Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
門 あさ美_SACHET ◇ 2007年 10月 31日
e0081370_20234443.jpg 

今月24日にテイチク時代のオリジナル・アルバム7枚が紙ジャケットで再発された門 あさ美。入手困難なアルバムが多かったので、この機会を逃すなとばかCDを買った人も多かったでしょうね。もちろん私もそんな一人なんですが・・・(笑)
今月の初め(2日)に再発を記念して、1981年リリースの3rdアルバム『SEMI NUDE』を紹介しましたが、今回は発売後記念ということで私が1番回数多く聴いたであろう大好きなアルバムを紹介します。
そのアルバムは、1980年にリリースされた2ndアルバム『SACHET』です。
当時二十歳そこそこだった私に衝撃を与えた1979年のデビュー・アルバム『Fascination』では、エコーを効かせたサウンドが印象的でした。しかし、この2ndではストレートなサウンドになり、2枚目にしては完成度が高い作品だと思っています。収録曲も捨て曲無しのメロディアスなものばかりです。

このアルバムをリアル・タイムで聴いていた頃は、私は大学生の単なる若造でしたので、門 あさ美の書く詞の官能的な匂いや艶かしい歌声に悶々としていましたが、あれから27年も経って改めて彼女の数々のアルバムをじっくり聴くとあの時の印象とは違ってきています。
門 あさ美の書く詞に登場する主人公(女性)は皆、恋愛に対して一途なんですね。色んな恋愛のケースがありますが、その主人公の誰もが恋愛に真剣というか全身全霊で恋愛している・・・、そんな気がします。
ですから若い時には感じなかった女性の哀しさ、切なさみたいなものを今は感じることが出来るようになりましたね。私も大人になったということでしょうか(笑)

『門 あさ美 / SACHET』
01. セ・シボン
02. 予告状 (はじめての手紙)
03. 予期せぬ出来事
04. ハート半分
05. Silk Night
06. Lonely Lonely
07. Mr.K
08. 下りのない坂道
09. Do Do
10. やさしい声で殺して

アルバム冒頭から門 あさ美ワールド全開の01。彼女にぴったりなナンバーですが、歌詞は門 あさ美と小林 和子の共作、作曲は岡本 一生、編曲は戸塚 修です。この頃の戸塚 修は、八神 純子のアルバムでも素晴らしいアレンジを聴かせてくれてましたが、この曲のアレンジも軽やかで気持ち良いですね。

01の気持ち良さをそのまま引き継ぐ02。大好きな曲なんです。作詞・作曲は門 あさ美、編曲は才人・大村 雅朗です。サビのメロディーがたまらなく好きです。残念ながらCDにもアナログ盤にもミュージシャン・クレジットが無いので分かりませんが、間奏のギター・ソロも味わい深いですね。切ない歌詞です。

作詞・作曲:門 あさ美、編曲:鈴木 茂の03。アコースティック・ギターの優しい調べに乗せてしっとりと歌う門 あさ美のヴォーカルが光るバラードです。こんなシンプルな演奏なのに、不思議と印象に残るナンバーです。

一転して明るくポップなナンバー04も作詞・作曲:門 あさ美、編曲:鈴木 茂によるナンバーです。ラテン・フレーバーを散りばめたCITY POP風なアレンジが80年代らしくて良いですね。ベースは後藤 次利っぽい気がしますが・・・。鈴木 茂らしいギターも聴けます。

何故か編曲のクレジットが抜けているバラード曲05。ピアノの弾き語りのようなシンプルで、美しいメロディーが印象的です。もしかしたら、門 あさ美自身のアイディア、アレンジなのかも知れません。門 あさ美の声はまさにシルキーそのものです。

シングル・カットされた06。シングル曲らしいキャッチーなメロディーと、松任谷 正隆のツボを押さえたアレンジが特徴です。1度聴けば口ずさめるような親しみやすいメロディーが光ってますね。作詞・作曲は門 あさ美。

07も大好きな曲で、当時一世を風靡したドゥービー・ブラザーズ・スタイルのリズム・リフが心地良いミディアム・ナンバー。大村 雅朗のアレンジが素晴らしいですね。惜しい人を失ったなと実感しました・・・。作詞・作曲は門 あさ美です。

大村 雅朗のJAZZYなアレンジがお洒落なバラード曲08。お酒を傾けながら聴きたくなるような曲なんですが、歌詞とタイトルが絶妙にマッチしていて切なさを倍増させますね。作詞:門 あさ美、作曲:岡本 一生です。門 あさ美以外の人が作った曲が2曲も収められているのは、テイチク時代ではこのアルバムだけです。

ウキウキ気分がよく表れているポップな09。作詞・作詞:門 あさ美、編曲:鈴木 茂によるナンバーです。サビのメロディー部の門 あさ美と男性ヴォーカル、コーラス隊の絡みが印象的です。

名曲10。これは凄い曲です。若かりし頃はこの歌詞に悩殺されたものです。でも今は若干違う印象を持っています。確かに艶っぽいタイトルですが、実は"昔の彼を忘れられない、そんな私を消して欲しい"と願う、女性の悲しい性といじらしさを感じますね。リズムを協調した大村 雅朗のアレンジ、門 あさ美の曲、そしてヴォーカルとまさに3拍子揃った彼女の代表曲と言っても過言ではないでしょう。

私個人の好みの問題ではありますが、何度聴いても良いアルバムですね。01から02への流れや、09から10への流れは本当に心地良く素晴らしい構成・曲順だと思います。
それに加え、門 あさ美の類稀なるソング・ライターとしての才能の高さには驚きます。決して奇をてらうのでは無く、あくまで自然に耳に馴染むメロディー・ライン。当時としては珍しい位に大人の女性の深層心理を描いた歌詞。まさにワン・アンド・オンリーな女性アーティストですね。特に引退という訳ではないと思うので、また新作が聴けたら嬉しいですね。
今聴いても全く古臭さを感じない素晴らしいCITY POPなアルバムで、私が自信を持ってお薦め出来るアルバムです。ぜひ聴いてみて下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2007-10-31 00:01 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(21) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/6712624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by smiletiny at 2007-10-31 14:52 x
こんにちは~♪
聴いてますね?(笑
わたしもちょっとブームになってます、門あさ美!

若かりし頃には難解だった歌詞が、今はもう、その女心が手に取るように・・・
うん。うん。ヨイことです!!なんちゃって。
彼女の曲はストレートな歌詞が多いけれど
そしてあの声(笑)だけど
ほんと自然になじむし、大音量でも聴けちゃう。

古さをまったく感じない、わたしもそう思います♪

PS:会社からでした~
Commented by ucchi at 2007-10-31 18:28 x
ボクも紙ジャケ買っちゃいました~(モノによってはアナログ含め3枚目です...笑)

基本的に『Fascination』から『Private Male』まではどれも好きだけど、1枚選ぶとしたらコレかなあ(^^)

おっしゃるように全曲聴けるし、流れも良く、以前コメントいただいたベストを創ったときも「09」「10」の流れは変えられなかったですもん(^^)
Commented by shu改めshuhei0610 at 2007-10-31 22:07 x
貧乏たらしい話で恐縮ですが、kaz-shinさんに触発されて久しぶりに訪ねた隣町のブックオフで”SACHET”見つけちゃいました(先週の土曜日)。
500円でしたが即買いしました。今回の紙ジャケ再発で出てきたのでしょうか?ちょっとラッキーな気分に浸って帰りの車で早速鼻歌モード全開です。私はカセットしか持っていなかったので、今回初めてミュージシャンのクレジットを見ましたがすごい方たちが大挙して参加されているのにあらためてびっくり。テイチクさんもやるもんですね。
kaz-shinさんのおっしゃるとおり、曲ごとのクレジットがないので『やさしい声で殺して』の印象的なベースが誰の手になるものかわかりません。個人的には高水健司かなぁと思うのですがどうでしょう?
このマイブームにのってもう一枚買いたいな!やっぱりセミ・ヌードでしょうか?背中を押してください。
Commented by kaz-shin at 2007-11-01 00:43
smiletinyさん、こんばんは。仕事中にも関わらずコメントありがとうございました(笑)

門 あさ美さんを聴きだすと結構嵌りますよね。私も1枚聴くと次々と続けて聴きたくなります。
そんな中で1番最初に手に取ってしまうのが、このアルバムなんですね。
何故かこのアルバムから聴きたくなるんですよ。
ジャケットが好きというのもありますが・・・(笑)
Commented by kaz-shin at 2007-11-01 00:47
ucchiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今回の再発は本当に嬉しかったですね。既に所有していても購入したくなる気持ち、よくわかります(笑)

このアルバムの魅力のひとつに構成(曲順)がありますね。
流れが良くて、本当に気持ち良く聴けるアルバムだと思います。
門 あさ美のアルバムで1枚選べと言われたら、やはりこのアルバムを選びますね。
Commented by kaz-shin at 2007-11-01 00:56
shuhei0610さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
>貧乏たらしい話で恐縮ですが・・・
何を仰います!そんな事を言われては、BOOK OFFで250円のCDを
買い漁っている私の立場が・・・(笑)
安くて良いものを買うという買い物の真髄を極めているのですから、お互い胸を張っていきましょう!

門 あさ美さんのアルバムが500円ならお買い得ですね。
私は1,000円以下で見かけたこと無いですよ。

さて、もう1枚お薦めするとなるとかなり悩みますね。
あえて選ぶなら、『FASCINATION』か『セミ・ヌード』が良いかも知れませんね。
もし購入されたら、ぜひ感想を聴かせて下さいね。
Commented by hisa at 2007-11-01 23:12 x
誘われて昨夜LPレコードを引っ張り出して聞いてみました。カラーポートレート入りでしたね。シンガーソングラーターとは思えないポートレートとジャケット、fassinationがイラストだっただけに驚いた記憶があります。
復刻CDにポートレートは付いているのでしょうか。調べてみるとBOXの出ているようですね。こちらはDVD付き。買うならBOXという手もありか。
購入リストが長くなるばかりです。
Commented by kaz-shin at 2007-11-02 01:29
hisaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
CDにはちゃんとポートレートが付いてましたよ。ただしCDジャケット・サイズに
縮小されたものですが・・・。
テイチクからリリースされるBOXの絡みがあったので、紙ジャケ復刻盤には
ボーナス・トラック等が付かなかったのかなと思っているのですが・・・。
選択肢としてBOXも有りだと思いますよ。
ここのところ、本当に財布との相談が多くなって困りますね(笑)
Commented by アンクル・タロ at 2007-11-05 00:09 x
私もこれ1枚というと『SACHET』になります。
発売から1年以上経った頃 FMで門あさ美の特集を流してまして
いくつかの曲の中で『Lonely Lonely』が耳に残りLPを買い
毎日飽きもせず聴いてましたね(笑)。
紙ジャケは全部揃えるつもりですが....困りますね再発ラッシュで。
欲しいCDが次から次へと発売されるものですから(笑)。

今日はBOOK OFFで須藤薫の『Hello Again』が250円で
手に入りました。ちょっと得した気分です。
Commented by kaz-shin at 2007-11-05 21:49
アンクル・タロさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
財布の中身に余裕があれば私も全部揃えたいのですが・・・(笑)
入手困難になる前には揃えようと思っています。

やはり『SACHET』は人気が高いですね。2枚目にしてこの完成度の高さは
驚きですよね。本当に良いアルバムです。

須藤 薫さんの『Hello Again』が250円というのはお買い得でしたね。
BOOK OFFで須藤さんのアルバムが250円というのは滅多に見かけませんからね。
だからBOOK OFF巡りは止められませんね(笑)
Commented by zz at 2007-12-15 02:37 x
kaz-shinさん、こんばんは。
ご無沙汰してます。
あさ美ねぇさんは、福島邦子さんと同じ頃から大ファンです。
当時から悩殺されてました。
個人的には、1stの『FASCINATION』と2ndの『SACHET』3rdの『SEMI NUDE』までが最高だと思います。
甲乙付けがたく3枚をずっと愛聴しておりました。
それ以降の作品はなぜかあまり聴いてません。
今回のビクターからの紙ジャケ(なぜビクター?)もこの3枚購入いたしました。
リマスターで音が良くなってます。前の音源にあった雑音が消えてます。
それとテイチクから通販限定ででたBOXも購入いたしました。
これは購入したみなさん同じだと思いますが、付録のDVD目当てです。
なにせ貴重な動くあさ美ねぇさんが見れますからね。
でも映像がぼかしてあって、あさ美ねぇさんあまりはっきり写ってなかったですね。
テイチクさんには、あの程度の映像しかなかったのでしょうかね?
付録のお宝映像ってことですね。
↓You Tubeのこの静止画のほうがはっきりお顔が見れますね。
『SEASON』
http://jp.youtube.com/watch?v=KZfnsFGpGsI
『セ・シボン』
http://jp.youtube.com/watch?v=NjlZVJN7_b0
Commented by kaz-shin at 2007-12-15 14:14
zzさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ご無沙汰しておりました。お元気でしたか?
あさ美さんのファンでしたか!良いですよね。
私もzzさんと同意見で、1st~3rdアルバム迄が最高だと思います。
BOXも購入されたとは凄いですね。羨ましいです(笑)

youtubeのあさ美さんを拝見しましたが、綺麗ですね。
この容姿で生で歌を聴いたらたまりませんね。あさ美さんのファンは皆同じでしょうが、
1度生で歌うあさ美さんを観てみたいですよね。

ところで最近の色んなアーティストのアルバムが再発、初CD化が相次いでますね。
ブームという感じさえします。そんな中で福島邦子さんのアルバムのCD化を今でも密かに願っています。
実現して欲しいですよね。
Commented by zz at 2007-12-16 02:58 x
>そんな中で福島邦子さんのアルバムのCD化を今でも密かに願っています。
>実現して欲しいですよね。

kaz-shinさん、私も同じ気持ちです。
邦子さんのサイトにまた投稿しておきました(^^ゞ
Commented by kaz-shin at 2007-12-16 09:03
zzさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
>邦子さんのサイトにまた投稿しておきました(^^ゞ
ZZさんの投稿がきっかけになってくれると良いですね。
全てのアルバムの再発が無理なら、せめてベスト盤みたいな形でも良いので
CD化して欲しいですね。
Commented by zz at 2008-03-25 09:27 x
kaz-shinさん、こんにちは。お久しぶりです^^
今日は図々しいお願いでやってまいりました。
実は自分はアカウントを作ってYouTubeに音楽の動画を投稿しておりまして、
60タイトル位の動画をアップしているのですが、
(大きな声では言えませんが、YouTubeの動画って著作権の問題でほとんど黒に近い灰色の動画です。
自分も例外ではないです^^;;)
数日前より、コメント蘭を利用して門あさ美さんの投票を募っております。
『門あさ美さんに復活』していただく為の“夢のような”試みなのですが、
思いついたらすぐ行動に起こしたくなる性格でして・・・
kaz-shinさんに是非1票を投じていただきたくてやってまいりましたm(__)m
もしよろしければ、kaz-shinさん流のコメントも添えていただければ幸いです。
つづく
Commented by zz at 2008-03-25 09:37 x
つづき
自分のアカウントのURLは、ttp://jp.youtube.com/user/zztops1 にアクセスしてください。
※ちなみに現在たったの1票です^^;それもアカウント名が「AsamiKado」さんという・・・意味がわかりません^^;
投票が集まるかどうかわからないので、あくまでも軽い乗りでやっております。
(ので軽い調子で1票お願いします。でも思いは真剣ですよ^^)
門あさ美さん以外にいろいろな動画をアップしておりますので、ついでに見ていってください。
(渡辺真知子のなつかしい映像とか、当山ひとみのレアな映像とか、刀根麻理子が歌う豊島たづみ作詞作曲の「都会のゆううつ」とかおもしろい映像もあります)
趣旨とは違った変な書き込みですみません。
kaz-shinさんが読まれたら削除していただいて結構ですので。
MS.が再発されるみたいですね。自分はパスしますが・・・^^;
あさ美さんは3枚目までです。
門あさ美万歳!
では、失礼いたします。
Commented by kaz-shin at 2008-03-26 00:43
zzさん、こんばんは。お久しぶりでした。コメントありがとうございます。
もちろん投票させてもらいます。今夜は無理でも明日にでも必ず・・・。
私もメディアに登場しなくても良いので、アルバムをリリースしてくれたら本当に嬉しいです。
しかもあえて80年代を意識したアルバムなら尚更ですが・・・(笑)
先程映像を観させてもらいましたが、よくこんな映像を持っていましたね。
当山さんの映像も初めて観ました。これからも楽しませて下さい。

このブログへ訪問して下さっている皆さんの中で、門あさ美さんの好きな方は
ぜひ投票して下さると嬉しいです。
Commented by zz at 2008-03-26 09:26 x
kaz-shinさん、こちらこそありがとうございます。
時間のある時にゆっくり見に来てください。
福島邦子さんの「スローダンサー」とかもあります。(本人には内緒です^^;)
「復活希望」のコメント募集の事は、門あさ美さんの1stアルバム『FASCINATION』を紹介される時にでも大々的に宣伝してください。(YouTubeにアカウント削除される前に是非^^;)
えっ?『FASCINATION』は紹介するつもりはないって・・・そ、それは困った・・・^^;
またいろいろ拝見しに来ます。(峠恵子さんは拝見しました^^)
よろしくお願いしますm(__)m
Commented by kaz-shin at 2008-03-26 23:27
zzさん、コメントありがとうございます。
実は・・・『FASCINATION』は既に2005年10月16日に記事を書いているんです(笑)
ただ、あまりに稚拙な記事なんで、ぜひPart.2を書くことをお約束します。
その時に大々的な宣伝させてもらいますね。
後ほどコメントしに伺います。

それと福島さんも観たいので・・・(汗)
Commented by zz at 2008-03-28 00:29 x
kaz-shinさん、素敵なコメントありがとうございました(^-^)
『FASCINATION』は、すでに書かれていたんですかぁ。
見つける事ができなかったんで、まだかと思いましたm(__)m
是非、『FASCINATION』Part.2よろしくお願いいたします。
PS:福島さん格好よかったでしょ?(^-^)
Commented by kaz-shin at 2008-03-28 01:43
zzさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
投票遅くなってすみません。
Youtubeはよく覗いてはいたんですが、コメントとかは初めてだったので
戸惑ってしまいました。
Part.2の了解しました(笑)

それと福島さんの映像観たら、余計アルバムをCD化して欲しくなってしまいました(汗)
<< RA MU_THANKS GI... ページトップ 中崎 英也_BLUE DAYS >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon