのが、1番の理由ですけれどね(笑)
<< 笠井 紀美子_TOKYO SP... ページトップ CHRISTOPHER CRO... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon