Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
ONE STEP COMMUNICATE_ONE STEP COMMUNICATE ◇ 2007年 08月 07日
e0081370_2254229.jpg 

私が好きなCITY POPは、主に70年代~80年代に制作されてものが多く、このブログで紹介しているCITY POPも大半が70年代~80年代のアルバムです。1990年代に入ると、いわゆる"渋谷系"と呼ばれる音楽が台頭してきました。"渋谷系"の音楽が嫌いな訳ではないのですが、CITY POPが都会的かつリゾート感覚を含むポップスだとすれば、"渋谷系"の音楽は都会的であってもリゾート感は薄れてきた印象がありました。そんな90年代においても、80年代の色鮮やかなCITY POPを感じさせてくれるアーティストは存在しました。今回はそんな90年代におけるCITY POP、J-AORを感じさせてくれるアーティストを紹介します。

今回紹介するのは、1994年にデビューした"ONE STEP COMMUNICATE"のデビュー・アルバム『ONE STEP COMMUNICATE』です。
ONE STEP COMMUNICATEは、中川 顕一(Vocal)、矢野 弘佳(Guitar、Keyboards、Computer Programing)、工藤 毅(Bass)の3人によるユニットです。1997年に解散するまでに5枚のシングル、3枚のアルバムをリリースしています。彼等の音楽は、オメガトライブの音楽に通じる爽やかさと、打ち込み主体のリズムによる都会的なサウンドが融合したJ-AORといった趣きがあります。

『ONE STEP COMMUNICATE』は6曲入りのミニ・アルバムです。私は2ndアルバム『Gimme your smile』(1994年)までしか聴いたことがないのですが、この2ndもミニ・アルバムでした。
収録曲6曲全ての作曲とアレンジは、メンバーの矢野 弘佳が担当しています。ゲスト・ミュージシャンに鳥山 雄司(g)、青木 智仁(b)、難波 正司(key)が参加、ホーン・セクションはL.A.にてジェリー・ヘイ(tp)、ブランダン・フィールド(sax)等によってオーヴァー・ダビングされています。

『ONE STEP COMMUNICATE / ONE STEP COMMUNICATE』
01. True Paradise
02. 瞳に降る雨
03. アンブレラ バースディ
04. タンクトップのX'mas
05. 小さな真夏を口移す(daylight mix)
06. 海に浮かぶ宇宙

デビュー・シングルの01は、海岸線のドライブにぴったりな軽快なポップ・ナンバーです。軽快なギター・カッティング、弾けるスラッピング・ベース、爽快なホーン・セクションが心地良いサウンドのシャワーのようです。ヴォーカルの中川 顕一の声は、杉山 清貴と佐藤 竹善を足して2で割ったような印象ですね。

鳥山 雄司のギターをフィーチャーしたファンキーな02。しかし、メロディーはあくまでもキャッチーです。鳥山 雄司のハードなギター・ソロが素晴らしく、ここまでハードなソロは珍しいかも知れません。とかく雨はうっとおしいものですが、そんな気分を吹き飛ばしてくれるようなナンバーです。

AORなミディアム・ナンバー03。軽快なビートに、煌びやかなシンセ・サウンドとホーン・セクションが心地良いナンバーです。夏の突然のスコールといった印象を受ける1曲。

04は、タイトルにX'masありますが夏の歌です。夜空に光輝く摩天楼をクリスマス・ツリーに例えています。JAZZYなナンバーで、ホーン・セクションやギター・ソロも都会的な雰囲気を醸し出した洒落た曲に仕上がっています。

アルバム中で1番好きなサマー・チューン05。真夏の太陽光を体中に浴びながら聴きたい、そんなナンバーですね。実に爽快感溢れるサウンドとメロディーは、オメガトライブの絶頂期に通じるものがありますね。

透明感のあるバラード曲06。波の漂う感じと星の瞬く夜空を感じさせるアレンジが秀逸です。間奏のJAZZYなギター・ソロの音色、フレーズの美しさが耳に残ります。

この1stアルバムの帯のキャッチ・コピーは、「至上音楽園。~眺めのいいサウンドが聴こえてくる~」なんですが、短くも上手く彼等の音楽を表現しているなと感心しました。
おそらくONE STEP COMMUNICATEを知っているという人は少ないかも知れません。
かくいう私も友人が聴いているのを聴いて知りました。
セールス的に必ずしも成功とは言えなくても、決して広く知られていなくても、こういう素晴らしい音楽が沢山あるんですよね。これからもそんな音楽を紹介できたらと思っています。
海辺のドライブに最適ですし、まさに真夏にお似合いの1枚です。
中古店を探せば見つかると思いますから、ぜひ聴いてみて下さい。お薦めです。
[PR]
by kaz-shin | 2007-08-07 00:48 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(7) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/6237811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katsuhiko at 2007-08-08 00:57 x
さすがは色々ご存知ですね、わたくしは全然知りませんでした
ただ the Indigoのアルバム参加サポートしていた工藤君の
名前は知っていて http://blog.livedoor.jp/primemusic/
その工藤氏が昔ワンステとかなんとかのバンドを組んでいたと
知人から聞いていて、どんな音楽だろうかと思っていましたが
CITY POP、J-AOR系でしたか(^_^)一度聴いてみたくなりました
Commented by kaz-shin at 2007-08-09 00:44
katsuhikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
工藤さんはインディゴのサポートをしてたんですね。
インディゴとはタイプは違いますが、ワンステも80年代のCITY POPを
継承している良いユニットですよ。
ワンステの2ndアルバム『Gimme your smile』では6曲中3曲作詞を
手掛けているのですが、結構良い詞ですよ。
ぜひ、ワンステも機会があったら聴いてみて下さい。
Commented by まつのすけ at 2008-03-01 01:23 x
こんばんみーです♪

このユニット、確か何かCMソングを歌っていた記憶があります。ベースの工藤毅さんが、元WANDSの大島こうすけさんのユニット、SO-FIの曲でベースを弾いていたこともあって知っています。で、偶然都内のブックオフで発見したので、早速聴いています。
私的には、ど真ん中ですね。聴いてみて、栗林さんの曲をダンサンブルな感じにした感じというか、DEENにも近い感じがしました。
90年代の音は、小室系やビーイング系に圧倒されがちなんですが、このユニットのようなどちらでもない音が沢山あることに、ようやく気づいた次第です。私自身も、90年代は意外と開拓の余地があるかなという気がします。
Commented by まつのすけ at 2008-03-01 01:32 x
続き。ベースの工藤さんは、最近では大島こうすけさんつながりでRAMJAのアルバムに参加されています。あとLISAや嵐のような有名な方たちの曲にも参加されていますね。

偶然発見したということなので、こちらにもコメントさせていただきました。あと、紹介していただいたことをお礼申し上げます。
Commented by kaz-shin at 2008-03-01 13:57
まつのすけさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ワンステは友人に紹介してもらったユニットで、私的にはどこか80年代の香りを
持っている音楽でしたのでお気に入りになりました。
どの時代においても、自分の好きだった音楽や憧れの音楽にリスペクトして、
時代の流れとは無関係に独自の音楽を追求しているアーティストがいますよね。
おそらく90年代にも沢山いるでしょうね。私もまだまだこれから色々聴いてみたいと
思っているところです。
ワンステを気に入ってもらえたなら本当に嬉しいです。
拙い記事でも書いて良かった!(笑)
Commented by Kenny U at 2011-02-16 01:19 x
CD『Gimme your smile』(1994年)を、先日、バーゲンコーナーで見つけました!
今回、実は、買うかどうか、すごく迷ったんです!
そこで買わずにメモを取って、家に帰ってからIT検索しました!!
何と、ここMusic Avenueが、トップでヒットするではありませんか!!
勿論・・・あわてて再度お店へ直行!!です(笑)

さて、一曲目のシングルカット曲「さよならは言わせない」
これが、16ビートでかっこ良かったです。

ところで、メンバーの工藤 毅氏もベーシストなのに、青木智仁もクレジットされていますね。
すると、青木氏お得意のチョッパー(スラップ系)は、彼(青木氏)の演奏っぽいかな??

鍵盤もメンバー内にいるのに、難波氏と重見氏がクレジットされているし・・・
どう思います??おいしい所はスタジオ・ミュージシャンがやっているのかしら??

kaz-shinさんは、ご友人に紹介してもらったんですね!
良くご存じの人がいるのですねーーー。

これ、聴けてとてもラッキーでしたよー!
Commented by kaz-shin at 2011-02-21 01:11
Kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、本当にすみません。

売れたとは言い難いグループでしたが、私は結構好きなグループでした。
ヴォーカルも爽やかですし、私の好きなタイプの歌声です。
いつかヴォーカルの中川さん絡みの楽曲も紹介したいなと思っています。
<< 稲川 淳二_稲川 淳二の怪談ナ... ページトップ Toshiki Kadomat... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon