Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
稲川 淳二_稲川 淳二の怪談ナイト ~ミステリーナイトツアー ライブ盤~ ◇ 2007年 08月 08日
e0081370_20561330.jpg 

梅雨明けしてからというもの、猛暑が続いておりますが、皆さんは体調を崩していませんか?
夏という季節は大好きなんですが、仕事でスーツ着て外回りをするのは正直きつい時期でもあります。
寒いのはいくらでも我慢できるのですが、暑いのはどうにもなりませんね(笑)

今回紹介するのは、音楽のアルバムではありません。しかし、聴けば確実に体感温度は下がり、時には鳥肌が立つほど涼しくなれるアルバムです。夏と言えば怪談話、怪談話と言えば稲川 淳二ということで、稲川 淳二の"怖い話"をたっぷりと堪能出来るアルバムを紹介します。

このブログを訪れてくれる人の中で、稲川 淳二のCDを購入してまで聴くという酔狂な人はいないでしょう。
しかし、私は好きなんですよね~(笑)
DVDやビデオのシリーズも好きなんですが、怖さで言えばCDの方が断然上だと思っているので、映像モノはほとんどレンタルで済ましています。やはり、音だけの世界は、想像が膨らむ分怖さも倍増する気がしますね。お薦めは真夜中、寝床に入り、部屋を暗くしてヘッドホンで大きめの音量で聴くことです。エアコンも扇風機も必要無いくらいに涼しくなること請け合いです。

『稲川 淳二の怪談ナイト ~ミステリーナイトツアー ライブ盤~』
01. 稲川 淳二の怪談ナイト オープニングテーマ
02. ミステリーナイトツアー'98 「失意の病棟」
03. 語りべ 稲川 淳二登場
04. 第1話 最後のクラス会
05. 第2話 気のせいか?
06. 第3話 彼女たちの修学旅行
07. 第4話 207号室の患者
08. 第5話 病院裏の火葬場

このアルバムは、1998年8月にクラブチッタ川崎でのオールナイト・ライブ(深夜0時開演~早朝5時迄)を収録したものです。
私のお薦めの好きな話(=怖いと思う話)は、04、06、07ですね。特に07は、ベテラン婦長さんが、新米看護婦時代に初めての夜勤で体験した話なんですが、病院という人の生死に関わる所で働く人達には少なからず、怪体験というのはあるのかも知れませんね。

今夜はついでですから(何のついでだ?)、もう1枚紹介しておきます。

e0081370_2151517.jpg 

『稲川 淳二の実体験怪異談 ホントに怖いから聞かないで』
01. 第1話 樹海からの誘い
02. 第2話 血塗られたバス
03. 第3話 死の旅館
04. 第4話 真夜中のエレベーター
05. 第5話 屍を抱く男
06. 第6話 ドラマ「呪われた旅行」

このアルバムはスタジオ録音盤ですが、録音にはダミーヘッドという人間の頭の形をした特殊マイクを使用し、人間の耳と同じポジションに仕込まれたマイクで録音されており、臨場感溢れる語りを聴くことができるように工夫されています。
このアルバムでお薦めの怖い話は、稲川 淳二の実体験である01はかなり怖いですね。その他にも03も結構怖いですし、05は人気の高い話で、怖いと言うよりももの哀しい話です。
06は、稲川 淳二が学生時代に体験した初めての怪現象の話をドラマ仕立てにしたものです。

私が稲川 淳二の話で1番怖いと思っているのは、以前紹介したCD『秋の夜長のこわ~いお話』に収録されていた「あやつり人形の怪」という話です。
この話は別名「生き人形」と呼ばれている話で、もちろん稲川 淳二の実体験です。非常に長い話で、『あやつり人形の怪』も40分を超えます。ビデオやDVDで『生き人形』というタイトルのものがあり、この話だけのライブの模様が収録されています。おそらくレンタルもあると思いますので、怖い話が苦手でない人や、逆に怖い話が大好きな人にはお薦めです。
ちなみの「生き人形」がどんな話なのか興味のある方は、"稲川淳二 生き人形"でGoogle等で検索してみて下さい。中には、この話をテキスト化しているサイトもありますから・・・。
ただし、怖くて眠れなくなっても、当方は一切の責任を負いません。ご了承下さい(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2007-08-08 00:02 | 企画モノ | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/6243223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KINGO at 2007-08-10 12:48 x
間違いなくジャケ買いは しないな。
Commented by kaz-shin at 2007-08-11 01:14
KINGOさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
普通はこのジャケットを見て購買意欲がわく人はいないでしょうが、相当な
怖いもの好きな人には魅力的に映っているかも知れませんよ(笑)
<< 郷 ひろみ_I miss yo... ページトップ ONE STEP COMMUN... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon